5G問題を考える会

787 supporters

    Started 2 petitions

    Victory
    Petitioning 総務大臣 高市早苗 様 

    5G(第5世代移動通信システム)をただちに停止してください

    2020年春からの本格稼働をめざし、2019年からプレ商用化が始まっている5G(第5世代移動通信システム)ですが、その安全性は確認されていません。  全国に約20・8万基ある交通信号機や、無数にある電柱などに5Gアンテナを設置することは、歩行者や周辺住民に強制的に電磁放射線被曝を強いる行為です。携帯電話やスマホなどから発せられる電磁放射線には、「発がんの可能性がある」と国際がん研究機関が認めています。そして、5Gで使われる電磁放射線の安全性は証明されていません。 2017年9月には、36カ国180人以上の科学者と医師たちが、欧州委員会の当局者に対して「5G普及の一時停止を求める声明文」を出しています。 彼らは、「ヒトの健康と環境に対する潜在的な危険性が、業界から独立した科学者たちによって完全に調査されるまで、5Gの普及を一時停止すること」を勧告しています。 人類のみならず、動植物を含めた森羅万象に対して有害な5Gを推進することは、国、ひいては地球そのものを滅ぼすことにつながりかねません。予防原則に則って対処することが必要ではないでしょうか。 <要望項目> 5G(第5世代移動通信システム)をただちに停止してください。 子どもたちの通学路へ5Gを設置しないでください。 保育園・幼稚園や学校・教育施設、病院・介護施設などの周辺、住宅地には5Gを設置しないでください。 <追記> 2018年6月、政府は「世界最先端デジタル国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」を閣議決定し、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを「5Gのショーケース」とする計画を立てています。 5Gは「高速大容量」「低遅延」「多数接続」が特徴ですが、これらを実現するためには、4G(第4世代)よりも周波数の高い電磁放射線(3・7GHz帯、4・5GHz帯、28GHz帯)を使う5Gアンテナを、約100メートルおきに設置する必要があります。そのために、全国に約20・8万基ある交通信号機や無数にある電柱に5Gアンテナを取り付ける予定です。 5Gでは、超高速の通信を複数のユーザーに向けて同時に行うため、「ビームフォーミング」(指向性のある電磁放射線を作り出すこと)という新たな通信技術が使われます。そのため、私たちは近距離から指向性のある強い電磁放射線を浴びる危険性が高くなるのです。  空間が5Gの電磁放射線で満たされたら、見えないところでどれほどの微生物や小動物、植物などに影響が出るかは計り知れません。 ベルギーのブリッセル首都圏地域政府のセリーヌ・フレモー環境大臣は、「市民の健康への恐れ」のために、5Gの導入をストップしていると表明(3月31日)しています。日本でも、予防原則に則って、速やかに5Gの導入をストップすることが必要ではないでしょうか。署名にご協力いただければ幸いです。 <参考情報> 電磁波の危険性についてはこちらもご覧ください。 スマホやスマートメーターから発せられる電磁波の危険性と身を守る方法(執筆者:古庄弘枝) https://www.choeisha.com/column/column45.html 5G問題を考える会 共同代表 山田 征 古庄弘枝

    5G問題を考える会
    745 supporters
    Victory
    Petitioning 石井啓一様

    「携帯電話・スマホ電源オフ車両」を国交大臣に求めます!

     携帯電話やスマートフォン(以下スマホ)など、電磁放射線を発する機器の爆発的普及によって、電磁放射線が充満する公共の交通機関である電車・地下鉄などに乗れない人が増えています。電磁放射線に暴露すると、頭痛・めまい・動悸・皮膚疾患などを引き起こす電磁波過敏症(EHS)の人は年々増え続け、実に、日本人の3・0〜4・6%の人(約300万〜460万人)がEHSの症状を訴えています(早稲田大学応用脳科学研究所「生活環境と健康研究会」の疫学グループによる調査・2016年発表)。  これらの人は、安心して公共交通機関を利用することができません。また、埋め込み型医療機器の装着者も混雑時などは、命が危険にさらされる状態となります。さらに、電磁放射線によって、最も悪影響を受けるのは、幼い子ども・赤ちゃん・胎児です。  携帯電話やスマホから発せられる電磁放射線は、2011年に世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC)によって「発がんの可能性がある」と、正式に評価された物質でもあります。  だれもが、公共の電車や地下鉄に、身の危険を感じることなく安心して乗車できるよう、全国の交通機関に最低1車両以上は「電源オフ」車両を設けることが緊急に求められているのです。 <要望項目> 各交通機関に「携帯電話・スマホ電源オフ車両」(パンタグラフのない車両に)を1車両以上設けるよう指導してください。 <参考情報> 電磁波の危険性についてはこちらもご覧ください。 スマホやスマートメーターから発せられる電磁波の危険性と身を守る方法(執筆者:古庄弘枝) https://www.choeisha.com/column/column45.html

    5G問題を考える会
    42 supporters