宛先: 経済産業大臣 世耕弘成殿

スマートメーターはいりません!無線通信機能で健康被害

0

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!

アナログ式電気メーターの継続的な提供と電気メーターの選択権を求める要望書 電磁波過敏症の人に配慮をお願いします

アナログ式電気メーターから無線通信機能がついた「スマートメーター」への交換が進んでいます。

スマートメーターは、電気の使用状況を30分ごとに(1 日48 回)、無線周波数電磁波を使って電力会社に送信する電気検針器で、既に導入が進んでいる諸外国では、頭痛や睡眠障害、耳鳴り、めまい、動悸などの健康被害が多発し、メーターから出火して火災が発生したという報告があるほか、第三者に電波を傍受されてプライバシーやセキュリティが侵害される可能性も指摘されています。また、メーターから発生する無線周波数電磁場は、WHOの国際がん研究機関(IARC)によって「発ガンの可能性がある」と認定されています。

当会代表の自宅マンションは2015年2月6日にスマートメーターが設置されました。事前に電気メーターを交換する告知はありましたがスマートメーターになるとは気づかず、交換後にスマートメーター設置完了のチラシが投函されていました。チラシには無線通信機能についての説明はなく<通信回線等を使用して電気ご使用量を収集する「遠隔検針」を実施します>とだけ書かれていました。

私はWi-Fi などの無線通信でめまいや頭痛を引き起こす電磁波過敏症を発症しています。スマートメーター設置直後から、めまいと圧迫感で平衡感覚を失い何度も転倒しました。マンションの外に出るとめまいは消え真っ直ぐ歩けますが、再びマンションに入ると、ふらつき転倒します。その後、自宅と両隣のスマートメーターをアナログメーターに戻してもらい、避難先の実家から自宅に帰ることができました。私と同じく電磁波に過敏な体質の人はスマートメーターの設置で体調が悪化し苦痛を強いられています。生活する場所だけでも、体調を悪化させる原因であるスマートメーターから身を守りたい。その一心で署名活動を始め、2016年4月15日に5,370筆の署名を提出し現在も署名を集めています。

スマートメーターの設置で、オーバーホールすれば30年使用できるアナログメーターが破棄されています。

電磁波ガイドラインの基準値であっても体調、体質によっては耐えられない人がいることを理解し、アナログメーターを選べるようにしてください。スマートメーターのために消費者の健康を犠牲にしないでください。

スマートメーターに交換させない取り組みにご協力をお願いいたします。

【要望項目】

1) アナログ式電気メーターの提供を継続してください。
2) スマートメーター導入前の明確な通知と発生する電波の説明、住民による選択権を確保して下さい。

※既に署名用紙にご署名いただいた方は重複防止のため、ネット署名はご遠慮下さいますようお願い申し上げます。

スマートメーターの危険性と問題点についての参考サイト

●いのち環境ネットワーク STOP!スマートメーター.JP
https://www.ehs-mcs-jp.com/stop-スマートメーター-jp/

●電磁波問題市民研究会 東電は来年度から本格導入 スマートメーターの問題点
http://dennjiha.org/?page_id=133  

●スマートメーター 東電、経産省、総務省と会談
http://dennjiha.org/?page_id=7706

●日本経済新聞 相次ぐスマートメーター設置拒否 米電力会社の憂鬱
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO78472460W4A011C1000000/

 

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 経済産業大臣 世耕弘成殿

    アナログメーターの 存続を望む会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では813名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:存続を望む会さんがあなたを信じています

    アナログメーターの 存続を望む会さんは「スマートメーターはいりません!無線通信機能で健康被害」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!存続を望む会さんと812人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。