特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)

1,407 Supporters

地域社会に暮らす外国人住民と日本人住民とが共に生き、助け合う社会の実現を目指して活動をしています。

Started 2 petitions

Victory
Petitioning 検察審査会

国費送還中にスラジュさんを死亡させた入管職員の起訴相当議決を求めます

1,925筆の署名を【4月18日(金)】に千葉検察審査会に提出いたしました。皆さまのご協力、ありがとうございました。 2010年3月22日、ガーナ国籍のAbubakar Awudu Surajさん(以下、スラジュさん)が国費送還中に死亡しました。同年12月、送還に付き添っていた入管職員10名が特別公務員暴行陵虐致死罪容疑で書類送検されました。 事件から2年4か月経った2012年7月3日、千葉地検はこれら職員10名に対し、嫌疑なしの不起訴処分としました。スラジュさんの死亡は、スラジュさん の心臓にもともとあったとする疾患が原因であるとし、送還中の入管職員の制圧行為(認められていない戒具での過剰な制圧)との因果関係はないという判断で す。 当初、死因は不明だったにもかかわらず、事件から2年以上経って、検察が死因としたスラジュさんの心臓疾患の発見に私たちは大きな疑問を感じていま す。仮に心臓疾患があったとしても、それが制圧行為と全く関係なく発症したというのも、とても信じられません。送還状況のビデオ撮影を入管職員自身が中止 していることは、制圧の内容が記録に残せないほど過剰で残酷な行為であったことを疑わせます。 国賠訴訟の地裁判決(2014年3月19日)にて入管職員の制圧行為の違法性とスラジュさんの死との因果関係が認められたことを受け、これまでペンディングになっていました 検察審査会への申立てをいよいよ行い、同行していた入管職員の強制起訴を求めることとなりました。日程はまだ確定していませんが、遅くとも今月末までには 申立てを行います。 申立てとともに以前からお願いしていた検察審査会宛の署名の提出も行います。これまでに1,300筆以上の署名が集まっていますが、署名 数を増やしたいと思います。再度、署名集めへのご協力をお願いいたします。署名の締切につきましては、申立て日程が決まり次第、ご報告します。 入管職員の行為は起訴相当であることは明らかです。不起訴処分は、入管職員といういわば身内に対する検察の、判断の甘さ、事実の歪曲によるものと確信しています。スラジュさんのご遺族も厳重な処罰を求めています。この事件について慎重にご審査の上、強制起訴となるよう検察審査会に判断を求めるため、 皆さまの署名のご協力をよろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
546 supporters
Victory
Petitioning 法務省 the Ministry of Justice

法務省は、2014年3月19日に言い渡されたスラジュ事件国賠訴訟地裁判決の意味を真摯に受け止め、控訴しないことを強く求めます。We demand the Ministry of Justice to refrain from appealing against the district court’s decision on 19 March, 2014!

2014年3月28日(金)、法務省に署名1,354筆(紙の署名も合わせて)を提出いたしました。皆さまのご協力ありがとうございました! 2010年3月22日、ガーナ国籍男性ABUBAKAR AWUDU SURAJさん(以下、スラジュさん)が国費送還中に死亡しました。その送還に同行していた入国管理局職員が規則では認められていない足手錠やタオル、私物の結束バンドなどを使用し、むりやりに拘束し起きた死亡事件です。スラジュさんが亡くなり、既に4年が経とうとしています。 2014年3月19日(水)、スラジュさん事件国賠訴訟の地裁判決が言い渡されました。被告(国)は原告各人(スラジュさん奥様と実母)に対し、約250万円ずつ支払えとの判決でした。 裁判所は、まず死因について、入管職員の行為とスラジュさんの死因とに因果関係があるとし、入管の制圧行為によって呼吸困難になり「窒息死」したと認めました。次に入管の行為の違法性についてですが、スラジュさんの抵抗が収まっているにもかかわらず入管職員は危険な体勢である前かがみの姿勢を強制しており、こうした制圧行為は必要性、相当性を超えているとし「違法」としました。今回の判断は、国の主張を真っ向から否定したものであり、画期的な判決です。しかしながら、判決はスラジュさんが自殺をほのめかす言動があったことなどを挙げ、こうした行為が「違法な制圧行為を自ら誘発した」と述べています。この点に関してはスラジュさんの妻、支援団体ともに、納得しているものではありません。しかしながら、今回の判決の大きな意義を鑑み、スラジュ妻と支援団体APFSはこの判決を尊重することとしました。一方、国(法務省入国管理局)は「判決内容を十分検討した上、今後の対応を考えたい」と報道各社にコメントを出しています。国が控訴をしてくる可能性が十分にあります。国が、今回の判決を真摯に受け止め、控訴しないようにするためには、今こそ、多くの皆さんの力が必要です。是非、署名にご協力をお願いします。また、ご家族・ご友人等、周りの方への呼びかけもお願いいたします。控訴期間は、判決後2週間以内と決められています。【28日(金)12:00】を集約の〆切といたします。速やかに署名をお送りください。 On March 22, 2010, Ghanaian Citizen Abubakar Awudu Suraj, died as he was being deported from Japan. The deportation was carried out without Suraj’s consent and at government expense. Moreover, it is known that Immigration Department officials accompanying him used unauthorized items-such as handcuffs on legs, a towel, and nylon ties- to restrain him before he died. Almost four years have passed since Mr. Suraj died on March 22nd 2010. We have been engaged in unraveling the truth about Mr. Suraj’s death in a trial for state compensation since August 5th 2011. The court is scheduled to deliver its judgment on March 19th this year. The counselors in the attorney team have made many facts clear, and thanks to the attention of many supporters, the truth about Mr. Suraj’s death, as well as the whereabouts of the state’s responsibility was made clear. Since this is a trial against the state, we cannot be optimistic, but there is real possibility that Mr. Suraj’s side will win the case. Therefore, we are organizing a short-term signature collection campaign as part of the ‘No Appeal Movement’ to stop the state side from appealing against the court’s decision in case the plaintiff wins the trial. Since there is already a possibility for appeal on the day of the judgment, we set the goal of collecting 10,000 signatures in one week after the day of the ‘trial winning’ judgment.If a ‘trial winning’ judgment is made, we have to mobilize right away. So that we have started the signature collecting by "change.org". We humbly ask for your cooperation!

特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
861 supporters