【緊急署名】愛知県の公立高校・小中学校の休校延長要請

このキャンペーンは終了しました

【緊急署名】愛知県の公立高校・小中学校の休校延長要請

12,651人の賛同者が集まりました

発信者:休校延長 要請組合 宛先:愛知県教育委員会、市町教育委員会(愛知県)、愛知県議会

多くの地域で、コロナウイルス感染拡大をうけ、春休み明けを予定していた始業が休校延長により延期となっていますが、愛知県は202人(4月3日現在)もの感染者数がいるにも関わらず、休校延長を表明しない方針です。

大村知事は専門家会議での愛知県は医療体制が切迫しているとのことに猛反論していますが、実際現在の愛知県の病床は200であり、そのうち半分は入院されている方で使用済みです。連日15人以上感染者が増えているため医療崩壊はもう目の前です。

現時点で名古屋市教育委員会はコロナを受けて以下の方針を定めているようです。休校延長はしない、フルでの時間割、時間差登校(希望者のみ)、コロナ理由での休みでも欠席扱い、教室の定期的な換気。これでコロナウイルスの感染拡大を防止できるでしょうか?私にはとてもできるとは思えません。多くの子供たちが一部の場所に集結すれば、感染拡大を促進するのは目に見えています。他国では、10代の感染や死亡はあまり起こらないと考えられていましたが、現在、多くの地域で確認されています。

愛知県は東京、大阪についでの三大大都市圏ともいわれるほど、人の集中する場所です。今、休校をやめれば、小池百合子都知事も言っていた3つの密『換気の悪い密閉空間』『多くの人が密集』『近距離での密接した会話』が起こるのは見えています。専門家でも今休校するのは休校した効果が確認できず意味がないという話が出ています。小中高生の命を休校にしないがために脅かしているのです。

私が独自にTwitterにて行った「コロナウイルスにおける愛知県の学校再開に関してのアンケートhttps://twitter.com/Covid19_Nagoya/status/124565126644264960996%

では、96%の人が休校延長すべきと答えており、多くの県民が休校延長を望んでいることも周知の事実です

"早急に愛知県の教育委員会へ公立高校・市立高校の5月6日のGWまでの休校延長を要求します。又小中の休校延長を要求します"

【追記】愛知県の署名提出後も署名を続けて全国休校延長を要請する方針です。

このキャンペーンは終了しました

12,651人の賛同者が集まりました