ラベンダーリボン

56,984 supporters

個人で活動している方々が集う、犬猫の幸せを願う会です。 入会費、会費、規則もなく、クリーンな会であることを目指しています。 参加者を常時募っております。参加ご希望の方は、ホームページの入会フォームをご記入ください。 ホームページ:https://lavenderribbon.jimdofree.com/ Instagram : lavenderribbon_ twitter :@lavenderribbon1

Started 3 petitions

Petitioning 環境省, 小泉環境大臣

締め切りを延期します!署名「繁殖犬猫の帝王切開を3回までとすることを求めます!」

「繁殖犬猫の帝王切開を3回までとすることを求めます!」 ※期限を延期します!この「繁殖犬猫の帝王切開3回まで」の署名についてですが、10月7日に議題にあげたく期限を設けておりましたが、まだ検討されなかったことと、愛護部会後に、パブリックコメント期間に入りますので、まだこの署名のアクションを続けたいと思います!   ペットブームの裏で、劣悪な環境で苦しんでいる繁殖犬猫たちが多く存在しています。 写真のわんちゃんは、8回も帝王切開され、内臓癒着し体がボロボロな状態でした。 ブリーダーから引き取った後、癒着した部分を剥がす手術と、度重なる出産でカルシウム不足になり黒くガタガタになった歯を5本も抜く手術をしました。 それまでの長い間、痛みに堪えながら生きていたのです。 現在、このような悪徳ブリーダーを取り締まるために、動物愛護法の具体的な内容が話し合われていますが、環境省は帝王切開に上限は決めなくていいと考えています。 もし、10月7日の愛護部会で帝王切開の回数について話し合いが行われない場合、それ以降、帝王切開について言及できなくなってしまいます。 これまで、ラベンダーリボンとしては、「帝王切開を1回まで」という要望を出してきましたが、7日の愛護部会の委員達に帝王切開について話し合ってもらうためにも、 まず、獣医師の健康診断による母体の状態によるという条件付きで、 「3回」を要求いたします。 今後、1回を目指して、全力を尽くしていきたいと考えています。   獣医師の方々に「複数回、帝王切開を行う場合に考えられるリスク」についてアンケートをお願いしました。リスクとして、 ・腹腔内癒着 ・菲薄化による子宮破裂 ・腹壁のヘルニア ・麻酔事故(腎不全、心不全、胎児への影響) ・感染症 ・腹膜炎 ・ショック死 ・痛みによるストレス ・衰弱 が、挙げられました。   ラベンダーリボン(個人で活動している方々が集う、犬猫の幸せを願う会です。) ホームページ:https://lavenderribbon.jimdofree.com/ Instagram : lavenderribbon_ twitter :@lavenderribbon1  

ラベンダーリボン
15,758 supporters
Petitioning 財務省

繁殖屋の監視増員のため、環境省動物愛護管理室への予算増額を!Budgeting the Ministry of the Environment for dogs and cats!

現在、動物愛護法で来年6月から、具体的な数値で悪徳業者などを取り締まれるよう、数値規制の基準案が検討されています。内容は、繁殖犬猫のケージの大きさ、繁殖回数(猫の回数はまだ環境省は検討しておりません。)、従業員一人あたりの飼育数、帝王切開の回数、交配年齢など。 数値規制の施行に伴い、抜き打ち検査で悪徳業者を取り締まる機関などが全国規模で必要ですが、人員、予算不足という声が聞こえてきています。 日本は長年、悪徳繁殖屋などの横行を防げず、犬猫に苦痛を強いてきました。何度も帝王切開され内臓が癒着している犬猫、素人による麻酔無しの帝王切開、身動きの取れないケージでの生活、汚物にまみれた犬猫など、酷い状態に置かれ、死んでいった犬猫が多くいます。 今まで、目安となる基準が無く勧告止まりであり、抜き打ち検査をせず、訪問を事前報告していました。 しかし、ついに動物愛護法で具体策である数値規制によって来年から監視や指導することができます。 徹底した監督ができるよう、 財務省に、環境省自然環境局総務課動物愛護管理室への予算増額を求めます! 数値規制は、全国すみずみに及ぶべきものです。動物愛護管理室は、犬猫の命を第一に考え、取り締まる機関を設置し、人員確保をし、綿密な計画を立てていただきたいです。 繁殖犬猫の生きる環境が改善されることを願います。   ラベンダーリボン(個人で活動している方々が集う、犬猫の幸せを願う会です。) ホームページ:https://lavenderribbon.jimdofree.com/ Instagram : lavenderribbon_ twitter :@lavenderribbon1     To increase the number of dog and cat protection personnel, Please increase the budget to the Ministry of the Environment,Japan! In Japan, dogs and cats are sacrificed because the spread of malicious breeders cannot be prevented. Dogs and cats that have undergone Caesarean section many times and have internal organs, Caesarean section without anesthesia by an amateur, Living in a cage that can't move, Dogs and cats covered with dirt,etc. But finally, the numerical regulations of the Animal Welfare Law will allow us to monitor and provide guidance from next year. To be able to supervise thoroughlyWe request the Ministry of Finance to increase the budget of the Animal Welfare Division, General Affairs Division, Natural Environment Bureau, Ministry of the Environment! We hope to improve the environment in which breeding dogs and cats live. 

ラベンダーリボン
30,675 supporters
Petitioning 小泉環境大臣 , 環境省

繁殖、保護犬猫の幸せを求めます!(数値規制の検討会に向けて)Happiness of breeding dogs and cats! (To amend Japanese law)

ペットショップやブリーダーから子犬、子猫を購入する時、かわいい子犬や子猫に目を奪われてしまいますが、その子犬猫たちには繁殖犬猫と呼ばれる親猫たちがいます。 もちろん中には優良なブリーダーの方々もいますが、一方で悪徳ブリーダーも存在します。 そこでの親猫たちは、小さな身動きのできないケージに入れられ、餌はろくにもらえず、汚物にまみれ、産めなくなれば放置されるのです。   数値規制とは、これまで動物保護団体などによる要請で自治体が現場に踏み込んでも、数字による規律が無いため、明らかに虐待であることが明確であっても、勧告しかなされていませんでした。(業務停止命令を出された業者数は平成31年度の資料によると皆無です。)   夏中に再度、数値規制に関する検討会が開かれます。その前に悪徳ブリーダーが横行できない数字の提示が求められます。ビジネス優先にならないよう、声をあげていただきたいのです。お願いいたします。   ①繁殖回数3回まで(初回の発情では体が未熟なため繁殖しない) ②帝王切開1回まで ③女の子繁殖上限年齢4歳まで ④男の子の上限年齢3歳まで ⑤ブリーダーの免許制 ⑥年数回の抜き打ち立入検査 ⑦従業員の一人当たりの頭数10頭 ⑧猫のケージの高さ180センチ ⑨尻尾、声帯を切ることは禁止 ⑩1ケージに複数飼養の禁止 ※ ①健康であることと、若年齢での解放を望み、繁殖犬猫の繁殖回数は3回まで。  数値規制が、厳しい規制になるとつぶれるブリーダーが多くなると思います。 そうするとその規制を守って、できる子犬、子猫は、当然高くなると思います。高くなっても買いたい人には、ブリーダーから直接、買ってもらって良いと思います。  ですが、そんなに高い子犬、子猫を買いたくない方々で、住宅事情から小さい子しか飼えない場合には、繁殖犬猫を飼って下さると思います。   ②帝王切開は1回まで。しかも獣医師による。  繁殖犬猫は、ほとんどが内臓癒着しています。  獣医師が手術の器具を売り、素人がやる場合があります。ほとんどの繁殖犬猫の内臓は悲惨な状態です。   ③繁殖上限は4歳まで。(男の子3歳まで)  若ければ、繁殖犬猫を飼ってくれる人が増えます。繁殖犬猫は、非常に愛情に飢えています。  とても大人しく優しく臆病な子が多いです。  生まれてから、愛された事の無い子たちに幸せを与えて下さい。    ☆こちらの署名の締め切りは、延期しています。アポ取れ次第、環境省、小泉環境大臣に提出させていただきます!すでに検討会の委員の方には提出しています。 There are many bad pet shops and breeders in Japan. Breeding dogs and cats are kept in narrow cages for life, have little food, are covered with dirt, and are abandoned when they are unable to give birth. Caesarean section without anesthesia.Sometimes they have their vocal cords cut. Animal protection groups and police were unable to arrest bad businesses due to lack of law. We request  1, Up to 3 breeding times 2, Up to one Caesarean section 3, Girl breeding age limit up to 4 years 4, Boys up to 3 years5, Breeder license system6, Field survey several times a year7,  10 dogs/cats per employee 8, Cat cage height 180 cm 9、Cutting off the tail and vocal cords is prohibited 10、Prohibition of multiple breeding in one cage We hope they are released when they are young und health Give happiness to children who have never been loved since they were born.    ハガキアクションもよろしくお願いいたします!こういったアクションも効果があるとのことです!夏の検討会までにたくさん要望を書いて送りましょう!   ☆ハガキの送り先 ☆ . 【小泉進次郎 環境大臣】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館 314号室 (数値規制に関する全ての決定権を持っています。) . 【環境省 動物愛護管理室/長田 啓室長】 〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館 自然環境局 総務課 動物愛護管理室 (長田室長は 「数値規制」 を取りまとめるキーパーソンです。) . 【環境大臣政務官/八木哲也 議員】 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第二議員会館 319号室 . 【環境大臣政務官/加藤鮎子 議員】 〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館 705号室 (小泉大臣とはアメリカ留学時代の同窓生です。) . 【数値規制の検討会委員7名】 ❶ 〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学大学院 農学生命科学研究科 武内ゆかり 教授 (検討会の進行役。ややペット業界寄りの発言あり。動物愛護部会のメンバーでもあります。) . ❷ 〒130-8606 東京都墨田区江東橋3-3-7 一般財団法人 自然環境研究センター 戸田光彦 主席研究員 . ❸ 〒180-8602 東京都武蔵野市境南町1-7-1 日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 水越美奈 准教授 (前回の検討会で、ペットフード協会会長・石山氏に反対意見を述べていました。動物愛護部会のメンバーでもあります。) . ❹ 〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学大学院 法務研究科 磯部 哲 教授 (前回の検討会で、石山氏に反対意見を述べていました。) . ❺ 〒120-0045 東京都足立区千住桜木2-2-1 帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 加隈良枝 准教授 . ❻ 〒391-0112 長野県諏訪郡原村17217-118 八ヶ岳中央農業実践大学校 佐藤衆介 畜産部長 . ❼ 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-6-11 水野ビル6階 渋谷総合法律事務所 渋谷 寛 所長

ラベンダーリボン
10,551 supporters