どんどん壊れる京都らしさ、無鄰菴、瓢亭のすぐ横に14m近いホテルはいりません!Kyoto's identity is destroying away. Save our Kyoto

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


南禅寺無燐庵の西、瓢亭のすぐ横に、東京の不動産開発会社ヒューリック(株)によって14m近いホテルが建設されようとしています。
 目の前に疎水そして京都市動物園を臨む京料理のお店「南禅寺ぎんもんど」の跡地です。

ホテル建設予定地のすぐ東隣は、文化財保護法による国の名勝に指定されている無鄰菴があり、それは山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛作庭ともいわれている、この地域の核となる文化遺産です。無鄰菴庭園は池泉式回遊式庭園で、東山を借景に振り返ると和風の母屋と庭園が見事に調和したたたずまいを見せていることにより庭園から建物(母屋)への眺望景観についても、その背景もふくめて重要な景観構成要素として保全されなければなりません。

無鄰菴の景観を守ろう、京都の誇りとして次世代に引き継いでいきたいとの強い思いで、「京都市眺望景観創生条例第7条第1項」の規定により「眺望景観保全地域として指定すること」という提案書を11月19日に市に提出しました。
私達地域住民・市民は低層で景観を壊さないホテルの建設をと要求し、14m近いホテル建設に反対するものの、景観を守る筈の京都市が許可をおろせば建築工事が始まります。
『「京都岡崎の文化的景観」を文化財保護法に基づく重要文化的景観に選定するよう国へ申出をするに当たり必要なため,文化的景観としての位置付けを行いました。』…と京都市のホームページで謳っていますが、全く景観にそぐわないホテル建設を市が許可していいものでしょうか。


 景観を守るはずの京都市長 門川大作氏が許可を与えれば、国の名勝「無鄰菴」の景観は壊されてしまいます。

この14m近いホテル建設が、必要ないとお考えの方は、是非「いますぐ賛同」のクリックをお願いします。
あなたの賛同は景観を守る運動をしている地域住民・市民の大きな力となります。

京都市や企業相手に声を上げる事は勇気のいる事ですが、無鄰菴の景観や住環境を破壊するホテル建設を黙って見過ごすわけにはいきません。

どうか皆様のお力を貸してください。
京都の景観や緑を簡単に壊してはいけないと思われる方々、皆で力を合わせ、後世に誇れる京  都を守る為に声をあげましょう!
どうぞよろしく願いいたします!!

南禅寺・岡崎の景観と住環境を守る会

We don't want high inforced concrete hotel building just beside west of the Murin-ann, and just beside north of the Hyotei!

Please support our protest for constructing a hotel just beside west of the Murin-ann  that was build up about 130 years ago,and just beside north of the Hyotei that was build up about 400 years ago. The Hyotei is a japanese restaurant in buisiness in this building now,and has been in business in this building as a japanese restaurnt from 400 years ago.

Suddenly a project of constructing 4th floor and about 14m high hotel was raised up at our scenic and historic district faced on the entrance path to Nanzenji temple. This area contains “Special landscape district, and contains traditional Japanese style villas  made of wood with beautiful Japanese garden. The most famous one is Murin-ann, of which garden created by famous gardener Jihei Ogawa VII.

The developers plan to build a hotel on the ground of Nanzenji Ginmondo villa and garden, these were made about 100 years ago. They already demolished the traditional Japanese "sukiya-zukuri" style villa and destroyed a part of valuable japanese garden too.

Hulic Co. Ltd and Kato Pleasure Group (KPG) cooperate together to construct small luxury resort hotel calls “FuFu Kyoto” designed by  Takenaka Corporation and Nikken Sekkei Ltd. Starting construction date is January 2019.

Landscape district is a district that preserves scenic beauty, therefore In spite of their own property local residents have to get permission from Kyoto city governer, when they want to reform their garden and building , even if  minor change.

We can't understand why Kyoto city permit this hote constructin project,and now we are feeling indignation against kyoto city governer. 

Of course, local residents opposed this project, but Kyoto city that have to save the residents, accept the project and the construction is ready to begin.

Daisaku Kadokawa, the mayor of Kyoto, is having accepted starting contsruction of this building. If you think it is unnecessary to build, please click “sign this petition”.

Please give us your help.

If you believe don't want to lose the scenic beauty in Kyoto, fight together to save our environment for future residents. And fight for future generations to be proud of Kyoto.

We sincerely hope for your help. Thank you.

Save the Nanzenji・Okazaki scenic and life environment Union.



今日:景観と住環境を守る会さんがあなたを信じています

南禅寺・岡崎の 景観と住環境を守る会さんは「どんどん壊れる京都らしさ、守り抜きたい私達の京都無鄰菴、瓢亭の景観  Kyoto's identity is destroying away. Save our Kyoto」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!景観と住環境を守る会さんと85人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。