かながわの景勝50選・葉山町長者ヶ崎の自然豊かな眺望がなくなる!?

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


 ここは今、巨大な壁のようなマンション計画により、海風の感じられない風景に変わろうとしています。


長者ヶ崎の美しい海岸線、豊かな自然と葉山御用邸周辺の環境を保全するために、京急不動産等による大規模開発事業『下山口プロジェクト』の強行を止めたい。現在の計画に反対し、見直しを求めます。

葉山 京急不動産等”下山口プロジェクト”イメージ図 

https://goo.gl/photos/Tz9LSnmGiuvH25Qa7

長者ヶ埼マンション開発予定地イメージ図

https://goo.gl/photos/xEstqcgRNKFA2v9u5


理由は主に、

一、松並木の消失 <大切に残してきた緑地のほとんどが宅地に変わってしまいます>

一、近隣の景観との不調和 <周辺の倍以上の高さの建物は景観をがらりと変えてしまいます>

一、環境への悪影響 <アスベストや、海水浴場への下水対応について説明が無いままです>

 


いずれの理由にも、多くの住民は非常に大きな危機感を持っています。


更に盛り土の上限設定がないため、葉山御用邸をも見通せてしまう可能性もあり、予想を上回る計画が容易に可能となることなども問題視されています。
また、この計画が強行されてしまうと、隣接する空き地にも同じように巨大な建築を許すこととなり、長者ヶ崎をはじめ葉山のいたる所で住環境を破壊する無秩序な開発が始まってしまうことは必定です。
私たちは単に開発に反対しているのではありません。より良い環境を作っていくために、地元住民の大切にしてきたものに配慮し、お互いに歩み寄って葉山を住みやすい街に創っていきたいのです。

 

例えば


・計画地周辺は日本のなぎさ100選、神奈川の景勝50選の場所であり、その特徴は『黒松と海』の両方が同時に視界に入る日本らしい風景です。葉山でもこの地域にしか残っていない松を伐採してしまう現在の計画を見直してほしい。十分な緑地を残し、海風の感じられるよう工夫された計画により、葉山らしさではないでしょうか。


・ 計画地周辺は、古くから保養所施設が集まる一角で、御用邸を望む落ち着いた住宅地です。これまでこの地の環境は、地元住民の自主規制によって形成され、高さ制限を2階建てとし、地元の人だけでなく、『ここに訪れた人も長者ヶ崎の山から海へと続く風景を楽しむことが出来るように。』という想いをもって景観配慮の努力をしてきました。


今回の『下山口プロジェクト』と呼ばれる計画は、自主規制の倍にあたる4階建て長さは102メートルのマンションです。これでは海側の視界が遮られてしまいます。
これからの事業にも良い影響を与えるような、葉山の景観計画や、これまでの地元住民の努力を尊重した開発事業を行ってほしいと願っています。


・ 長者ヶ崎、大浜の海水浴場は多くの人が訪れます。その目の前での今回の大規模開発では、古い建物を壊して建築を行います。その際にアスベストが飛散する可能性は非常に高く、現時点ではその具体的な対応について説明はなされていません。また大型マンションからは大量の下水がすぐ近くの海岸に流れることも懸念されます。なし崩し的に建設が始まってしまえば、将来健康への危害がでることも予想されます。

 

私たちは先人達が守ってきた、≪豊かな緑を十分に残し、奥行きを持たせたゆとりのある『葉山らしさ』を有したこの町並み≫を、未来につなげていく義務があります。町の資産である住環境・景観への配慮もなく、葉山町に相応しいとは言い難い京急不動産等による大規模マンション開発計画に反対し、住民の意見を取り入れた計画の見直しを求めます。

加えて、このような「合法だが非常識な開発」から葉山町を守るため葉山町まちづくり条例の改正を心より望みます。

未来の葉山町のまちづくりに寄与するものとなるよう、一人でも多くの賛同を募ります。

 

 

長者ヶ崎の自然と景観を守る有志の会



今日:大作さんがあなたを信じています

門脇 大作さんは「かながわの景勝50選・葉山町長者ヶ崎の自然豊かな眺望がなくなる!?」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!大作さんと1,122人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。