Petition geschlossen.

ユネスコ世界文化遺産区域に、駐車場ではなく、バッハ・ハウス・ワイマールを!

Diese Petition hat 984 Unterschriften erreicht


*これは、ドイツ連邦共和国文化メディア国務大臣宛て嘆願書への署名活動です。国務大臣及び、バッハ愛好家の皆様にお送りするものです。この署名活動は様々な言語で展開しております。

Deutsch: http://chn.ge/1ndnMkU
English: http://chn.ge/1ndob6K
Italiano: http://chn.ge/1cYvHxy
Français: http://chn.ge/1fNO8ta
Nederlands:http://chn.ge/1lNcpkO
Español: http://chn.ge/1lNgci4
Россия: http://chn.ge/1cYvE4P
日本: http://chn.ge/1nNNsER

Over 14.000 Supporters by now! Thank you!

現時点での世界中からの署名総数は以下のサイトwww.bachhausweimar.de からご覧になれます。


親愛なるグリュッタース文化国務大臣へ

  ヨーロッパの精神的文化中心都市ワイマールにおけるヨハン・セバスチャン バッハの遺産は、これまで適切に評価されてきたとは思われません。この世界的文化スターは、10年間ワイマールで過ごし活躍しました。彼の作品の大半は、 ワイマールのマルクト広場で生み出されました。多くのオルガン曲や30曲以上のカンタータ、ブランデンブルグ協奏曲の一部、そして数々のヴァイオリンや チェンバロ独奏曲。バッハの最も有名な息子たちヴィルヘルム・フリーデマンとカール・フィリップ・エマニュエルもこの地で生まれました。著名なバッハ研究 者クリストフ・ヴォルフ教授は、ワイマールがライプツィヒに次いで2番目に重要なバッハの町であると言っています。

 バッハの住居の礎石 とルネサンス様式の地下室は、今もなお現存しており(但し、現在は立ち入り禁止)、文化財保護の認定を受けています。ここは、あらゆるバッハゆかりの町の 中でも、当時の姿を受け継いだ、実際に彼が創作活動を行ったことが史料から特定できる、唯一の場なのです。バッハの旧家は1805年に「エルププリンツ」 ホテルの一部となり、そこに偉大な音楽家らが宿泊したり立ち寄ったりしました。例えばリヒャルト・ヴァーグナーやフランツ・リスト、フェリックス・メンデ ルスゾーン・バルトルディ、ヨハネス・ブラームス、グスタフ・マーラー、そしてニコロ・パガニーニ。音楽家だけでなく、レオ・トルストイ、ヘンリック・イ プセン、ゲルハルト・ハウプトマン、ジグムント・フロイトなど作家や知識人、さらにナポレオン・ボナパルトやバイエルン王ルートヴィヒ1世、コンラート・ アデナウワーといった政治家の他、100名を超えるヨーロッパ中の政財界のトップらもここを訪れました。しかし、24年前から、その世界文化都市ワイマー ルの中心地、且つユネスコ世界遺産建築物に囲まれたこの場所は、大駐車場と化しています。
 2006年には、2人のノーベル賞受賞者らをはじめ多くの支持者を得て、現存する地下室と旧家の土台の上に音楽が鳴り響くバッハ記念館を建設することを目的とした、バッハ・ハウス ワイマール協会(www.bachhausweimar.de) が創立されました。しかしながら、土地所有者(シェルクフーバー事業グループ ミュンヘンSchörghuber- Unternehmens₋gruppe München)による水面下の抵抗と、ワイマール市及びテューリンゲン州の消極的な協力体制により、実現化は今のところ失敗に終わっています。私たちは 多くの協議を重ねてきましたが、進展は一向に見られません。そこで今回、民主的なあらゆる手段を用いて、この数年間の停滞状況から前進したいと思います。 それによってこのプロジェクトが実現することを願っています。

 バッハ・ハウスの建築に必要とされる面積は、約2,200㎡の大駐車場の たった約15%です。資金調達は、有力な支持者によりすでに確保できました。町の一等地に駐車場を営むという所有者の経済的興味は尊重いたします。しか し、この唯一無二の場所が20年前から手つかずの状態であることを、私たちは看過できません。

そこであなたに二つの切なるお願いがあります。

1.どうか、この問題の解決のために行動を起こしてください。
  所有者とバッハ・ハウス・ ワイマール協会及びその支援者が、バッハ・ハウスの実現化に向けた協議を行えるよう、積極的に働きかけてください。この協議の目的は、土地の(一部)売 却、賃貸借、定期借地権といった基本的権利を獲得することにあり、この決議を経てはじめて実現化に向けた更なる展望が開かれます。話し合いは、後にこの土 地の一部にバッハ・ハウス ワイマールを建築するための、具体的計画への前提条件となるものです。当然のことながら、土地全体の開発、ないしホテル「エルププリンツ」の再建築にも視 野を広げていくことになるでしょう。この聖なる地のあるべき姿への願いを強くお伝えください。土地所有者にその権限と、ドイツ連邦共和国基本法14GG条 (所有権の義務。その用途は公共の利益に奉仕するべきである)の意義を認めていただけるよう、我々に力をお貸しください。

2.ワイマールに足をお運びください。

  例年の国際文化的催しであるバッハ祭が、今年度はヨハン・セバスチャン バッハの息子、カール・フィリップ・エマニュエル・バッハの生誕300年を記念して、2014年4月30日から5月4日にワイマールで開催されます。彼 は、まさにこのワイマールのバッハ・ハウスで生まれました。すでに今も毎日のように、世界中からたくさんの旅行者がワイマールのマルクト広場の生誕の家跡 地を訪れ、立ちふさがるこの大駐車場の壁の前で「なぜここにはバッハの家がないのか?」と疑問を投げかけています。
 数十年の停滞に終止符を打ち 前進して行くために、私たちはこの歴史的記念日を活用したいのです。まさに今こそ、バッハ・ハウスの発展によって、この文化中心都市が更なる魅力と世界的 注目を得るチャンスです。ユネスコ世界遺産はテューリンゲン州が掲げた2014年度のテーマでもあります。
 この比類なき文化プロジェクトのための「精神的礎」を築く、ワイマール・バッハ祭2014年5月にどうぞお越しください。ドイツ国内外で文化的関心を集めるこの特別な機会に、あなたの積極的なご支援を来客の皆様にご表明ください。
私たちはあなたを歓迎します。

敬具
バッハ・ハウス・ワイマール協会代表および取締役
ミリアム・アイヒベルガー教授 

署名運動支援者

ギュンター・ブローベル教授(ニューヨーク-ノーベル医学賞受賞者)

ジョン・ クッツェー氏 (アデレード・オーストラリア−ノーベル文学賞受賞者


親愛なる読者と世界中のバッハ愛好家の皆様に、この署名活動への署名をお願いします!

文化を享受する権利は全市民の基本的権利です。有力な支援にもかかわらず、私たちの願いはこれまで聴き届けられませんでした。そこで私たちは、世界中の文化愛好家の皆さまに支援をお願いします。

世界中からの多数の署名が、世界中に多くのバッハ愛好家がいること、そしてそれによってこの地が音楽的超人ヨハン・セバスチャン バッハに捧げられるべきであることを土地所有者に納得していただけるよう、我々は望んでいます。なぜならワイマールは、バッハが創作活動を行ったバッハ大 国テューリンゲン州で最も重要な町であり、傑作を生みだした世界で比類なき町だからです。世界で最も有名な作曲家にその価値に値すべき評価を与えること は、文化国家にとって当然のことなのです。
皆様の支援に感謝いたします。


その他の詳細情報については次のリンクをご覧ください。

www.bachhausweimar.de - バッハ・ハウス・ワイマール協会の紹介、バッハの家とプロジェクト「バッハ・ハウス・ワイマール」の歴史
www.bachbiennalweimar.de - ワイマールバッハ祭のご案内、プロジェクト「バッハ・ハウス・ワイマール」の音楽・舞台
・Facebook Bach in Weimar e.V. https://www.facebook.com/bachinweimar
・Twitter „Bach in Weimar“ e. V. https://twitter.com/BachBiennale



Heute: Prof. Myriam verlässt sich auf Sie

Prof. Myriam Eichberger benötigt Ihre Hilfe zur Petition „グリュッタース文化メディア国務大臣: ユネスコ世界文化遺産区域に、駐車場ではなく、バッハ・ハウス・ワイマールを!”. Jetzt machen Sie Prof. Myriam und 983 Unterstützer/innen mit.