FoE Japan

20,459 supporters

■ 生命(人、民族、生物、自然)の尊厳と多様性を重んじ、 民主的かつ公正・公平な社会を目指して活動します。 ■ 日本の市民として自然と結びついた心や文化を尊重し、 今存在している「いのち」がこの地球で世代を超えて受け継がれていくために活動します 。 ■ 市民として参加する場をつくり、連帯することで大きなうねりを生み、 市民の視点で社会の意思決定に貢献するために活動します。

Started 10 petitions

Petitioning 関西電力株式会社社長 岩根茂樹 様, 原子力規制委員会委員長 更田豊志 様, 経済産業大臣 菅原一秀 様

関電の原発マネー徹底究明と原子力からの撤退を求めます

【締め切りました。】 ◇関西電力宛:金品受領の責任をとり、八木会長・岩根社長をはじめ受領した20名は辞任すること稼働中の原発の運転を停止し、原子力からの撤退を表明すること ◇原子力規制委員会宛:高浜1・2号、美浜3号の老朽炉対策工事等を中止させ、関西電力の全ての原発の審査を中止すること。稼働中の原発の運転停止を命じること ◇経済産業省宛:公正な第三者委員会で徹底調査し、結果を公表すること。関西電力の原発運転の資格を取り消すこと >Googleフォームから署名  >紙の署名用紙(PDF) 関西電力の今回の黒い原発マネー事件について、私たちの怒りは収まりません。関電の原発工事の発注から始まり、高浜町の下請企業、高浜町の元助役(関電子会社の元顧問等)を通じて、3億2千万円もの金品が関電幹部に渡っていました。発注工事の原資は電気料金であり、原発マネーの還流にもあたる前代未聞の醜悪な事件です。大飯原発や美浜原発でも同様のことがないのか、深い闇の真相は未だ明らかになっていません。 関電は、福島原発事故の被災者や避難者の苦悩も顧みることなく、地元有力者との癒着を深め、原発を推進してきたのです。そして、長期に渡ってこれらを隠蔽し続けてきました。傲慢な関電の体質そのものです。このような関電に、危険な原発の運転を続けさせるわけにはいきません。高浜3・4号のプルサーマルは中止すべきです。原発運転継続のための使用済燃料の「中間貯蔵施設」や、サイト内乾式貯蔵の建設などもってのほかです。 関電は再稼働のための審査を受けながら、裏では巨額の金品を受領していたのです。原子力規制委員会は再三にわたり「電力会社のコンプライアンス、社会的責任と信頼」を強調してきました。しかし関電は、これも踏みにじってきました。関電の「安全対策工事」には、問題となっている地元下請け企業が関与していたことも明らかになっています。これらを重視し、高浜1・2号、美浜3号の老朽炉対策工事等、関電の工事を全て即刻中止させ、関電の原発の審査も中止すべきです。稼働中の大飯・高浜原発については、運転停止を命じるべきです。 経済産業大臣は、今回の金品受領の再調査を関電に命じました。しかし、関電が組織する調査委員会では真相は闇に葬られてしまいます。今回の事件のみならず、大飯原発・美浜原発でも同様の問題がないのか、調査範囲も拡大すべきです。徹底解明のため、原発に批判的な弁護士等を含めた公正な第三者委員会で調査し、その結果を全て公表すべきです。監督官庁としての責任を果たすのは、関電の原発運転許可を取り消すしかありません。 署名締め切り 2019年10月15日 緊急署名呼びかけ団体:福井、関西、首都圏の 18 団体:ふるさとを守る高浜・おおいの会/福井から原発を止める裁判の会/アジェンダ・プロジェクト/おおい原発止めよう裁判の会事務局/グリーン・アクション/原発なしで暮らしたい丹波の会/原発なしで暮らしたい宮津の会/原発を考えるびわ湖の会/子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会/脱原発はりまアクション/脱原発へ!関電株主行動の会/七番めの星/避難計画を案ずる関西連絡会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)/原子力規制を監視する市民の会/国際環境NGO FoE Japan/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン 連絡先団体ふるさとを守る高浜・おおいの会:福井県大飯郡高浜町小和田29-17 東山幸弘方グリーン・アクション:京都市左京区田中関田町22-75-103 TEL:075-701-7223 FAX:075-702-1952美浜の会:大阪市北区西天満4-3-3星光ビル3階 TEL:06-6367-6580 FAX:06-6367-6581原子力規制を監視する市民の会:東京都新宿区下宮比町3-12-302 TEL:03-5225-7213 FAX:03-5225-7214

FoE Japan
820 supporters
Petitioning Mr. Hideo Sawada, H.I.S. Co., Ltd. Chairman (CEO), Mr. Shohei Akao, CEO, H.I.S. Super Power

Do not construct the palm oil power plant that ruins tropical forests!!

Dear H.I.S., Do not construct the palm oil power plant that ruins tropical forests and future generations!  >Japanese One of the leading travel agencies in Japan, H.I.S. began constructing a power plant in Kakuda City, Miyagi Prefecture that utilizes palm oil. The plant is expected to burn about 70,000 tons of palm oil a year. In the countries that produce oil palm such as Malaysia and Indonesia, the habitats of wild animals are being destroyed as well as a large amount of CO2 being emitted due to peatland and tropical forest destruction. Burning palm oil for power generation leads to further destruction of tropical forests. Mr. Hideo Sawada, H.I.S. Co., Ltd. Chairman (CEO)Mr. Shohei Akao, CEO, H.I.S. Super Power A leading travel agency in Japan, H.I.S. Co., Ltd. currently plans to construct a power plant that utilizes palm oil as a main source of fuel in Kakuda City, Miyagi Prefecture. This plant is expected to burn 70,000 tons of palm oil a year. Palm oil is used in various products that people use on a daily basis, and is produced from oil palm. The major countries that produce oil palm are Malaysia and Indonesia, and production of oil palm has been a serious issue. Oil palm is usually produced on a large-scale, and this has led to a number of environmental problems such as destruction of tropical forests and peatlands, high CO2 emissions and diminishment of wildlife habitats. It causes not only these environmental problems but also social problems including human rights violation of farm workers by forced labor and land conflicts by oil palm plantation development. The increasing demand for palm oil as food has already led to these environmental and social issues. If it is going to be used for power generation, it is clear that the situation surrounding these producing countries will worsen. According to the research entrusted by the European Commission, CO2 emissions from palm oil is higher than CO2 emissions from coal when it is used as biomass fuel, with palm oil being 231g CO2-eq/MJ(note1) and coal 97.3gCO2-eq/MJ(note2). This indicates that power generation with palm oil is not suitable for renewable energy. For this reason, in the European Union, palm oil as biomass fuel is not considered as renewable energy. In the Feed-In Tariff System (FIT), only the oil approved by the Roundtable for Sustainable Palm Oil (RSPO) can be used for power generation, but the problem is drastic increase in demand for palm oil will become the driving force to further develop oil palm plantations. At the assembly in Kakuda City December 2018 and March 2019, the city council severely criticized this project by H.I.S., calling the city mayor to carefully reconsider this project and withdraw from it. Concerned about climate change and hoping for a true recovery from the Fukushima Daiichi Nuclear Disaster, local environmental organizations and citizens in Miyagi have been seeking for truly sustainable energy that does not bring any negative impacts on the environment and society of producing countries. Your corporate philosophy is “to contribute to the advancement of world peace and mutual understanding by increasing the knowledge of people around the world through tourism, and thereby overcoming the differences of nationality, race, culture and religion,” and contributing to such an environmentally destructive power plant does not match your corporate philosophy. We thus urge you to stop the construction of the power plant. Power generation with palm oil, as described above, will progress the damaging effects of climate change through high CO2 emissions and destruction of tropical forests. The climate strike started from a 15 year-old girl in Sweden in August of last year, grew into a world movement and more than 1,500,000 young people in over 2000 cities, 125 countries joined the world climate strike on March 15th. To protect tropical forests and the future of young generations and for a true recovery from the disaster on March 11, 2011, we demand H.I.S. withdraw from the palm oil power plant project in Kakuda City, Miyagi Prefecture. note1)ECOFYS Netherlands B.V., "The land use change impact of biofuelsconsumed in the EU -Quantification of area and greenhouse gas impacts", 27 August 2015, p.40https://ec.europa.eu/energy/sites/ener/files/documents/Final%20Report_GLOBIOM_publication.pdf note2) Estimated by the following data:Environment of Ministry, Japanhttps://ghg-santeikohyo.env.go.jp/ Institute of Energy Economics Japanhttps://eneken.ieej.or.jp/data/old/pdf/enekei/lci.pdf Organized by: Friends of the Earth JapanWALHI (Friends of the Earth Indonesia)Japan Tropical Forest Action NetworkPlantation WatchHutan-Save the Tropical ForestsCitizens for community renovation in Gamo, SendaiCitizens group against coal power in Sendai BayCitizens group supporting the constitution in Ichihara CityKiko NetworkCitizens network in Chiba PrefectureCitizens group against coal power in Ichihara Citizens group against coal power in Tokyo BayCitizens group against coal power in Soga, Chiba CityPolicy research network for Sodegaura citizensChiba Environmental Information CenterCitizens group against coal power in YokosukaMighty EarthGREEN ALLIANCE JapanRainforest RescueGreenpeace Japan ASUKA Jyusen, Professor, Tohoku UniversityHASEGAWA Koichi, Professor, Tohoku UniversityHIROSE Toshio,HOBO Takehiko, Honorary professor, Shimane UniversityHOSOKAWA Komei, Professor, Kyotoseika UniversityIINUMA Sayoko, Global Environmental ForumINOUE Makoto, Professor, Waseda UniversityINOUE Tomoaki,KONISHI Yukiko, Representative, Citizens group against coal power in Soga, Chiba CityMATSUBARA Hironao, , Chief researcher, ISEPMATSUURA Makoto, Honorary professor, Miyagi College of TechnologyMITOBE Hidetoshi, doctorMITSUTA Kanna, Executive Director, Friends of the Earth JapanMIZUGUCHI Takechi, Professor, Takasaki Keizai UniversityTERANISHI Shun’ichi, Professor, Hitotsubashi UniversityTODA Kiyosh, Professor, Nagassaki UniversityTOMARI Miyuki, Representative Director, Biomass Industry NetowrkYAMASHITA Hidetoshi, Associate professor, Hitotsubashi UniversityYOKEMOTO Masahumi, Professor, Osaka-city University

FoE Japan
727 supporters
Petitioning 株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長兼社長 澤田秀雄様, H.I.S. SUPER 電力株式会社 赤尾昇平 様

HISさん、熱帯林と若者の未来を破壊するパーム油発電をやめて!

>English >Q&A  >Rainforest Rescueの署名サイト 旅行大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が、宮城県角田市でパーム油を利用した発電所の建設を開始。発電所では、年間7万トンものパーム油を燃やす。 パーム油のもととなるアブラヤシの生産地マレーシア、インドネシアでは、広範囲にわたる熱帯林および泥炭地の破壊により、野生生物の生息地が失われ、大量の二酸化炭素が発生する。 「発電用」にパーム油を大量に燃やすことは、従来の食用・工業用に上乗せした需要拡大を生み、熱帯林の乱開発を引き起こす。環境破壊型の発電である。  旅行大手のエイチ・アイ・エスが、宮城県角田市でパーム油を利用した発電所の建設を開始しています。年間7万トンものパーム油が燃やされる計画です。  パーム油は、主に加工食品などに広く使われている植物油で、アブラヤシから生産されます。主な生産国は、マレーシアおよびインドネシアですが、アブラヤシを生産するためのプランテーション開発により、熱帯林の破壊、泥炭地開発やそれらに起因する温室効果ガス(GHG)の排出、野生動物の生息地の消失など深刻な環境影響が発生しています。強制労働による農園労働者の人権侵害、農園開発に伴う地域住民との土地紛争や、社会的な問題も数多く指摘されています。  従来の食用を主とした需要の拡大でさえ、熱帯林の減少に大きく寄与しているのです。この上、発電のために燃やすことに利用したら、その影響ははかり知れません。  欧州委員会の委託により行われた調査では、パーム油のバイオ燃料としての消費が引き起こすCO2 排出量は231g CO2-eq/MJ(注1)とされており、石炭火力発電による排出量(97.3gCO2-eq/MJ (注2))を大きく上回っています。これはパーム油発電の温室効果ガス排出量が、石炭火力発電所の排出量を上回ることを意味し、パーム油による発電は再生可能エネルギーとして不適切です。このことから、米国ではパーム油をバイオ燃料として使うことを再生利用エネルギーとして認めておらず、これまで使用してきたEUも2030年までに使用を止めることとしています。  FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)ではRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)の認証油を要件としましたが、問題なのは、発電に伴う爆発的な需要拡大そのものが、熱帯林開発圧力になるということなのです。  地元の角田市議会でも、昨年12月と本年3月の市議会で、市議からHISのこの事業を批判し、市長の対応を問いただし、角田市に「撤退の申し入れ」を強く求める質問がありました。震災からの真の復興を願い気候変動被害を憂うる、地元宮城県の環境団体や市民からも批判の声が強まっております。  HISのグループ理念は「自然の摂理にのっとり、人類の創造的発展と世界平和に寄与する」であり、H.I.S. SUPER電力株式会社も、「自然の摂理にのっとり限りない人類と平和な未来へ繋がる社会を創造する」を経営理念としておられます。熱帯林の破壊に寄与するパーム油による発電所の建設は、この理念とあいいれません。建設を即時に中止してください。  パーム油発電は、CO2 排出と熱帯雨林破壊によって、二重・三重に気候変動に悪影響をもたらします。熱帯雨林と地球の未来を守るために、真の震災復興のために、HISは、宮城県角田市でのパーム油発電所建設事業から撤退してください。 注1)ECOFYS Netherlands B.V., "The land use change impact of biofuelsconsumed in the EU -Quantification of area and greenhouse gas impacts", 27 August 2015, p.40 https://ec.europa.eu/energy/sites/ener/files/documents/Final%20Report_GLOBIOM_publication.pdf 注2)環境省の温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(https://ghg-santeikohyo.env.go.jp)によれば、石炭火力発電所の運転時の二酸化酸素排出係数は90.6gCO2-eq/MJ。しかしこれは生産・輸送時の排出が含まれていないため、日本エネルギー経済研究所「わが国における化石エネルギーに関するライフサイクル・インベントリー分析」表2-8 石炭のライフサイクルインベントリー分析結果を参照し、90.6gCO2-eq/MJに1.074を乗じて97.3CO2-eq/MJとした。 呼びかけ団体:蒲生のまちづくりを考える会、仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会、国際環境NGO FoE Japan、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、プランテーション・ウォッチ、ウータン・森と生活を考える会、気候ネットワーク、市原憲法を活かす会、蒲生のまちづくりを考える会、市民ネットワーク千葉県、石炭火力を考える市原の会、石炭火力を考える東京湾の会、仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会、蘇我火力発電所計画を考える会、袖ケ浦市民が望む政策研究会、NPO法人ちば環境情報センター、横須賀火力発電所建設を考える会、グリーンピース・ジャパン、グリーン連合、WALHI(インドネシア環境フォーラム、FoEインドネシア)、Mighty Earth、Rainforest Rescue 呼びかけ人:明日香壽川(東北大学東北アジア研究センター教授(気候変動政策))、飯沼佐代子(地球・人間環境フォーラム)井上友昭(日本大学非常勤講師), 仙台パワーステーション操業差止訴訟原告)、井上真(早稲田大学教授(環境社会学), 日本環境会議副理事長)、小西由希子(蘇我火力発電所計画を考える会代表, 石炭火力を考える東京湾の会共同代表)、寺西俊一(一橋大学名誉教授(環境経済学), 日本環境会議理事長)、戸田清(長崎大学大学院教授)、泊みゆき(バイオマス産業社会ネットワーク理事長)、友澤悠季(⻑崎大学大学院准教授)、長谷川公一(東北大学大学院教授(環境社会学), 公益財団法人みやぎ環境とくらし・ネットワーク理事長, 仙台パワーステーション操業差止訴訟原告団団長)、広瀬俊雄(仙台錦町診療所・産業医学・健診センター産業医学センター長)、細川弘明(京都精華大学教授,高木仁三郎市民科学基金理事)、保母武彦(島根大学名誉教授(財政学),島根原発・エネルギー問題県民連絡会事務局長)、松浦真(宮城高等専門学校名誉教授, NPOきらきら発電・市民共同発電所理事)、松原弘直(認定NPO法人環境エネルギー政策研究所理事・主席研究員)、水口剛(高崎経済大学教授(責任投資・非財務情報開示), 日本サステナブル投資フォーラム共同代表)、満田夏花(FoE Japan事務局長)、水戸部秀利(医師, NPOきらきら発電・市民共同発電所理事長)、山下英俊(一橋大学大学院准教授)、除本理史(大阪市立大学教授(環境経済学), 日本環境会議事務局次長) 締切:2019年12月末 問い合わせ先: 国際環境NGO FoE JapanTEL: 03-6909-5983(平日10:00~18:00)  / FAX: 03-6909-5986  

FoE Japan
2,783 supporters
Petitioning President Donald John Trump

Save the democracy and coral reef of Okinawa ! "NO" to the new U.S. base at Henoko

Save the democracy and coral reef of Okinawa!"NO" to the new U.S. base at Henoko> Japanese  >Français  The Japanese Government is about to landfill one of the most biodiverse waters in the world, due to the construction of the US military base in Henoko, Okinawa Prefecture. Rare species of coral such as Porites Okinawensis Veron and Stylaraea Punctata have been spotted in and around the area that is to be reclaimed, and the construction work will pose further threat to their survival. The central government promised to transplant 70,000 colonies before the construction, however, transplanted only 9. Additionally, where there were 3 dugongs identified in the nearby area, 1 was found dead at a fishing port in Nakijin-village, the northern part of Okinawa Island, on March 18. The other 2 dugongs have recently been missing. Experts are concerned about the effects of the presence and noise of construction ships on the dugongs. It has been pointed out that some of the seafloor of the planned construction site facing Oura Bay is as fragile as the consistency of ‘mayonnaise’. A recently conducted study has revealed that this fragile seabed reaches as deep as up to 90 meters. Reinforcement works to strengthen the weak foundation at this depth has never been done in Japan nor anywhere else in the world. It is unclear how much this project would cost, and how many years it would take to complete. The people of Okinawa continue to demonstrate overwhelming sentiment, condemning the construction of the new U.S. military base at Henoko. In a referendum held on February 24, 2019, 72% of voters - equating to 434,273 people- voted against it. The ’Opposing’ votes made up the vast majority in every municipality. Despite this clear message, the central government ignored these voices and started to landfill the new area on March 25. Although it only accounts for 0.6% of Japan’s total land area, Okinawa hosts more than 70% of the total U.S. military bases in Japan. We must face the outrageous truth that Okinawa has been forced to shoulder a disproportionate burden for Japan’s security. In the first place, it is wrong to regard the construction of the new base at Henoko as a relocation of Futenma. The outrage of the Okinawan people erupted in 1995 when three U.S. service members abducted and raped a 12-year-old girl. Japan and the U.S. governments developed a sense of crises to the surging anti-U.S. and anti-base sentiment, so they established the Special Action Committee on Okinawa (SACO) to alleviate the burdens of base-hosting communities. SACO laid out policies to realign, consolidate, and reduce U.S. facilities and adjust operational procedures appropriately. If the Japanese government really means to ‘stand by’ the people of Okinawa as they remark over and over again, they must respect the will of the people, feel their anger and sorrow, and make every effort to urge the U.S. to immediately return the land at Futenma - identified as the most dangerous military base in the world. The return should be unconditional, not an exchange for the Henoko new base as a fait accompli. Pushing the construction through is nothing other than a clear violation of the human rights of the people of Okinawa, who have continued to show overwhelming opposition to the new Henoko base, including in the February referendum. We hereby demand the governments of Japan and the U.S. immediately cease construction of the new base at Henoko, and save the democracy and coral reef of Okinawa. TO:Prime Minister Shinzo ABEMinister of Defense Takeshi IWAYAPresident Donald John TRUMPChairman Adam SMITH, House Armed Services Committee U.S. House of RepresentativesChairman James INHOFE, Chairman, House Armed Service Committee U.S. Senate Organized by:Friends of the Earth United StatesFriends of the Earth JapanProtect Henoko & Takae! NGO Network *This petition is a collaboration of the second White House Petition created by Robert Kajiwara.  This petition will continue after closing the second White House Petition created by Robert Kajiwara. Contact:Friends of the Earth Japan 1-21-9, Komone, Itabashi, Tokyo, 173-0037E-mail: info@foejapan.orgTel: 03-6909-5983 Fax: 03-6909-5986

FoE Japan
3,096 supporters
Petitioning Prime Minister of U.K. Teresa May, Prime Minister of Japan Shinzo Abe, CEO of Hitachi, Toshiaki Higashihara

Stop Hitachi's Wylfa Nuclear Project

Stop Wylfa Nuclear Project    >Japanese    >Organizational sign-on We, undersigned people and organisations, demand the cancellation of Hitachi’s nuclear power plant project on the Isle of Anglesey, Wales.  The Isle of Anglesey is a very beautiful place: farmers have cultivated the lands here for thousands of years: there is unspoiled nature including a colony of Arctic terns which are protected under EU law.The island is a stronghold of the distinctive Welsh culture and language. The nuclear project will destroy all these invaluable legacies.  Were a nuclear accident to happen, it could contaminate a wide region including Anglesey. People could lose their homes and the local economy could be destroyed.  The U.K., like Japan, has no solution to the problem of how to deal with highly radioactive waste. The project will inevitably generate untreatable contaminated waste and pass that legacy to future generations.  Renewable energy has been developed dramatically in the U.K.. The strike price for offshore wind power is almost half that of Hinkley Point C. Moreover, energy demand in the U.K. is decreasing. There is no reason for the U.K to build new nuclear power plant.  It is said that the cost of Wylfa is 3 trillion yen. Hitachi is asking the U.K. and Japanese government for financial support. Providing fiscal support or public finance for the project transfers risks and cost to the public. Whilst austerity measures cut necessary services such as education and welfare, it is wrong to put money into nuclear power.  In Japan, due to TEPCO’S Fukushima Daiichi nuclear accident, many people have lost their homes, land, livelihood and community cohesion. Local society and the economy were devastated by the nuclear disaster. TEPCO is technically in bankruptcy and now nationalised. No one can foresee the end of the disaster. Contaminated soils and water are being produced without solutions for their disposal. Please don't ignore this reality. Do not produce any more radioactive wastes and pull out of the nuclear industry for the sake of future generations. Petition organized by Friends of the Earth Japan and PAWB-People Against Wylfa B  Contact: Friends of the Earth Japaninfo@foejapan.org+81-3-6909-5983Ayumi Fukakusa People Against Wylfa B (PAWB)pawbcymru@gmail.comDylan Morgan --------------------------------------------------------- I:Prif Weinidog y DU Theresa May Prif Weinidog Siapan Shinzo Abe Cadeirydd Gweithredol Hitachi, Toshiaki Higashihara Ataliwch Brosiect Niwclear y Wylfa Rydym ni, yn bobl a sefydliadau â’n henwau isod, yn mynnu diddymiad prosiect gorsaf niwclear Hitachi ar Ynys Môn, Cymru.  Mae Ynys Môn yn lle hardd iawn: mae ffermwyr wedi gweithio’r tiroedd yma am filoedd o flynyddoedd: mae yma natur ddilychwin gan gynnwys nythfa o fôr-wenoliaid yr Arctig sy’n cael eu diogelu dan gyfraith yr Undeb Ewropeaidd ger safle’r Wylfa. Mae’r ynys yn gadarnle unigryw i’r iaith a’r diwylliant Cymraeg. Bydd y prosiect niwclear yn dinistrio’r holl etifeddiaeth hon.  Pe byddai damwain niwclear yn digwydd, gallai lygru rhanabrth eang gan gynnwys Ynys Môn. Gallai pobl golli eu cartrefi a gallai’r economi leol gael ei dinistrio.  Nid oes gan y D.U., fel Siapan, unrhyw ateb i’r broblem o sut i ddelio â gwastraff ymbelydrol iawn. Bydd y prosiect yn anochel yn cynhyrchu gwastraff llygredig nad oes modd ei drin ac yn trosglwyddo’r etifeddiaeth i genedlaethau’r dyfodol.  Mae ynni adnewyddadwy wedi cael ei ddatblygu’n ddramatig yn y D.U. Mae’r pris taro ar gyfer ynni gwynt yn y môr bron hanner pris trydan Hinkley Point C. Ymhellach, mae galw am drydan yn y D.U. yn gostwng. Nid oes unrhyw reswm i’r D.U. godi’r orsfa niwclear newydd.  Dywedir bod cost y Wylfa yn 3 triliwn yen. Mae Hitachi yn gofyn i lywodraethau’r D.U. a Siapan am gefnogaeth ariannol. Mae darparu cefnogaeth gyllidol neu arian cyhoeddus ar gyfer y prosiect yn trosglwyddo risgiau a chost i’r cyhoedd. Tra bo mesurau llymder yn torri gwasanaethau angenrheidiol fel addysg a lles, mae’n anghywir i roi arian i mewn i ynni niwclear.  Yn Siapan, yn sgîl damwain niwclear TEPCO yn Fukushima Daiichi, collodd llawer o bobl eu cartrefi, tir, bywoliaeth a chydlyniad cymunedol. Cafodd y gymdeithas a’r economi leol eu dinistrio gan y drychineb niwclear. Mae TEPCO yn fethdalwr yn dechnegol ac wedi cael ei genedlaetholi. Ni all neb rag-weld diwedd y drychineb. Mae priddoedd a dŵr llygredig yn cael eu cynhyrchu heb ddatrysiad ar gyfer eu gwaredu.  Peidiwch ag anwybyddu’r realiti hwn. Peidiwch â gwastraffu mwy o wastraffau ymbelydrol a thynnwch allan o’r diwydiant niwclear er mwyn cenedlaethau’r dyfodol.  Drafftiwyd y ddeiseb gan Gyfeillion y Ddaear Siapan a PAWB-Pobl Atal Wylfa B/People Against Wylfa B    

FoE Japan
425 supporters
Petitioning 日本 内閣総理大臣 安倍晋三様, イギリス 首相 テリーザ・メイ 様, 日立製作所 取締役  代表執行役 執行役社長兼CEO 東原敏昭 様

日立・英ウィルヴァ原発建設計画を中止してください

日本 内閣総理大臣 安倍晋三様イギリス 首相 テリーザ・メイ 様日立製作所 取締役 代表執行役 執行役社長兼CEO 東原敏昭 様 【誰のためにもならない日立・英ウィルヴァ原発建設計画を中止してください】 > English >フォームメーラーから署名 >団体賛同 >紙の署名用紙 私たちは、日立製作所がイギリス・ウェールズに建設を計画するウィルヴァ原発に反対します。この誰のためにもならない原発建設を中止してください。  新規原発が建設されようとしているアングルシー島はとても美しい場所です。何百年もつづく農家の暮らし、キョクアジサシなど保護種の生息地も含む豊かな自然、貴重なウェールズの文化が残っています。巨大な原発事業はこのかけがえのない自然や文化を破壊します。ひとたび事故が起これば、アングルシー島をはじめとして、広い地域が汚染され、人々が故郷を失い、地域の経済が破壊されてしまいます。  日本と同じく、イギリスでも高レベル放射性廃棄物の処分場も決まっていません。この事業は、解決不可能な核のゴミを劇的に増やし、何世代も先の人たちに負の遺産を押し付けることになります。  イギリスでは再生可能エネルギーが伸びています。風力発電の買取価格は、現在建設中の他の原発の電力買取価格の二分の一にまで下がっています。イギリスではエネルギー需要が減少しています。イギリスにとってこの事業は必要ありません。  報道によれば、この事業の費用は3兆円にものぼります。日立製作所は、日英両政府に資金支援を要求しています。日英両政府が投融資や融資保証に公的資金を費やすことは、事業のリスクと負担を国民に肩代わりさせることにほかなりません。 緊縮財政政策下のイギリスでは、福祉や教育など本当に必要なサービスへの支出がどんどん削られている状況です。原発には手厚く公的資金支援をつけるというのは間違っています。 日本では、東京電力・福島第一原発事故により、多くの人たちがふるさとを奪われ、生業や生きがい、コミュニティのきずなを失いました。地域の社会や経済は大きな打撃を受けました。事故による避難者は、各地で苦しい状況に置かれています。東京電力は実質的には破たんし、現在、国有化され再建途上にあります。事故の収束の見込みはつかず、大量に発生した汚染土は処分不可能で、汚染水はたまり続ける一方です。 こうした現実を直視してください。 原発にしがみついて何万年にも及ぶ負の遺産をつくりだすことをやめ、将来世代のために、原発事業からの撤回を決断してください。 署名呼びかけ団体 国際環境NGO FoE JapanPeople Against Wylfa B(PAWB) 連絡先:FoE Japan〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9TEL: 03-6909-5983  / FAX: 03-6909-5986E-mail: info@foejapan.org 協力団体(2018年10月15日時点):原子力規制を監視する市民の会/原子力資料情報室/ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン/ピースボート/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会

FoE Japan
1,457 supporters
Petitioning 東京電力ホールディングス株式会社 代表執行役社長 小早川 智明 様, 経済産業大臣 菅原 一秀 様, 原子力規制委員会委員長 更田豊志 様

私たちのお金を、日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください

>2019年10月25日、再度提出します! >2018年11月20日、提出しました! >団体賛同 >署名用紙(PDF) 東京電力ホールディングス株式会社  代表執行役社長 菅原 一秀 様経済産業大臣 世耕弘成 様原子力規制委員会委員長 更田豊志 様 私たちのお金を、日本原電・東海第二原発の再稼働のために使わないでください 東海第二原発を許可しないでください 日本原電・東海第二原発の再稼働に必要な費用に関して、東京電力と東北電力が経済的支援を表明しました。 しかし、東京電力は、福島第一原発事故の賠償・廃炉などの費用が払いきれず、巨額の公的資金や各地の電力消費者から徴収された電気料金が注入され、形だけ破綻を免れているのが実態です。いわば私たちのお金が注ぎ込まれているわけです。 本来、破たん処理が行われるべき東電を、新しい組織(原子力損害賠償・廃炉等支援機構)や法律(原子力損害賠償・廃炉等支援機構法)をつくって、実質「国有」化してまで存続させる理由の一つとして、「福島原発事故被害者への賠償を円滑に行う」ことと説明されてきました。 そんな東京電力が、原発事故被害者の賠償についてはADRの和解案を拒否し続ける一方で、他社の原発の再稼働を支援することは、まったく納得できません。日本原電を救済するお金があるのであれば、原発事故被害者の賠償にあてるべきではないでしょうか。 日本原電・東海第二原発のために私たちのお金を使わないでください。  日本原電は、原発を推進するために設立された国策会社です。原発しか持たず、所有する4つの原発のうち2つは廃炉が決まり、現在発電を行っていない日本原電が破たんを免れているのは、東電、関電などがあわせて年間1,000億円の「電気料金」を支払っているからです。原発という「国策」が生み出した過去の産物を、破たんさせることができず、電力事業者が支えているという歪な構図となっています。こちらも、いわば私たちのお金が使われているといっても過言ではありません。 今回、原子力規制委員会の審査のうち「経理的基礎」の部分を通すために、日本原電の要請をうけて、東電、東北電が支援の意思を示しました。しかし、これは単なる意思表示に過ぎず、最終判断ではありません。日本原電の「経理的基礎」はきわめて脆弱なものです。 そのほかにも、老朽化し、被災した東海第二原発は、多くのリスクを抱えています。防潮堤の基礎の液状化、ケーブルの防火対策、水蒸気爆発の危険性などは、解決のめどがたっていません。  東海第二原発の30km圏の人口は約96万人。万が一の事故のとき、これだけの人たちを避難させることは不可能です。茨城県内17の市町村は、運転延長に反対する意見書を可決しています。 日本原電の東海第二原発の再稼働を認めないでください。 署名呼びかけ開始:2018年4月11日第5次締め切り:2019年10月24日署名呼びかけ:国際環境NGO FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会署名送付先:〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302      原子力規制を監視する市民の会問い合わせ先:国際環境NGO FoE Japan TEL: 03-6909-5983 協力団体:茨城:原発事故からくらしを守るネットワーク、さよなら原発いばらきネットワー ク、常総生活協同組合、脱原発ネットワーク茨城、脱原発とうかい塾、東海第二 原発再稼動ストップ日立市民の会、反原子力茨城共同行動福島:原発いらない福島の女たち、原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)、 脱原発福島ネットワーク、フクシマ・アクション・プロジェクト、ふくしま WAWAWA-環・話・和ーの会関東・新潟・関西:eシフト、エナガの会、国際青年環境NGO A SEED JAPAN、グリーン・アクション・さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、首都圏反原発連合、地球救出アクション97  賛同団体(2018年8月7日時点): 特定非営利活動法人ふくしま地球市民発伝所、公害・地球環境問題懇談会、さよなら玄海原発の会・久留米、さようなら柏崎刈羽原発プロジェクト、生命(いのち)を考える福島と鹿児島の会、放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会、被ばく医療を考える会かごしま、みさと市民原子力発電研究会、オールターナティブズ、原発の危険性を考える宝塚の会、東海第二原発再稼動ストップ日立市民の会、ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン、茨城県平和委員会、所沢「平和都市宣言」実現する会、原子力公害に取り組む札幌市民の会、ふぇみん婦人民主クラブ、さよなら原発北葛の会、脱原発福島ネットワーク、希望のたね・みと、福島原発被害山木屋原告団、千葉県放射性廃棄物を考える住民連絡会、子ども脱被ばく裁判の会、会津放射能情報センター、高木学校、足元から地球温暖化を考える市民ネットたてばやし、原発いらない人びとの会、平和・人権・環境を守る岐阜県市民の声、花風香の会、放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜、上岩出診療所、原発なくそうミツバチの会、春を呼ぶ会、福島老朽原発を考える会、バスストップから基地ストップの会、スローアグリカルチャー研究会、浜岡原発の広域避難を考える静岡県東部実行委員会、原発さよなら千葉、戦争への道は歩かない!声をあげよう女の会、原発事故を考える町田市民の会、地球救出アクショ ン97、原発を考える品川の女たち、未来への風いちから、原発なくせ三重県民会議、三陸の海を放射能から守る岩手の会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、ポレポレ佐倉、Mox反対伊方の会、子供の未来を考える会ハチドリ、放射能から子供を守る会・塩谷、玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会、安倍政権にNO!東京・地域ネットワーク、バスストップから基地ストップの会、板橋の生活環境を考える会、脱原発かわさき、子どもたちに未来をわたしたい・大阪の会、脱被ばく実現ネット、チェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金、緑の党グリーンズジャパン、原発震災を防ぐ風下の会、脱原発の日実行委員会、虹とみどりの会、緑ふくしま、アジア開発銀行福岡NGO フォーラム、放射能から子どもたちを守る栗原ネットワーク、原発の危険性を考える宝塚の会、原発いらん!山口ネットワーク、原発止めよう!東葛の会

FoE Japan
4,595 supporters
Petitioning Mr. Shinzo Abe, Prime Minister of Japan, Mr. Hiroshige Seko, Minister of Ministry of Economy, Trade and Industry, Mr. Taro Aso, Minister of Finance, Mr. Taro Kono, Minister of Foreign Affairs

No to Hitachi’s Nuclear Exports Using Japanese Public Money

>PDF  >Japanese  >Sign-on as an organization Mr. Shinzo Abe, Prime Minister of JapanMr. Hiroshige Seko, Minister of Ministry of Economy, Trade and IndustryMr. Taro Aso, Minister of FinanceMr. Taro Kono, Minister of Foreign Affairs Horizon Nuclear Power, a wholly owned subsidiary of Japanese electronics giant Hitachi Ltd., is attempting to construct a 2.7 gigawatt nuclear power plant in Wylfa, on the scenic and historic island, Anglesey, Wales, in the United Kingdom. The project cannot proceed without public financial support, and the Government of Japan is orchestrating an “all-Japan” support system to secure its financing, backed up by public money[1].  We, the undersigned, express our strong opposition to the use of public funds for this project specifically, and nuclear exports in general. Petition organizer:Friends of the Earth Japan1-21-9 Komone, Itabashi-ku, Tokyo, Japan, 173-0037 Tel: 81-3-6909-5983, Fax: 81-3-6909-5986, E-mail: info@foejapan.org, Web www.foejapan.org  Deadlines1. March 31, 20182. April 30, 20183. May 31, 2018 CC: Mr Akira Kondoh, Governor, Japan Bank for International Cooperation (JBIC)Mr Kazuhiko Bando, Chairman and CEO, Nippon Export & Investment Insurance, (NEXI)Mr. Toshiaki Higashihara, President & CEO, Hitachi Ltd.Mr Kanetsugu Mike, President & CEO, Bank of Tokyo-MitsubishiMr Koji Fujiwara, President & CEO, Mizuho Bank, Ltd.Mr Makoto Takashima, President and Chief Executive Officer, Mitsui Sumitomo Banking Corporation Background Of the currently estimated project cost of 3 trillion yen, half is expected from loans and half from investments. Three Japanese megabanks (Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Sumitomo Mitsui Banking Corp, Mizuho Bank,) are expected to lend 500 billion yen. But those loans are to be guaranteed by the government-owned Nippon Export and Investment Insurance (NEXI). The government-owned Japan Bank for International Cooperation (JBIC) and UK commercial financial institutions are expected to extend the remaining trillion yen in loans. For the investment portion, the Development Bank of Japan (DBJ) is expected to be a major investor. It is solely owned by the Government of Japan. Meanwhile, the government is strongly encouraging Japan’s electric power utilities to invest in the Wylfa project, including Tokyo Electric Power Corporation (TEPCO), which owns the damaged Fukushima nuclear plant, and whose majority shareholder is the government-backed Nuclear Damage Compensation and Decommissioning Facilitation Corporation. Also, local governments are among the largest shareholders in Japan’s power utilities. 1. It is not acceptable to transfer this huge risk to the public Chairman Hiroaki Nakanishi of Hitachi Ltd. said, “The UK government, Japanese governments and Hitachi all share the view that this project is impossible without government commitments,” and admitted that it would be difficult to pursue as a private sector project . Apart from accidents, other possible risks in with nuclear power are enormous, such as an escalation of costs and challenges with safety, security, construction, tighter regulations, public opposition, and the processing of radiative waste, etc.. Taking account these risks, the companies and banks should not continue the projects. “Moral hazard” occurs when someone increases their exposure to risk when insured. The Wylfa project proponents are preparing to take more risks because the government is setting the public up to bear the cost of those risks while they are making a profit, which is unacceptable. 2. No real safety assurance in public financing of nuclear exports The Government of Japan has guidelines to verify the safety of operations in the case of nuclear exports supported by public financing. However, the procedures are merely a formality, checking off yes or no against a list of items, such as if the recipient country is a member of a treaty, or if some kind of regulatory system is in place. There is no effort to confirm the safety of the actual project. Furthermore, the Japanese public receives no concrete information about what the government has done to verify safety, only a general summary after a decision. Meanwhile, JBIC and NEXI, the main bodies to provide government-backed financing and insurance for nuclear exports, maintain that any confirmation of safety should be done by the government; so JBIC and NEXI claim not to be in a position to do so. In fact, they do have and implement “Guidelines for Environmental Social Considerations” to avoid environmental destruction or infringement of human rights in other international projects. In terms of the nuclear power projects, a new guideline was formulated in 2017. However, the scope of new guidelines is limited to the “information disclosure.” If the current guidelines are employed, both the government and public financing and insuring institutions, such as JBIC/NEXI, could provide public financing and insure risky nuclear power projects without assuring safety. 3. The age of nuclear exports is over The catastrophic social, environmental and financial impacts of the disaster at TEPCO’s Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant are still ongoing and details about the cause of the accident and subsequent incidents remain unclear. The costs of decommissioning the defunct nuclear power facilities and dealing with contamination and compensation have swollen to 21.5 trillion yen by government estimates. Many residents of the affected region have lost their homes and are still facing very difficult circumstances. Public opinion in Japan strongly favors an end to nuclear power, and more than half of the public opposes the idea of nuclear exports . Meanwhile, in global trends renewable energy has made significant progress and costs have dropped, while energy-saving technologies have also improved significantly. Many countries have turned the corner and rejected nuclear power. For example, in 2016 Vietnam abandoned plans to build its first two nuclear plants (proposed by Japan and Russia) largely on the grounds that nuclear power is not economically competitive. In this context, why is the Japanese government planning to commit the public’s money to promote nuclear exports? This is the wrong direction, for logical and economic reasons. Moreover, there has not been sufficient public and parliamentary discussion in Japan about nuclear exports. It is not acceptable to commit public funds where they will only benefit a limited number of corporations. Japan still has much to learn from the Fukushima nuclear accident. What the government needs to promote with public resources are sound programs and technologies that will phase out nuclear and promote sustainable society. [1] Hitachi’s nuclear power business in the UK: Supported by the UK and Japanese governments. If fails, the public will be held responsible, The Asahi Shimbun, 1 November 2018 [2] Hitachi to construct a nuclear power station in the UK: Active involvement of Japanese and UK governments is a must, said Chairman-elect of the Keidanren Federation of Economic Organization, 13 February, 2018. (https://jp.reuters.com/article/hitachi-uk-nuclear-idJPKBN1FX0O7, in Japanese) [3] 16 June 2013, “58% do not support nuclear power export, 24% support,” Jiji Opinion Poll  

FoE Japan
369 supporters
Petitioning 内閣総理大臣 安倍晋三様, 経済産業大臣 世耕弘成様, 財務大臣 麻生太郎様, 外務大臣 河野太郎様

日立の進める英・ウィルヴァ原発に公的資金を使わないでください

このサイトは、署名第一弾のサイトです。いただいた署名は2018年5月に日本政府宛てに提出しました。その後も適宜提出しています。 以下の新署名にご協力いただけますと幸いです。以下のサイトからご賛同ください。 https://goo.gl/K5Ni2J ---------------以下は署名第一弾の本文。2018年5月に約5800筆を宛先に提出 内閣総理大臣 安倍晋三様経済産業大臣 世耕弘成様財務大臣 麻生太郎様外務大臣 河野太郎様 CC:国際協力銀行 代表取締役総裁 近藤 章様日本貿易保険 代表取締役社長 板東 一彦様日立製作所 取締役  代表執行役 執行役社長兼CEO 東原敏昭様三菱東京UFJ銀行 取締役頭取執行役員 三毛兼承様みずほ銀行 取締役頭取 藤原弘治様三井住友銀行 代表取締役 髙島誠様   日立製作所の完全子会社であるホライズン・ニュークリア・パワーが進めるイギリス・ウェールズ地方でのウィルヴァ・ニューイッド原発建設プロジェクトに対し、政府100パーセント出資の日本貿易保険(NEXI)による融資保証[1]、国際協力銀行(JBIC)を通じた融資を行うことが報じられています[2]。私たちはこれに強く反対します。 提出一次締切:2018年3月末 二次締切:4月末 三次締切:5月末 1.公的資金投入はモラルハザード 国民へのリスク転嫁は許されない  日立製作所の中西会長は、同事業が民間事業として推進することは困難であるとの見解を示し、「政府がコミットしないとできないということが、英国政府・日本政府・日立の共通理解」と語っています[3]。 確かに、事故以外にも、安全対策費や建設費のコスト増加、規制強化への対応、住民の反対運動、放射性廃棄物の処理など、原発事業のリスクは膨大なものがあります。 しかし、それならば、事業撤退の経営判断をすべきではないでしょうか。 事業の利益は事業者と銀行へ、リスクは公的資金でカバーということは、モラルハザードにほかなりません。 巨額にのぼる事業費を公的資金で支援することにより、そのリスクが国民に転嫁されることになることも指摘されています。  2.安全は全く担保されていない  原発輸出を公的資金で支援する場合、政府が事業の安全性を確認するとしています[4]。しかし、この確認は形だけで、条約の加盟の有無や規制体制などをイエス・ノー方式でチェックするにとどまり、事業の安全性を確認するものではありません。また、政府が何をどう確認したかは私たち国民が知ることはできません。公開されるは、事後的な「議事要旨」のみだからです。  一方、融資・付保の主体であるJBIC/NEXIは、安全確認は国がやるのだから自分では行わないとしています。JBIC・NEXIは自らが行う融資や付保が、海外において環境破壊や人権侵害を起こしてはならないという観点から、「環境社会配慮ガイドライン」を策定し、この一環として、原子力以外の事業については、安全配慮等確認も行ってきました。  原子力事業については、2017年新たな指針が策定されました。しかしこの指針の範囲は「情報公開」に限定するものになっており、このままでは、国もJBIC/NEXIなどの融資・付保を行う公的金融機関も、安全性を確認しないまま、危険な原発事業へ公的な融資・付保が行われ、原発輸出が推進されることになります。 3.原発輸出の時代ではない  東京電力福島第一原発事故はいまだ収束せず、事故原因やその後の経緯も不明なことが多いのが実情です。原発事故の廃炉・除染・賠償にかかる費用は、政府の試算でも21.5兆円とふくれあがりました。原発事故により多くの人がふるさとを失い、厳しい状況に置かれています。世論は脱原発の意見が強く、原発輸出にも反対の声が過半数を超えています[5]。 世界的には、再生可能エネルギーが飛躍的に伸び、コストも下がってきています。省エネの技術も進んできています。 多くの国々が脱原発に向けて、舵をきりました。ベトナムは、「原発は経済的に競争力がない」ことを主たる理由として、日本からの原発の導入を断りました。 そのような中で、日本は、原発輸出の後押しのために、公的資金を費やすのでしょうか。これは、倫理的にも、経済的にも間違った選択です。さらに、原発輸出に関する国民的議論や国会での議論もないまま、一部の企業の利益のために公的資金を投入することはゆるされません。 日本政府が推進すべきものは、福島原発事故を引き起こした深い反省と教訓にもとづく、脱原発と持続可能なエネルギーのための社会システムや技術ではないでしょうか。 私たちは、原発輸出に公的資金を投入しないことを強く求めます。 [1]  三菱UFJ銀行など民間大手銀行による融資貸し倒れリスクに対応するための保険が検討されている。[2] 「日立の英原発事業、日英政府が支援 損失なら国民負担も」朝日新聞、2018年1月11日[3] 「日立の英原発建設、日英政府の積極関与が必要=経団連次期会長」ロイター 2018年2月13日[4] 「原子力施設主要資機材の輸出等に係る公的信用付与に伴う安全配慮等確認の実施に関する要綱」(2015年閣議決定)[5]「原発輸出、 58 %が支持せず─支持は 24 %」時事世論調査 2013年6月16日 署名呼びかけ団体連絡先: 国際環境NGO FoE Japan〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9   Tel: 03-6909-5983  Fax: 03-6909-5986 Email: info@foejapan.org

FoE Japan
4,372 supporters
Petitioning 原子力規制委員会委員長 更田豊志 様

柏崎刈羽原発の再稼働に許可をださないでください

柏崎刈羽6・7号機の再稼働を認める審査書案を承認しないでください。福島第一原発事故を引き起こした東電に柏崎刈羽原発を運転する資格はありません。 3日間の呼びかけで、新潟、福島など118団体、1793人のみなさまのご賛同を得ることができました。先ほど、原子力規制委員会に提出しました。 抗議声明、賛同団体リスト、およびご報告は以下のウェブサイトにアップしました。 「柏崎刈羽原発6・7号機の運転認可に反対」「東電に資格なし」新潟・東京・福島など118の市民団体が抗議http://www.foejapan.org/energy/stop_restart/171003.html ★明日にも審査書案が了承されると思われます。明日(10月4日)12:00~、原子力規制委員会前(六本木ファーストビル前)にて抗議行動を行います。ぜひこちらにもご参加ください。なお、10時から、再稼働阻止全国ネットワークによる抗議も行われています。 ★パブコメ・ワークショップ:意見公募で原発止めよう!~柏崎刈羽原発審査書案/原発の火山灰規制http://kiseikanshi.main.jp/2017/09/29/pabukome-5/日 時:10月12日(木)18:30~21:00場 所:東京セントラルユースホステル会議室(飯田橋駅すぐ隣セントラルビル・ラムラ18階)主 催:原子力規制を監視する市民の会/国際環境NGO FoE Japan問合せ:090-8116-7155阪上まで資料代:500円 (以下、呼びかけ文です) 原子力規制委員会は、東京電力柏崎刈羽原発6・7号機(新潟県)の再稼働を認める審査書案を10月4日にも了承し、意見募集をはじめようとしています。 審査の過程で、福島原発事故を引き起こした東京電力の「資格」が問題になりました。原子力規制委員会は、いったんは、福島原発事故の廃炉に向けた東電の「覚悟と実績」がなければ、柏崎刈羽原発の「運転資格なし」としながらも、形だけ東京電力の「覚悟」をききとり、それを保安規定に書き込ませてお茶を濁そうとしています。 しかし、事故は収束から程遠く、多くの原発事故被害者が苦しんでいるという現状があります。東電は、柏崎刈羽原発の再稼働ではなく、事故収束と被害者の救済に全力をあげるべきです。 私たちは、審査書案が了承されるとみられる10月4日の前日に当たる10月3日に、原子力規制委員会宛てに以下の抗議文を提出しようとしています。ぜひ、多くのみなさまからのご賛同をお願いいたします。 -----------------------------------------------------------柏崎刈羽6・7号機の再稼働を認める審査書案に抗議する東電に柏崎刈羽原発を運転する資格はない 原子力規制委員会は、東京電力柏崎刈羽原発6・7号機の再稼働を認める審査書案のとりまとめと意見募集にかかろうとしている。私たちはこれに強く抗議する。東電に柏崎刈羽原発を運転する資格はない。柏崎刈羽原発の再稼働を認めてはならない。 ◆東電に柏崎刈羽原発を運転する資格はない原子力規制委員会は、福島第一原発の事故を起こした東電に対し、柏崎刈羽原発を運転する資格を問い、「廃炉をやりぬく覚悟と実績を示すこと」、「経済性よりも安全性を優先すること」を東電に要求した。これに対し、東電は、根拠となる実績を示すものはなにもなく、「やりぬく覚悟です」、「経済性を優先する考えは微塵もない」などと決意表明を並べるだけであった。規制委はこれを技術的能力の項で審査の対象とし、実績について何ら問うこともなく、了承した。東電の資格を問うのであれば、福島第一原発の実情を見なければならない。最新の保安検査において、地下水をくみ上げる井戸(サブドレン)水位計の設定にミスがあり、約半年にわたり、建屋内の高濃度汚染水が周辺に漏れ出た恐れがあったことが明らかになった。他にも1,200トンの汚染土壌について金属容器で管理しなければならなかったものが、土のう袋に入れただけであったことなど、ずさんな実態が明らかになったばかりだ。廃炉のメドはたたず、放射能の垂れ流しは続いている。汚染水はたまり続け、発生を止めることもできない。汚染は続き、避難を強いられた人も残った人も、各地で多くの人たちが事故の影響で苦しんでいる。東電は、事故を引き起こした責任をとっていない。そればかりではない。東電が全責任を負うはずの事故の費用負担について、「このままでは債務超過に陥る」と居直り、公的資金の注入を要求した。国が、廃炉・賠償費用に公的資金などを注入できる仕組みを作った結果、東電はかろうじて破たんを免れている状況だ。この意味でも東電に柏崎刈羽原発を運転する資格などない。審査には経理的基礎の確認も含まれるが、経理的基礎はないとすべきだ。 ◆安全性軽視は審査内容からも明らか東電の安全性軽視の姿勢は、柏崎刈羽原発の審査内容からも明らかだ。東電は緊急時対策所として想定していた免震重要棟が基準地震動に耐えられないことを知りながら、それを隠し、虚偽の説明をしていた。結局東電は、5号機の建屋内に緊急時対策所を設けたが、免震構造ではない。これまで東電自身が何度も述べていたように、緊急時対策所を免震構造にすべきだというのは福島第一原発事故の大きな教訓ではなかったか。規制委はなぜこれを認めるのか。審査の過程で柏崎刈羽原発1~4号機側の防潮堤が、液状化により使い物にならないことが明らかになった。9月27日の規制委会合で、規制庁担当者は「津波により1~4号機は水浸しになる」と平然と述べている。1~4号機の原子炉に燃料はなくてもプールには大量の使用済み燃料が保管されている。これらに影響はないのか、6・7号機に影響がなければよいのか、本当に影響はないのか、1~4号機の廃炉が先ではないか。6・7号機だからという理由で許可に走るべきではない。敷地内の断層については、これが活断層である可能性について、新潟県内の地質専門家グループが、再三指摘している。規制委はこれを無視して、一方的に東電の主張を認めているばかりで、これらの指摘に耳を傾けようとしない。福島第一原発事故で大きな問題となっている高濃度汚染水について、建屋外への放出防止策も拡散防止策もない。東電が海洋汚染防止策として設置する設備はシルトフェンスである。これだけでは対策にならないことを、東電は福島第一原発でさんざん経験したではないか。他にも多くの問題を抱えている。規制委は審査書案を撤回すべきだ。 ◆柏崎刈羽原発を再稼働させてはならない 新潟県では、脱原発を求める県民の支援を受けた米山知事が誕生した。新潟県は「事故原因」「健康と生活」「避難」の3つの検証委員会を設置。検証ができないうちは再稼働の議論はできないとしている。もっともだ。本来であれば、これは規制委もしくは国会など国の機関が行うべき検証ではないか。新潟県民の姿勢は、最近の新潟市長の再稼働反対表明にも現れている。冬場は雪に閉ざされる地域で避難は実際上不可能に近い。一方的な風向きと降雪が山野にもたらす放射能汚染の影響が福島のそれを大きく上回ることは必至だ。首都圏に電気を送るために新潟県民の安全な暮らしが奪われるいわれはない。重大事故の影響は首都圏にも及び、首都圏の人たちが考えなければならない問題だ。さらに、柏崎刈羽原発の再稼働は、福島第一原発事故を引き起こした東電の復活を意味するものであり、全国的な問題でもある。脱原発を実現するために、悲劇を繰り返さないためにも、柏崎刈羽原発の再稼働を許してはならない。 呼びかけ団体:さよなら柏崎刈羽原発プロジェクト/柏崎刈羽原発反対地元三団体/原発反対刈羽村を守る会/原子力規制を監視する市民の会/国際環境NGO FoE Japan/福島老朽原発を考える会  

FoE Japan
1,815 supporters