コロナの脅威から“抗体ができにくい血液がん”の患者が守られるために…予防効果のある薬の早期承認にご協力ください!

コロナの脅威から“抗体ができにくい血液がん”の患者が守られるために…予防効果のある薬の早期承認にご協力ください!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:npo法人血液情報広場 つばさ 宛先:厚生労働省(大臣、健康政策局々長、医薬品・生活衛生品局々長)

~欧米では既に昨年から、ワクチン接種をしても抗体ができにくい血液がんの一部患者さんなどのために、予防効果のある薬が使われています。

この薬を今すぐに日本の患者さんにも使えるよう、「早期承認のお願い」をつばさから厚労省に提出しました。皆さまにも是非ご賛同・ご協力いただけますようお願いいたします~

 

新型コロナウイルスの流行が確認されて2年が経ちました。

コロナの言葉を聞かない日はなく、元気であっても毎日感染への不安やストレスを抱えている方が多いのではないでしょうか。

 

そんな中、病気と闘っている方の不安はどれほどでしょうか。ただでさえ病気の治療に必死な状況で、さらなる脅威にさられています。

 

日本經濟新聞より『リンパ系患者、コロナワクチンで抗体増えず 藤田医科大』との記事が掲載されました。

藤田医科大学の岡本晃直講師や冨田章裕主任教授らは、血液のがんである悪性リンパ腫の患者では、新型コロナウイルスのワクチンを 2 回打っても抗体がほとんど増えないとする研究結果を発表しました。さらに、接種後の感染や重症化リスクが高いことから、家族など周囲の人の感染対策の徹底などが必要と指摘しています。


悪性リンパ腫は抗体を作る細胞「B 細胞」などが、がん化する病気です。研究チームは悪性リンパ腫を含むリンパ系腫瘍や骨髄系腫瘍など「血液疾患」の患者約 260 人を対象に、ワクチンを 2 回接種した後に採血し、新型コロナウイルスに作用する抗体の量を健常者と比べました。

 

その結果、健常者と同程度まで抗体が増えた患者は、骨髄系腫瘍で 67%、リンパ系腫瘍では45%でした。

しかし、悪性リンパ腫治療中の患者に限るとわずか2%でした。

また、抗CD20抗体の最終投与から10カ月未満の患者では、

投与終了後10カ月までは抗体獲得が困難であることも示されました。

この衝撃的な結果に悪性リンパ腫の投薬治療によってがん化した B 細胞などを壊してしまい、抗体が作られにくくなるためとしています。


以上の結果からも、血液疾患の患者の重症化リスクは高いとされている。冨田主任教授は「患者には濃厚接触者となった段階で投薬を開始するなど、重症化を防ぐための踏み込んだ対策も検討すべきだ」と話しています。

 

血液がんの患者さんたちは重症化が危惧され、ワクチンの優先的な接種の対象でした。

しかし、この事実は一部の血液がん患者さんにとって、頼みの綱であるワクチンが無効であることを意味します。

 

入院中、そして退院後もただの風邪すら危険な闘病生活を送っている状況下で、この事実を知った患者さんやそのご家族にとってコロナウイルスがどれほどの恐怖か、想像してみてください。

 

そこに「欧米の数か国で既に対策となる抗体療法が、昨年末から血液がんの患者さんに使われている」という情報が届きました。

それがAZD7442(チキサゲビマブ/シルガビマブ※英商品名Evusheld)という抗体薬です。

 

既にその薬があるなら、日本の患者さんにも可能な限り早く届けてほしい。

 

治療法があるのに届かない患者さんがいてはいけない。

 

その想いから、日本においての早期承認に皆様も声を上げていただくように心からお願いします。

この AZD7442 が使われる対象は血液がんでも一部の患者さんですが、1つの薬がもたらされることは全ての患者さんとその家族、友人、国民にとって希望です。


この早期承認の希望が叶うように、皆さまのお力を、どうか貸してください。

 

 

 

 

参照1:血液疾患治療中・治療後の患者の一部で、 新型コロナワクチン接種後の 抗体獲得が困難であることを確認しました | 藤田医科大学 - Fujita Health University (fujita-hu.ac.jp)

参照2:米FDA「Evusheld」を緊急使用許可、適応は免疫不全患者に対する新型コロナ予防 - QLifePro 医療ニュース

参照3:新型コロナウイルス変異株・オミクロン株に対する治療薬の効果を検証|東京大学医科学研究所 (u-tokyo.ac.jp)

参照4:アストラゼネカ、新型コロナウイルス感染症の抗体医薬AZD7442の臨床試験を日本で開始 (astrazeneca.co.jp)

 

 

早期承認のお願い 北尾奈々(NPO法人血液情報広場・つばさ)

賛同・協力    池田悠輔、北村拓也(ALL TOWN)

 

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!
200 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!