Animal Rescue System Fund - アニマルレスキューシステム基金

0 supporters

Japanese version follows English version - 日本語版は英語版に続く Non-profit organisation Animal Rescue System Fund, through its Spay Fukushima Project, carries out early-age spaying and neutering of displaced and feral dogs and cats in parts of Fukushima, Japan, that were affected by the 2011 tsunami and subsequent Fukushima Daiichi Nuclear Plant accident. These areas were evacuated, and the majority of household pets were left behind. Official organisations charged with overseeing charitable donations for animals in these areas have not seen fit to support birth-control measures, and so there has been an animal-population explosion. Japan-based Animal Rescue System Fund is entirely reliant on charitable donations for its work aimed at bringing that situation under control. 非営利組織(NPO)アニマルレスキューシステム基金(以下ARSF)は「スペイ フクシマ」というプロジェクトのもと、2011年の津波及び福島第一原発によって被害を受けた日本の福島のいくつかの地域において、被災した動物やノラ犬猫に対して早期不妊去勢手術を提供している。これらの地域は避難地域にあたり、多くの愛玩動物(犬猫たち)が置き去りにされた。 にもかかわらず、これらの地域の動物たちへの寄付金(7億円)を管理している当局(※1)は、繁殖予防対策は実施に値する適当なものだと考えていないため、この地域で動物の爆発的な増加が起きている。 ARSFは繁殖予防専門病院「フクシマスペイクリニック」の運営を通じて、この状況つまりペットの過剰繁殖問題を適切にコントロールしようと日々活動している。ちなみにARSFは、当局から支援を受けず、完全に個人・民間の寄付金の支援によって活動している。 ※1)当局=「緊急災害時動物救援本部(東京)」 行政的な組織で4つの公益法人の寄り集まり。環境省の元役人が天下り現本部長を務めている。構成団体は(1)日本獣医師会(2)日本動物愛玩協会(3)日本動物愛護協会(4)日本動物福祉協会(実体は現在不明である) http://animalrescue-sf.org/fukushima/

Started 0 petitions