MarriageForAllJapan - 結婚の自由をすべての人に

67,278 supporters

Started 2 petitions

Petitioning Tokyo District Court, Osaka District Court, Sapporo District Court, Nagoya District Court

Legalize same-sex marriage in Japan!

On February 14th, thirteen same-sex couples who are seeking marriage will file a lawsuit against Japan We are a same-sex couple who have been living together for around ten years. We threw a wedding in 2013, but are not a family on legal terms. Same-sex couples cannot get married in Japan. We could be content with the current situation, as long as we stay healthy. When time passes and something eventually happens to our partners, we must face a wall of inequality in many situations, just because of us being same-sex couples. For example, when a partner is in a state of unconsciousness due to an illness, the married partner can tend the ill and speak to the doctor. For a same-sex couple, on the other hand, one is not given the benefits of a spouse, as the partner is “not a legal family member.” Unmarried couples cannot inherit the significant others’ fortunes without a will, no matter how long they had lived together. A woman in a same-sex relationship could lose custody of her child if her partner, who is the biological mother of their child, were to die. From a legal stance, the non-biological mother is deemed a “complete stranger,” and would be separated from her child. Non-citizens can obtain their rights to stay in Japan by marrying a Japanese. Same-sex couples do not receive the same treatment since they cannot legally marry. When one of them loses occupation, the couple loses the right to live together in Japan. There are many more disadvantages same-sex couples face from not being able to legally marry. “I want to marry the partner that I love” Isn’t this feeling universal, regardless of your gender or sexuality? We, along with other same-sex couples who seek marriage equality, will file a lawsuit against Japan on February 14th. We are not going to court just for our sake. We go to court because changes must come for this current society where prejudice and inequality still remain. Changes must come for the sexual minorities and the younger generations in Japan. If there are those who cannot voice their frustrations, we want to do whatever we can to help them. We may be faced with backlash, but someone must take that first step forward. We wanted to be that shield to push through, the first to open the way for many others to come. Freedom of Marriage for All As of January, 2019, same-sex marriage is legal in twenty-five countries. Japan is the only nation in the G7 not to recognize security for same-sex partnerships of any kind. In the United States, suicide rates in the younger members of the LGBT community have decreased by 14% since the legalization of same-sex marriage. The overall suicide rates decreased as well, by 6%. We believe that accepting all forms of families will lead to better living and happiness--not only for the LGBT community but for people of many communities. This lawsuit will likely be the start of a long battle. We cannot reach the finish line just on our own. This fight is only possible with the help of our prosecution team, defense counsel, and most importantly, your support. Some may find our movement “bothersome.” But for many of us to spend the rest of our lives with the partners we love so dearly -- we ask for just a little bit of your support. For the Judge to reflect and give verdict on the fact that “not allowing same-sex marriage is a violation of the constitution” -- Will you support our movement, to help all people in love, regardless of their sexuality, to have the freedom of marriage? We sincerely ask for your signature on this petition. ●Frequently Asked Questions FAQs such as “Isn’t same-sex marriage forbidden by the constitution?” and “Won’t same-sex marriage lead to a decline in birth rates?” are misconceptions, and are explained in the link below. Please take a look. FAQ  

MarriageForAllJapan - 結婚の自由をすべての人に
33,639 supporters
Petitioning 東京地方裁判所, 大阪地方裁判所 , 札幌地方裁判所 , 名古屋地方裁判所

日本でも同性婚を!だれもが「愛する人との結婚」を選べる社会にするために、私たちの訴訟を応援してください!

【2月14日、同性婚を求める同性カップルが、国を相手取り全国で一斉提訴しました】 現在、日本では同性婚が認められていません。 「愛しあうことが自由なら、別に結婚できなくてもいいじゃない?」と思う方もいるかもしれません。しかし、結婚できないと困ることが、実はたくさんあります。 例えば、 ・パートナーが亡くなったとき、結婚をしていなければ、遺言がない限り、どんなに長く一緒に生活していても、何も相続できません。 ・パートナーが外国籍だった場合、異性間であれば、結婚することで、配偶者として、日本にいるための安定した在留資格を得られます。しかし、同性カップルは結婚ができないので、留学ビザや就労系のビザなど他の在留資格がない限り、日本で一緒に暮らすことさえ叶いません。 ・パートナーが病気で意識不明になったとき、結婚していれば家族として様子を見守り、医師から話を聞くことができます。しかし、同性パートナーの場合には、「法律上の家族ではないから」と病院から拒否されることがあります。病室にすら入れてもらえないこともあるのです。 ・パートナーが産んだ子どもをふたりで一緒に育てていても、産んでいない方は法律上はその子の親ではなく「赤の他人」とされてしまい、日常生活で不利になってしまうことがよくあります。また、産んだ方のパートナーに万一のことがあったら、もう一方は子どもと関われなくなってしまう可能性があります。 他にも、生活の様々な場面で、同性カップルであることを理由に、理不尽に直面することが多々あります。 2019年2月14日、日本で生活する複数の同性カップルが、東京、大阪、札幌、名古屋で一斉に国を提訴しました(2019年9月に福岡でも提訴)。同性カップルが結婚(法律婚)できないのは憲法違反だと訴える訴訟です。 【結婚の自由をすべての人に】 世界では約27の国と地域で同性婚が認められており(2019年5月時点)、G7の中で「同性間のパートナーシップを保障する法律」が認められていないのは、日本だけです。 アメリカでは、同性婚が認められたことで、LGBTの若者の自殺率が14%、LGBTではない人を含めると約6%下がったという調査があるそうです。 多様な家族のあり方が認められることは、LGBTの人に限らず、いろんな人が、今よりもっと生きやすく、もっと幸せに暮らせることにつながると思っています。 きっとこの訴訟は長い闘いになるでしょう。私たちの力だけではゴールにたどり着くことができません。 一緒に闘っていく原告団の方々、弁護団の方々、そしてサポートして下さる方々の応援の声がなければ成り立ちません。 「面倒な人たちだ」と思われる方もいるかもしれません。それでも、愛するパートナーと、一緒に、幸せに暮らしていきたいと思う人たちのために、少しだけ。少しだけでいいので応援して欲しいのです。 裁判官に「同性婚ができないことは憲法に反する」ことに言及する判決を出してもらうために、 愛し合うふたりが、異性であっても同性であっても、自由に結婚を選択できる社会にするために、あなたも私たちの訴訟を応援してくれませんか? ぜひ署名のご協力を、よろしくお願いします。 ●よくある質問 「同性婚は憲法で禁止されているんじゃないの?」「同性婚は少子化が進むのではないですか?」といった、よくある誤解や質問に対して、以下のWEBサイトで解説しています。ぜひご覧ください。 Q&Aはこちら。 ※ 集まった署名は、裁判所に提出します。 ※ 「自分の賛同者名及びコメントをこのキャンペーンページ上で公開」のチェックをしたまま「今すぐ賛同!」を押した場合、お名前やコメントがキャンペーンページ上に公開されます。もしお名前等を出されたくない場合はチェックを外して賛同ボタンを押してください。

MarriageForAllJapan - 結婚の自由をすべての人に
33,639 supporters