私たちのさくらの木を、もう切らないでください!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


 東急田園都市線・宮崎台駅前の「さくら坂」は、この小さなまちのシンボルです。毎年春に開催される「ふる里さくら祭り」には約5万人が訪れ、歩行者天国になった「さくら坂」をそぞろ歩き、満開の花を楽しんできました。新緑の初夏、紅葉の秋…さくらの木は毎日の生活や子どもたちの成長とともにあり、地域住民にとってかけがえのないパートナーでした。

 ところが、2018年夏、そのうちの2本が突然に伐採されてしまったのです。「さくら坂」に面したビルの建設工事にジャマだったから………たった、それだけの理由で樹齢50年をこえる木の命が絶たれてしまいました。街路樹伐採は川崎市の許可を得たものですが、他に方法はなかったのでしょうか。ちなみに隣の大きなビルの建設時には1本も伐採されることはありませんでした。

 大切な「人」の命が突然に奪われたように悔しくて、悲しくて…このような「悲劇」を二度と起こしたくないと考え、「ふる里さくら祭り」実行委員会が以下のことを川崎市に要望することになりました。これに共感し、応援してくださる方々は、ぜひ署名してください!(署名集め責任者:さくら坂スタジオ

1.今回の街路樹伐採の経緯を説明してください
2.「成木」での原状回復を事業者に求めてください
3.都市景観条例に基づく「さくら坂」の景観保全を実現してください

 



今日:スタジオさんがあなたを信じています

さくら坂 スタジオさんは「さくら坂スタジオ: 私たちのさくらの木を、もう切らないでください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!スタジオさんと118人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。