あいちトリエンナーレ「表現の不自由展・その後」の作品撤去・中止をしないでください。

0 人が賛同しました。もう少しで 35,000 人に到達します!

こいけ のりひろ
こいけ のりひろさんが賛同しました

English version is here

あいちトリエンナーレでの「表現の不自由、その後」展で、従軍慰安婦像(平和の少女像)、天皇肖像作品等について表現するべきものではない、政治的作品展示すべきではない、不敬など非難・批判が相次ぎ、作品撤去・及び中止を求める抗議が多数寄せられている。なかには放火を思わせる脅迫もあり、8月3日夕方の段階で、同展の中止が記者発表された。

また、河村名古屋市長の作品撤去・中止発言、菅義偉官房長官の閣議後会見での「補助金交付の決定にあたっては、事実関係を確認、精査して適切に対応したい」といった発言など(朝日新聞)、と国家による芸術表現に対する検閲の可能性を公言してしまった。あらゆる芸術表現に対する国家による規制・検閲、もしくは芸術家への自粛規制要請とも言えるようなとんでもない動きを、政治家が行なおうとしている。

私たちは、芸術表現をある一定の人々の価値、一定の一元的見方でみる生活を行っているのではなく、多様、多元な見方から芸術表現を理解し考える。芸術は、肯定も否定も、私たちの眼前に可視化したとき、それぞれが、それぞれの思いで判断し、考えるべきである。この事を眼前から消し去り、潰すことは、まるで体制翼賛した戦前の一元的な見方を押しつける弾圧に等しい。むしろ、可視化された展示から、多様な意見が生まれ、そこで初めてそれぞれの考えを元にした議論が生まれる。この展示を続ける事の意義はここにある。


表現の自由・展示を守る事は、表現の自由の可視化から生まれる肯定も否定もある多様な見方・考えをぶつけ合う議論・ダイアローグの場でもあること。ゆえに、決してこの場に蓋をしてはならないと思う。したがって、今回のあいちトリエンナーレでの「表現の不自由展・その後」の作品撤去や展示中止をすることなく、我々に可視化できる考える場・展示を残して頂きたい、と思います。