Koreisha Senior Care & Advocacy

8,605 supporters

    Started 4 petitions

    Petitioning Keiro

    拝啓 敬老理事会殿 ー 敬老を信じ、敬老を慕って入居した ICF の居住者をお救いください。

    ICFをアパートに改築しょうとするパシフィカ社の動きは、ICF を閉鎖して90人近い居住者をICF より立ち退かせる試みと見なされます。この事は売却条件に反する動きであります。パシフィカ社は2021年2月5日以降、施設を続けなくとも良いと信じているようです。 パシフィカ社のこのような試みには、サクラICF の居住者、ボイルハイツ地域評議会、Judi Chu、Maxine Waters 両連邦下院議員、アル 村土カリフォルニア州議会議員、Kevin De Leon ロサンゼルス市議会議員、Hilda Solis L.A. カウンティー·スーパーバイザー、高齢者を守る会、並びに多くの団体·個人が反対する考えを露にしております。  敬老理事会のみなさん、あなた方は今、ICF の居住者を救うために決定的な役割を果たすことができるのです。敬老はパシフィカ社と共に敬老四施設の売却の合意に達し、州司法省から売却条件を課された当事者であるため、州司法省が売却条件の変更あるいは延長を行使する上で、必要不可欠な存在であると見なされます。 上に列挙した団体および数名の政治家は、売却条件の延長を州司法省へ直接求めました。ところが、売却条件の修正·延長を求める事ができるのは、旧敬老四施設の売却に携わった売り手の敬老、買い手のパシフィカ社に限られるという規則があります。パシフィカ社は、我々には売却条件の修正·延長を州司法省へ求める立場にはないと主張するでしょう。 すると、売却条件の修正および延長を州司法省に対して要求できるのは、敬老理事会、あなた方だけなのです。ICF の閉鎖により行き場を失う居住者を救うことが出来るのは、あなた方だけなのです。コロナ·パンダミックに照らした一定期間の売却条件の修正と延長が必須です。これができるのは、敬老理事会だけなのです。 敬老だけが行使できるこの簡単な行動を通して、あなた方はICF を守ることができ、敬老を信じて、敬老を慕って入居された方々を“路頭に迷う”ことから救済することができるのです。  パシフィカ社は、売却条件の期限切れをもって、彼らが計画することを思うままに始めるでしょう。まさに今です、敬老が行動を起こすのは。

    Koreisha Senior Care & Advocacy
    422 supporters
    Petitioning Keiro

    Dear Keiro Board: You are the only one who can save your JA elders!

    Pacifica’s intention to convert the ICF to market rate housing indicates its intent to shut it down and move out its nearly 90 residents. Although such an action would be forbidden by the Sale Conditions, Pacifica apparently believes that it will be free of any restrictions on its maintenance of the facilities after February 5, 2021. Pacifica’s efforts in this regard are opposed by the ICF residents, the Boyle Heights Neighborhood Council, Congresswomen Judy Chu and Maxine Waters, State Assemblyman Al Muratsuchi, Los Angeles City Councilman Kevin De León, Los Angeles County Supervisor Hilda Solis, Koreisha Senior Care & Advocacy and many others. Keiro can play a crucial role in saving the residents: Because Keiro entered into the original agreement with Pacifica regarding the sale of the facilities and is a party to the imposition of the Sale Conditions, it may be deemed a necessary party to any decision by the AG’s Office to amend or extend them. Some of the undersigned have requested that the AG’s Office extend the Sale Conditions, but we expect Pacifica to argue that only the Buyer (Pacifica) or the Seller (Keiro) has standing to request a modification of the Sale Conditions.  All it would take to help save the residents is for Keiro to request that the AG’s Office amend or extend the Sale Conditions to prevent Pacifica from shutting down the ICF for a reasonable period of time in light of the pandemic. Through this simple act that only Keiro can take, your Board can save the ICF and help unify the Japanese American community around what we all agree is an imperative—rescuing nearly 90 desperate seniors who have nowhere else to go. Pacifica is days away from being freed to do what it wishes. The time for Keiro to act is now.

    Koreisha Senior Care & Advocacy
    422 supporters
    Petitioning Los Angeles City Council Planning and Land Use Committee

    サクラICFのアパートへの改築・新築計画に反対する署名運動

    ボイルハイツに位置した敬老中間看護施設は、5年前、敬老引退者ホームと二つの敬老介護施設と共に、営利を目的とするパシフィカ社へ売却されました。パシフィカ社は2020年8月3日、サクラICF(旧敬老中間看護施設)を高齢者のためにではない、一般のアパートと駐車場に改築·新築する案を市当局へ申請しました。この計画が認可されると、70人を超える日系高齢者が路頭に迷うことになります。 フレッド和田氏、ジョージ荒谷氏を始めとする8人の日系有志は、約50年前、苦労に苦労を重ねた一世のため、そして日系社会の将来を見据えて敬老高齢者施設を創設しました。パシフィカ社が市当局へ申請した高齢者用ではないアパートと駐車場への改築·新築計画は、日系コミュニティーが長い年月をかけて培ってきた年長者に対する敬意の伝統に背くものです。そしてまた、これは年長者に対する日系社会の誓いと契りに反するものです。 人生の晩年に差しかかった入居者のみなさんには、安全で手頃な値段の施設が提供されるべきです。決して、施設内で親交を深めた入居者やその家族、バイリンガルの職員、ボランティア、そして担当の医師等と理由もなく別れ、引き離されるべきではありません。 サクラICFのアパートへの改築·新築案は、ボイルハイツ地域評議会の土地利用分科会において全会一致で否決されました。ボイルハイツ地域評議会の本会議においても全会一致の否決でした。我々署名者は、ロサンゼルス市議会の土地利用委員会とロサンゼルス市議会においても、パシフィカ社によるICFの改築·新築案が否決され、サクラICFの入居者の安全な生活が守られることを謹んでお願いいたします。 パシフィカ社の申請は自社の利益のためだけであり、80歳代、90歳代、そして100歳を超える日系人高齢者のために尽くすという思いはありません。我々「高齢者を守る会」は、日系コミュニティーへ知らせることもなく、一方的に市当局へ申請したパシフィカ社の改築·新築計画に断固反対します。

    Koreisha Senior Care & Advocacy
    8,183 supporters
    Petitioning Los Angeles City Council Planning and Land Use Commitee

    Stop Pacifica from Closing Sakura ICF

    Five years ago, the senior care facility now known as Sakura Intermediate Care Facility (fomerly known as Keiro ICF) in Boyle Heights was sold to a for profit real estate company (Pacifica Companies), who now plan to convert it into a general use, multi-family housing complex and parking structure, thereby displacing over 70 Japanese and Japanese American seniors citizens.   Over 50 years ago, Nikkei leaders purchased the ICF with a vision of serving the many generations of Japanese Americans to come. Pacifica’s proposal is a violation of the long honored tradition of the community and the covenant between the Japanese leaders and the elders for which this facility was created. Pacifica’s proposal is solely financially motivated with no compassion or empathy toward Japanese American seniors in their 80s, 90s and over 100 years of age. We strongly object to their proposal, which was filed with the City of Los Angeles without any notice to the Japanese American community. Our seniors in their twilight years deserve to be in a safe and affordable facility, and not face a severe abandonment and breakup of a trusted family they have built with each other, and with bilingual staff, volunteers and doctors. Along with the unanimous support of the Boyle Heights Neighborhood Council’s Planning and Land Use Committee and the BHNC General Board, we the undersigned respectfully urge the Los Angeles City Council's Planning and Land Use Committee and the members of the Los Angeles City Council to reject Pacifica's proposal and protect the lives on the seniors who reside at Sakura ICF.

    Koreisha Senior Care & Advocacy
    8,183 supporters