神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会

88,160 Supporters

新国立競技場などの計画変更

Started 1 petition

Victory
Petitioning 下村博文様 the Hon. Mr. Hakubun Shimomura

神宮外苑の青空と銀杏並木の風景を守ろう!巨額の建設費をかけない新国立競技場を求めます! JUST SAY NO TO A NEW TOKYO OLYMPIC MEGA-STADIUM !

  English follows below. 2020年の東京オリンピックに向けて、東京・神宮外苑にある国立競技場が全面的に建て替えられようとしています。2012年、日本スポーツ振興センターが開いた国際デザイン・コンクールによって選ばれたのは、ザハ・ハディド氏の案でした。しかし、その計画にはあまりに問題が多いといわざるを得ません。 1 神宮外苑のイチョウ並木や青空の景観を破壊します 神宮外苑は都心のなかでも緑が豊かな美しい場所です。国立競技場がある場所も風致地区で、地区計画では建築物には高さ20メートルという規制がかかっていました。しかし、新国立競技場の設計コンクールで与えられた条件は、高さ70メートル。これは20階建てのビル以上に相当します。 さらに日本青年館、明治公園、都営霞ヶ丘住宅をも取り壊す前提となっており、敷地面積は現在の1.5倍、延べ床面積は現在の5.6倍の約29万㎡(11月26日、22万㎡に縮小案が出された)です。屋根は開閉式で、観客席は常設で8万人となっています。 あまりにも巨大な建築物です。周囲に威圧感を与え、神宮外苑の風景を一変させてしまいます。そして、都営霞ヶ丘住宅の住民に移住を強要することになります。 2 常識を超えた巨額の工事費に税金が使われます。 最優秀案は、1300億円という予算をクリアしておらず、このまま建てると3000億円になるという試算が出ています。さすがに縮小の方針が出されていますが、それにしても巨額。にもかかわらず、競技に必要なサブトラックを併設していないという問題まで発覚しています。1998年に完成した日産スタジアムは収容人数7万2000人で総工費600億円。1300億円も異例の規模です。工事費、撤去費などには結局、国民の税金が使われることになります。 3 災害時の対応やバリアフリーに対し心配です。 11万㎡の敷地に29万㎡の延べ床面積ということは、まわりに余裕がないことを意味します。北京の「鳥の巣」は、21万㎡の敷地に延べ床面積26万㎡、ロンドンのスタジアムは、16万㎡の敷地に延べ床面積10万8500㎡。万が一の場合、観客を安全に誘導することはできるのか、懸念があります。 4 東日本大震災の復興を阻害すること 東日本大震災の復興と東京電力福島第一原発事故の収束は目下、国の最優先課題。そこでは現在、職人や資材不足が大きな問題となっています。巨大な新国立競技場の建設により、この問題はさらに深刻化することが心配されます。 5 次世代に負担をかける恐れがあること 8万人を集められる競技やイベントは、滅多にあるものではありません。しかし、一度施設をつくってしまえば、メンテナンスや運営費に膨大な経費がかかります。結果として、次世代に大きな負担をかけることになります。 そこで、私たちは、1964年の東京オリンピックに使われたという歴史をもつ現在の国立競技場を改修・デザインしなおすことを要望します。 これによって、 ・ 神宮外苑の景観を守る ・ 大幅なコストダウン ・ 「もったいない」という日本の美風と改修・補強技術を世界にアピールする ・ 環境と未来世代に負荷をかけない ・ 職人の手技をつたえる聖火台などを残し、1964年のオリンピックの記憶をつなぐことができます。 私たち「神宮外苑と国立競技場を未来へてわたす会」は、市民の立場からこの問題を論議し、国や都に要望を伝えていくことを目的としています。 http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/ どうかご賛同とご協力をお願いいたします。 なお、既に上記のホームページやメールなどを通じて賛同者になっていただいている方は二重になってしまいますので、ぜひまわりの方々に広めていただけますよう、お願い申し上げます。     The proposed plan to knock down Jingu Gaien National Stadium and ruin Meiji Shrine Outer Gardens to make way for a new 2020 Tokyo Olympic Mega-Stadium is a mistake. The plan has been imposed top-down without referendum via a closed design competition, nonetheless demolition is slated to begin in July. We urge everyone to stop and give serious thought to these issues, then consider greener, more democratic options:   1. A precious urban “green zone” would be lost forever The Meiji Shrine Outer Gardens are among the most famous scenic spots in central Tokyo. This “green zone” with its gingko tree-lined avenue attracts both locals and foreign tourists. The area inclusive of the existing National Stadium is a designated nature preserve, where zoning and urban planning regulations carry a 20m height limit. The proposed new Mega-Stadium, however, would rise 70m, the height of a 20-storey skycraper — an 80,000-capacity monstrosity completely out of scale with the surrounding mixed-residential environs.The proposed Mega-Stadium, over 1.5 times that of the existing arena, presumes destroying the Gardens and Kasumigaoka Public Housing facility, whose residents would be forced to vacate.   2. Constructing an unnecessary new Mega-Stadium will incur unreasonable taxes The ¥130-billion price tag has yet to be budgeted; more realistic estimates put the figure closer to ¥300-billion. Simply down-scaling the proposed plan will not significantly reduce the cost. Yet even this one venue alone will not suffice for the Olympics, so we are expected to swallow further taxation for other arenas as well.   3. The Mega-Stadium footprint would trample the entire grounds Constructing 290,000m2 of floor area on a 110,000m2 site would leave almost no margin of safety or “breathing space” around it. Compared to the Beijing “Birds Nest” at 260,000m2 on a 200,000m2 site or the London Olympic Stadium at 108,500m2 on 160,000m2, emergency evacuation becomes a logistic nightmare.   4. Reckless spending will divert resources from disaster areas where they are needed most Unnecessary mega-spending flies in the face of national priorities and relief efforts for Tohoku and Fukushima. Instead of an unnecessary scrap-and-build Mega-Stadium in Tokyo, our limited manpower, materials and funds should rightly be directed to areas hardest hit by the 2011 earthquake-tsunami.   5. Upkeep issues will plague the public for years to come Few athletic competitions — or any events — call for 80,000 spectator seats. Experts say this Mega-Stadium is an unwieldy size for most sports, a dinosaur that will see little use after the Olympics. Nonetheless, once built, high maintenance and operating costs will continue to burden future generations.   As a more viable alternative, we propose renovating the historic 1964 Tokyo Olympic National Stadium to bring it up to present-day design and safety standards. This more modest approach would: • Preserve the scenic beauty of the Meiji Shrine Outer Gardens “green zone” • Could be done faster and more easily at a fraction of the cost • Demonstrate to the world our Japanese “waste-not want-not” aesthetics and responsible community stance • Place no major burdens on the environment or future generations • Serve as a respectful “living link” to all those who lit the 1964 Tokyo Olympic flame here   We propose to hold meaningful debate on these issues from a citizens’ standpoint toward presenting our views in a frank and open manner to the national and metropolitan governments. There is absolutely no need to rush to destroy our cherished heritage. There is still plenty of time to reconsider reasonable alternatives.   We hope you will study the situation more carefully and cooperate democratically with the local community’s wishes. For further information and sign-up, please access: http://2020-tokyo.sakura.ne.jp/  《The Committee to Preserve Meiji Shrine Outer Gardens and Jingu Gaien National Stadium》                                                        

神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
88,160 supporters