宗教者九条の和

6,001 supporters

Started 4 petitions

Petitioning 内閣総理大臣 安倍晋三

「内心の自由を奪い処罰する「共謀罪」の廃案を求めます」宗教者九条の和 声明に賛同しましょう

宗教者九条の和 声明内心の自由を奪い処罰する「共謀罪」の廃案を求めます  4月19日、国会で「テロ等準備罪」の本格的な審議が始まった。この法案は、「共謀罪」の趣旨を盛りこんだ組織犯罪処罰法改正案であるが、与野党の質疑を聞いていて、ますます内心の自由を脅かす憲法違反の法案である、との確信を深めている。 計画や準備の話し合い段階での「合意」という「心の中」を調べて、これを処罰の対象とするという政府の説明では、捜査機関による解釈次第で、一般市民の思想・信条の自由が侵されることは自明の理である。過去の治安維持法の例を挙げるまでもなく、政府の恣意的判断で政府に逆らう市民が犯罪集団の一員と認定され、監視、捕縛される恐れは十分にある。 林真琴法務省刑事局長の「捜査機関によって嫌疑があるかないか、集められた資料に基づいて判断される」という答弁からも、その懸念はますます強められた。 安倍首相の「そもそも犯罪を犯すことを目的とした集団」の説明は、基本的に宗教教団も捜査対象となる、ということで、私たち宗教者も監視下に置かれ、それぞれの信仰から、政府の方針に異を唱えれば、「合意」の段階で処罰されるということである。 いまや信教の自由も危うくなった。戦時下、反戦平和を願った多くの宗教団体・宗教者が徹底的に弾圧されたあの悪夢が再びよみがえろうとしている。沈黙しているわけにはいかない。安倍政権のこの暴走を宗教者として許してはならないのだ。 「共謀罪」を葬り去り、「秘密保護法」を停止させ、「新安保関連法」を撤回させるため、宗教者が教団・組織の枠を超え、一致団結して立ち上がろう。 戦前の失敗を繰り返さないため、「平和」の一点共同、祈りを行動に移していこう。 2017年5月19日

宗教者九条の和
797 supporters
Victory
Petitioning 安倍晋三内閣総理大臣・西川克行最高検察庁検事総長・多見谷寿郎福岡高等裁判所那覇支部支部長

私たち宗教者は、人権と生命を尊重し、平和を希求する立場から、沖縄平和運動センター議長 山城博治さんの即時釈放を求めます。

 2016年10月17日、東村高江や名護市辺野古での米軍基地建設に反対する抗議活動で、公務執行妨害や傷害などの罪で逮捕された山城博治さんの勾留が3ヶ月以上に及んでいる。通常大きな事件でない限り、起訴後は釈放されているのに、「有刺鉄線を切った」「腕を握った」というような微罪で、未だに弁護士以外の接見も認められないような長期拘留は違法で不当ある。  すでに多くの刑法学者も法律上問題があると声明を発表し、国際人権擁護団体アムネスティも、国際的人権基準からはずれていると、釈放を要求する声明を沖縄地裁に提出している。米紙ワシントンポストでさえも、「市民的および政治的権利に関する国際規約」が定める未決勾留の例外化原則に反すると指摘(1月20日付 電子版)し、沈黙を強いる狙いだと伝えている。  明らかに基地に対する抗議活動に圧力をかける意図があり、法律上ではなく政治的思惑が読み取れる。山城さんは悪性リンパ腫の持病があって、体調を崩しているとの報告があり、このまま勾留が続けば重大な事態に陥る恐れが出てきた。民主主義国家としてはあるまじき行為で、勾留を認め続ける裁判所の対応は、思想・信条・集会の自由を保障した憲法に違反する。 みなさまのご賛同をお願いします。

宗教者九条の和
402 supporters
Petitioning 安倍晋三内閣総理大臣

特定秘密保護法案を廃案にして欲しい

秘密保護法は人権を侵害し、「戦争する国」をめざすものだからです。

宗教者九条の和
3,408 supporters
Petitioning 安倍晋三内閣総理大臣

集団的自衛権行使を容認しないで欲しい

集団的自衛権行使は戦争することだからです。

宗教者九条の和
1,394 supporters