アニマルライツセンター

157,768 Supporters

Animal Rights Center aims for peaceful coexistence with animals, wiping out animal experiments, unethical killing of animals, cruelty toward animals and abandonment of animals.私たちは、動物への非倫理的扱いをなくし、動物が動物らしくいられるような権利と尊厳を守る活動を行っているNPO法人(特定非営利活動法人)です。アニマルライツセンターは、1987年に、動物権利に関連する様々な問題を扱いたいと願うメンバーが集まり、東京神奈川を中心とした地域から活動を開始しました。犬猫等の伴侶動物(ペット)の問題、人間の医薬や食品のためとして行われている動物実験の問題、食べ物にされる畜産動物の問題、衣類のために殺される毛皮や皮革の問題、人間の娯楽のために使役される動物園や水族館の問題など、主には人間の支配下に置かれている動物の現状を変えたいと願い、活動を続けています。

Started 9 petitions

Petitioning 株式会社京王プラザホテル

京王プラザホテル フォアグラの廃止を。

写真 animal equality 東京新宿にある京王プラザホテルが、開業45周年記念として結婚式の新メニューの無料試食会フェアを毎週末に行っています。この試食会でフォアグラが提供されています。http://zexy.net/zhpd/wedding/fair/master/c_7770001247 フォアグラには強制給餌という動物への虐待がともなっており、これほど結婚式にふさわしくないメニューはありません。また、2014年12月の「フォアグラに関する意識調査」(*)では、初めてフォアグラの飼育方法を知った人のうち「食べたくない」「あまり食べたくない」と感じた人は74.1%、という結果でした。フォアグラの生産方法を知らないカップルの結婚式に、フォアグラを提供することにも大きな問題があります。 わたしたちは2016年6月11日に、京王プラザホテルに対してフォアグラの問題を提起し、フォアグラメニューの廃止を求める要望書を提出しましたが、残念ながら京王プラザホテルからの回答は、「意見は承りますが、フォアグラメニューは継続します」というものでした。 ヨーロッパの14か国、イスラエル、アルゼンチン、インドがファグラの生産過程で行われる強制給餌を禁止したのは、強制給餌を受ける鳥が「苦しんでいる」という間違いのない事実が存在するからです。30cm~40cmの鉄パイプを、鳥ののどに強制的に挿入し、トウモロコシと油の混合されたエサを胃の奥に直接押しこむという行為を一日3~4回、2~3週間継続して行い、その間鳥の肝臓は、通常の10倍に膨れ上がります。フォアグラ生産用のガチョウやアヒルでは強制給餌による口角近辺のタダレは一般的であり、死亡率は通常のアヒル畜産場の20倍に上るという報告もあります。 ここまで残酷な食べ物を選択する必要は、どこにもありません。 いま一度、京王プラザホテルにフォアグラの暴力性に目を向けてもらい、フォアグラメニュー廃止を決断していただくために、より多くの人の声を届けたいと思います。 * http://www.hopeforanimals.org/animals/foiegras/00/id=335 フォアグラの問題についてhttp://www.hopeforanimals.org/animals/foiegras/

アニマルライツセンター
998 supporters
Petitioning The Ministry of the Environment

End owls café where the birds are constrained and immobile

“interactive” cafe using raptors such as owls A business aimed at “interaction” with animals has been spreading the last few years. Among them, cafes using owls are increasing in number. Being healed by interacting with charming owls with big round eyes, that’s the selling point for the owl café. However, the owls do not agree to heal people. It’s called “interactive” but there is no “interaction” there. Some are constrained and the others are unilaterally touching them.   Owls are used for commerce, being stuck with a short leash, not able to drink water when they want to, getting their pictures taken, and are not able to fly away when they are touched.   This petition is going to be submitted to the interactive café using raptors, and raptors store, animal welfare legislation in each municipality, and Ministry of the Environment.   We demand the interactive café to end their business model that uses raptors such as owls. We demand the animal welfare legislation in each municipality to discontinue the interactive café using raptors such as owls and to instruct placing water based on the details of standards to be complied with by first class animal handling business operators*[i], Act on Welfare and Management of Animals*2, the measures for achieving the proper care and keeping of animals exhibited*3. We demand the Ministry of the Environment to set numerical criteria of animal facilities in the details of standards to be complied with by first class animal handling business operators and measures for achieving the proper care and keeping of animals exhibited*4.   * Please visit Animal Rights Center website for the details of footnotes and issues around interaction with raptors such as owls. http://www.arcj.org/animals/zoo/00/id=919    

アニマルライツセンター
32,960 supporters
Petitioning フクロウなど猛禽類を利用する各ふれあいカフェ

拘束されて動けない フクロウのカフェに終止符を

近年動物との「ふれあい」を目的としたビジネスが拡がっています。中でもフクロウを利用したふれあいカフェを見かけることが増えてきました。 目のくりくりとした「愛らしい」フクロウと触れ合い、癒される。これがフクロウのカフェの売りです。しかしフクロウは人を癒すことに同意しているわけではありません。「ふれ合い」と言われていますが、ふれ合っているわけではありません。片方を拘束して、もう片方が一方的に触っているだけです。 フクロウたちは、短いリーシュでつながれて飛ぶこともできず、水が飲みたいときに飲むこともできず、写真を撮られ、触られても飛んで逃れることができない拘束下で、商業利用されています。 フクロウを展示販売する店もありますが、猛禽類は人の飼育下の繁殖個体であっても野生動物種です。野生動物を「ペット」にしようという考えは、野生動物に対する正しい態度とは言えません。 この署名は、フクロウなど猛禽類のふれあいカフェ・展示販売店、各自治体の動物愛護行政、環境省へ提出します。 フクロウなど猛禽類を利用する各ふれあいカフェ、フクロウなど猛禽類を展示販売する店舗に対して、猛禽類を利用したビジネスの廃止を求めます。 各自治体の動物愛護行政へは、第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目(*1)、動物の愛護及び管理に関する法律(*2)、展示動物の飼養及び保管に関する基準(*3)に基づき、フクロウなど猛禽類を利用するふれあいカフェに、拘束展示の中止並びに飲水器の設置を指導するよう求めます。 環境省へは第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目、展示動物の飼養及び保管に関する基準に、動物の飼養施設について数値基準を設けるよう求めます。(*4)   *印の注釈および、フクロウなどの猛禽類ふれ合いの問題についての詳細は、アニマルライツセンターサイトをご覧ください http://www.arcj.org/animals/zoo/00/id=919

アニマルライツセンター
32,960 supporters
Petitioning “Okuchi no Umi Carnival" Mikame Event Executive Committee, Tokihiro Nakamura (Governor of Ehime Prefecture), Kanji Miyoshi (Mayor of Seiyo City), Industrial Construction Division of Mikame Branch O...

Please ban the “Pig Rodeo”!

Please ban the “Pig Rodeo”!Animal Rights Center Japan  Please ban the “Pig Rodeo” event that takes place during the “Okuchi no Umi Carnival” held every August in Mikame, Seiyo City, Ehime Prefecture. The event, “Pig Rodeo”, is held every August during the “Okuchi no Umi Carnival” in the town of Mikame (Seiyo City, Ehime Prefecture). The “Pig Rodeo” is a contest consisting of people getting on the back of a raging pig and riding it as long as possible. This event has been held for more than 25 years with 10 pigs being used in the 2015 event. • The unwilling pigs squeal • They develop red, swollen necks and struggle to breathe • Some pigs stumble or are unable to walk, others drag their feet These are comments from people who have seen the “Rodeo” up close. In 2015 we submitted this petition to the organizers of the Carnival, but the “Pig Rodeo” wasn't stopped. That's why we decided to continue gathering signatures. When we submitted this petition to the executive committee in 2015 their opinion was that “We do not believe the Pig Rodeo to be animal abuse”. “Animal abuse” consists of inflicting external wounds, causing distress, using violence, psychological oppression, instilling fear and exploiting animals, among other abuses. According to the Ministry of the Environment, whether animal abuse takes place or not “is decided based on the physical and mental state of the animal and the state of the surroundings it's being kept in”. A video from “Pig Rodeo” in Mikame, Seiyo City, Ehime Prefecture (courtesy of Asahi Shimbun): https://www.youtube.com/watch?v=VZof9PSEB7k We from the Animal Rights Center have determined that the “Pig Rodeo” is animal abuse. We also believe that it not only violates national laws, but it also contradicts international guidelines for animal welfare called “The Five Freedoms”. Thereof 2 are being violated, namely “freedom from physical pain” and “freedom from fear and distress”. The Seiyo City's Wikipedia page states the following under the section “The Pig Rodeo problem”: This is what Seiyo City Society of Commerce and Industry, which manages the event’s Executive Committee, says about the excessively screaming and raging pigs: “The riders, the spectators, it all gets mixed up into one indistinguishable burst of laughter”. The Law for the Humane Treatment and Management of Animals states the following: “In recognition of the fact that animals are living beings, all people are required not only to refrain from killing, injuring, and inflicting cruelty upon animals, but also treat animals properly while taking the need for symbiosis between people and animals and the natural habits of animals into account”. Could the “Pig Rodeo”, the watching of unwilling pigs while the crowd laughs, be said to involve the consideration of animals as living beings? Are they not suffering in vain? Is this supposed to be an example of the coexistence of humans and animals? All over the world more and more people are becoming critical of the use of animals for entertainment. More than 30 countries have already banned or regulated the use of animals in circuses. The so-called “tradition” of bullfighting has also been banned in some parts of Spain, and in 2015 Costa Rica decided to close down public zoos. 13 countries have made it illegal to breed dolphins in aquariums and in 2015 India announced that it will ban dolphin shows. When the city of Istanbul in Turkey abolished dolphin aquariums, the mayor justified it with the words “We shouldn't have entertainment that preys on animals”. Many people agree that they don't want to torment animals. Please help us end the suffering of pigs and sign this petition.  

アニマルライツセンター
1,228 supporters
Petitioning Ministry of Health, Labour and Welfare and other associated organisations

End cruel treatment of animals at slaughterhouses

*this video was filmed in 2015, japan. Carried in trucks, terrified cows are kicked from the truck, their tails are twisted or even crushed to force them to move. In order to make pigs move, stun-gun are used excessively.  Pigs suffering from disease are left for an extended amount of time, then hung by the leg and dragged away.  Animals that are carried to the slaughter house in the afternoon are not fed and are butchered the next day. They are not even given water. (They are seen drinking dirty water from the ground while they are being washed)    Cruelty and inhumane actions towards animals at slaughter houses is not the responsibility of individuals. It is an issue of the system. We request the government to make an effort in stopping animal cruelty.  At the least individuals and slaughter house should be made aware of  the OIE Terrestrial Animal Health code.   Points on slaughterhouses extracted from the OIE Terrestrial Animal Health code.  “...mammals and ratites which are not taken directly upon arrival to the place of slaughter should have drinking water available to them from appropriate facilities at all times.” “Animals which have not been slaughtered within 12 hours of their arrival should be fed, and should subsequently be given moderate amounts of food at appropriate intervals.” “Under no circumstances should animal handlers resort to violent acts to move animals, such as crushing or breaking tails of animals, grasping their eyes or pulling them by the ears.” “The throwing or dropping of animals, or their lifting or dragging by body parts such as their tail, head, horns, ears, limbs, wool, hair or feathers, should not be permitted.” “Electric goads and prods should only be used in extreme cases and not on a routine basis to move animals. The use and the power output should be restricted to that necessary to assist movement of an animal and only when an animal has a clear path ahead to move. Goads and other aids should not be used repeatedly if the animal fails to respond or move. In such cases it should be investigated whether some physical or other impediment is preventing the animal from moving.” “Painful procedures (including whipping, kicking, tail twisting, use of nose twitches, pressure on eyes, ears or external genitalia), or the use of goads or other aids which cause pain and suffering (including large sticks, sticks with sharp ends, lengths of metal piping, fencing wire or heavy leather belts), should not be used to move animals.” “Injured or sick animals, requiring immediate slaughter, should be killed humanely and without delay”     *OIE Code for slaughterhouses http://www.oie.int/animal-welfare/animal-welfare-key-themes/   *Japan’s Slaughterhouse issues, and the Ministry of Health, Labour and Welfare’s thoughts  http://www.hopeforanimals.org/animals/slaughter/

アニマルライツセンター
29,131 supporters
Petitioning 厚生労働省ほか関係機関

と畜場での残酷な行為を廃止してください

日本では一秒間に24頭の牛・豚・鶏が食用に殺されています。 食卓に並ぶ肉や卵や牛乳のために飼育される動物が、どのような最期を迎えるのか、見たことがある人はほとんどいません。苦しまないよう安楽な最期を迎えていると思っている方もいるかもしれません。 しかし事実はそうではありません。この動画は2015年に日本で撮影されたものです。撮影されているのは、食用に飼育されてきた豚と牛の最期の一日の様子です。 はじめに出てくるのはと殺場に運ばれてきたばかりの豚たちです。何度も何度もスタンガンを押し当てられ、トラックから係留場に無理やり追い込まれます。係留場に入ると体についている糞尿を洗い流すためにシャワーが一定時間かけられます。このシャワーには冬でも冷水が使用されています。翌日と殺されるまでの間に豚たちが飲める水は、この自らの体の汚れを洗い落とした糞尿まじりの水だけです。この水を、コンクリート床に口を当てて舐めるように飲みます。彼らがこの世で口にする最後の水が、この糞尿混じりの水でした。 次に出てくるのは、病気の豚です。この豚は、と殺場に着いた時点ですでに病気で立てなくなっていました。どちらにしてもと殺されます。本来なら出来るだけ苦しみを長引かせないように最優先でと殺すべきです。しかし、コンクリートの上に長時間放置されます。その後、足を鎖でくくりつけられ、意識のあるまま逆さ吊りにされ、食肉解体場に引きずられていきました。 最後に出てくるのは牛です。牛はとても臆病な生き物です。見知らぬ場所に連れてこられ、知らない牛の鳴き声と様々な機械音を聞き、何度も食肉解体所のほうを伺い、容易にトラックから降りようとしません。その怯えて動かない牛のしっぽを折り曲げ、繰り返し執拗に捻り上げます。ときに下半身を蹴りあげ、無理やり歩かせます。 「どうせと殺するのだから仕方がない」というのならば、私たち人もいずれ死ぬのだからどんな目に合ってもかまわないという論理になります。 そのような野蛮な論理を国際社会は認めていません。 何度もスタンガンを押し当てる・係留所で水や餌を与えない・病気の動物を長時間放置する・意識のある動物の四肢をつかんで引きずる・尻尾を何度もねじるといった行為は、世界動物保健機関が定めた国際基準(OIEコード)で禁止されています。しかし日本では、このOIEコードが守られていません。日本もこのコードの作成に参加しています。にもかかわらず、2005年にこのコードができて以来、国はこのコードを自治体に周知すらしていない状況です。 私たちアニマルライツセンターはこういった状況を変えるべく、関係省庁・食肉衛生検査所・と畜場への働きかけを行ってきましたが、今もOIEコードは無視され動物たちの苦しみは続いています。 国が国際基準を自治体にすら周知しなかったために、このような残酷な行為が続き、そして、日本の現場は世界から取り残されていっています。 動物たちの最期の日に、せめて、きれいな水を飲ませて下さい。 動物たちの最後の日に、動物を傷めつけないで下さい。 国は、最低限国際基準を守るように、自治体と畜産に関わる業者に指導してください。  この署名は、このような残酷な行為を望んでいないという市民の声を集め、再度関係機関へ働きかけを行うために立ち上げたものです。 どうか皆さんの力を貸してください。   *OIEコード「動物のと殺」http://www.oie.int/animal-welfare/animal-welfare-key-themes/ *日本のと殺の問題http://www.hopeforanimals.org/animals/slaughter/

アニマルライツセンター
29,131 supporters
Petitioning 「奥地の海のカーニバル」みかめイベント実行委員会

豚のロディオを廃止してください!

署名集約団体:NPO法人アニマルライツセンターPEACE ~命の搾取ではなく尊厳をアニマルウェルフェア推進ネットワークヘルプアニマルズ 賛同団体:NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)認定NPO法人えひめイヌ・ネコの会犬猫救済の輪NPOハッピーアニマルくまもと   愛媛県西予市三瓶町(せいよしみかめちょう)では、毎年8月に開催される”奥地の海のかーにばる”というイベントで「豚のロディオ」がおこなわれています。 「豚のロディオ」は、豚の背中に人が乗り、暴れる豚にどのくらいの時間乗っていることができるか競うというものです。 この豚のロディオは25年以上続いており、2015年には、10頭の豚が使用されています。   「豚は嫌がり鳴き叫んでいた」 「首を赤く腫らし苦しそうに息をしていた」 「ヨロヨロとよろけ歩けなくなる豚や、肢を引きずる豚がいた」  これらのコメントは、このロディオを見た人から寄せられたものです。 わたしたちは2015年、この署名を「奥地の海のカーニバル」実行委員会に提出しましたが、豚のロディオは廃止していただけませんでした。そのため現在も引き続き署名を集めています。 2015年に署名を提出した際の実行委員会の回答は「豚のロディオを虐待とは考えていない」というものでした。  「動物虐待」とは、動物の身体に外傷が生じる又は生じる恐れのある行為 ・ 暴力を加える ・ 心理的抑圧、 恐怖を与える ・ 酷使などの行為で、「動物自身の心身の状態・置かれている環境の状態によって判断される。」と環境省は示しています。 愛媛県西予市三瓶町 豚のロディオ(朝日新聞社配信動画) https://www.youtube.com/watch?v=VZof9PSEB7k   わたしたちアニマルライツセンターは「豚のロディオ」を動物虐待と判断しています。そして国内法に反するだけではなく、動物福祉の国際指標「5つの自由」のうちの2つ、“肉体的苦痛からの自由”“恐怖や悲しみからの自由”にも反すると考えています。  このロデオに使用されるブタはすべてメスだということです。ある養豚業者は次のように言っています。 「発情期でもないのに上に乗られるのは、雌豚にとってレイプされるのと同じ気持ちだろう」   西予市のウィキペディアの「豚のロディオ問題」の項には次のように書かれています。 イベントの実行委員会を組織する西予市商工会は、あまりの重さに叫び声を上げ暴れ回る豚について、「乗る人、観る人共に爆笑の渦となります」としている  動物愛護管理法には次のように書かれています。 “動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。”  嫌がる豚を見て「爆笑の渦」となる豚のロディオは、動物が命あるものであることに配慮していると言えるでしょうか? みだりに苦しめていないといえるでしょうか? これが人と動物の共生でしょうか?   動物を娯楽に利用することに対しては、国際的な批判が高まりつつあります。 30か国以上がサーカスでの動物利用を禁止・規制しており、伝統と言われる闘牛もスペインの一部では禁止、2015年コスタリカは国立動物園の閉鎖を決定しています。13か国が水族館でのイルカ飼育を禁止しており、2015年はインドがイルカショーの禁止を発表。トルコ イスタンブール市でイルカ水族館を廃止した際、イスタンブール市長は「動物を犠牲にした娯楽はあるべきではない」とその理由を明確にしています。  ロデオについては(豚のロデオということではなく、一般的なロデオについて)カナダのバングーバー市、カナダのノースバングーバー地区、イギリス、オランダ、オーストラリアのオーストラリア首都特別地域、少なくとも5つのアメリカの管轄区で禁止されています。 動物を苦しめたくないというのは、多くの人の共通の思いです。 これ以上豚たちを苦しませないために、どうかみなさん、署名にご協力をお願い致します。   *署名の際、ぜひ皆さんのお気持ちをコメント欄に入力してください。 いただいたコメントは愛媛県知事、西予市長、三瓶支所、西予市商工会へそれぞれメールで配信されます。(賛同者の個人のメールアドレスは表示されません)。誹謗中傷ではなく先方への礼儀を守り、みなさんのお気持ちを適切な形でコメントしていただけるようお願いします。

アニマルライツセンター
12,876 supporters
Petitioning Japanese biggest family restaurant chain SKYLARK CO., LTD

Please stop selling foie gras menus

SKYLARK , the Japanese nationwide family restaurant chain which includes Gusto and Jonathan, is continuing to sell foie gras So far, it has bought over 30 tons of foie gras from producers directly― that’s over fifty thousand birds.   Foie gras is produced through gavage, the forced administration of food. Everyday for two to three weeks, ducks and geese are force-fed between one- fourth and one-third of their body weight, by means of a long feeding tube that is forced down directly into their stomachs, so they can’t vomit. It is written that SKYLARK’s foie gras has IGP Certification. However IGP Certification is a production area certification - It tells us nothing about what kind of treatment and conditions the animals endure.  All foie gras production involves gavage.   SKYLARK admits that the force-feeding of birds is taking place, but seems to think that “cruelty-free” gavage is being performed. We however, maintain that it is impossible to perform gavage without cruelty. The footage below shows scenes of gavage taken in three IGP-Certification firms. http://www.l214.com/enquetes/foie-gras-Elysee-Perigord/   Gavage is now prohibited in almost all member states of the European Union. Israel used to be world's fourth largest producer of foie gras but it has already prohibited the production of foie gras in its own country, and discussions are underway about also banning the import and selling of foie gras produced by gavage.   In December, 2013, Amazon UK prohibited the sale of foie gras through its web site. In January, 2014, the last supermarket chain in Denmark to sell foie gras, stopped dealing in foie gras. In January, 2014, Family Mart, one of the biggest convenience store chains in Japan, stopped selling boxed lunches which contain foie gras. In July, 2014, India prohibited the import of foie gras.   This anti-gavage movement is also prevailing in the apparel business where outdoor brands such as The North Face and Patagonia have declared that they will no longer use down from birds on which gavage has been performed. In Japan, UNIQLO also has not used down from gavage-birds since Autumn/ Winter season 2013.   There are many people who hope for an end to cruelty. According to an ARC Japan survey, on animals used in food production, conducted last year When people, who hadn’t, previously, known how foie gras was produced, were informed: 51.5% said: “I no longer want to eat it”. 22.6% said: “I don’t really want to eat it any more”. This shows that when informed how foie gras is produced, 74.1% of people show an aversion to foie gras. SKYLARK says that although they have no plans to stop selling foie gras for now, they are willing to hear various opinions on the sale of foie gras and take them into consideration. We will send SKYLARK our petition in the hope that that they will make an animal-friendly choice and stop dealing in foie gras.   ------------------------------    Animal Rights Center Japans an NPO working to raises awareness about Animal Rights, and create a network for people interested in animal issues.

アニマルライツセンター
4,647 supporters
Petitioning すかいらーく

すかいらーくさん、フォアグラメニューの廃止をお願いします。

すかいらーくが全国にチェーン展開するファミリーレストラン、ガストやジョナサンが、継続してフォアグラメニューを出しています。フォアグラ生産者から30数トンのフォアグラを買い付けてもいます。30数トンというと、鳥5万羽分以上です。 フォアグラは、アヒルやガチョウたちに、一日体重の1/4から1/3の量の餌を、吐き出せないよう、長い棒で、胃まで直接流し込む「強制給餌」によってつくられます。この強制給餌は2~3週間続けられます。 すかいらーくのフォアグラはIGP認定のフォアグラと記載されていますが、IGP認定は生産地の保証であり、動物に良い飼育を行うことを意味するものではありません。全てのフォアグラ生産において、強制給餌が行われています。 強制給餌が行われていることは、すかいらーくも承知しています。そのうえで「残酷ではない強制給餌」が行われていると考えているようです。 しかし「残酷ではない強制給餌」は存在しないと私たちは考えます。下記の動画は、IGP農場で撮影された強制給餌ですhttps://www.youtube.com/watch?v=uKc6g12IzK0 強制給餌は、殆どの欧州連合加盟国で禁止になっています。かつて世界第4位だったイスラエルは、すでに自国におけるフォアグラの強制給餌を禁止。現在は強制給餌されたフォアグラの「輸入販売」も禁止すべきではないか、との議論が行われています。 2013年10月 英国amazonはWebサイトでのフォアグラの販売を禁止。 2014年1月 フォアグラの販売をデンマークで唯一継続していたスーパーマーケットチェーンが、その取り扱いを中止。 2014年1月 ファミリーマートがフォアグラ弁当の発売中止。 2014年7月 インド フォアグラの輸入を禁止。 アパレル業界にも動きは広がっています。The North Face、 Patagoniaのような、アウトドアブランドのいくつかは、フォアグラの強制給餌が行われたダウンを使用しないことを表明。日本でも、ユニクロが2013年の秋冬商品からは、フォアグラにされた鳥のダウンは使用していません。 残酷なことをなくしたいというのは多くの人の望むことです。 私たちアニマルライツセンターが昨年に行った畜産動物に関する意識調査では、フォアグラの生産方法を知らなかったと答えた人のうち、「フォアグラを食べたくない」と答えた人は51.5%、「あまり食べたくない」と答えた人は22.6%であり、74.1%の人がフォアグラに対する拒絶感を示しています。 すかいらーくでは、現状フォアグラの廃止はしない、しかし、引き続きフォアグラの販売についてさまざまな意見を聞いて検討してくれる、とのことです。フォアグラ廃止という、動物に優しい選択をしていただけるよう、署名を届けたいと思います。

アニマルライツセンター
13,837 supporters