キャンペーンガイド

Change.orgキャンペーンガイド|意思決定者に働きかけよう

Jan 1, 2017

多くの方に賛同されるキャンペーンを作ることができたら、次は変化を実行することのできるデシジョンメーカー、つまり意思決定者と直接つながるよう、働きかけてみましょう。

望む変化を実現するためには、それを実行できる意思決定者と直接つながることが欠かせません。メール、 メッセージ、または電話を利用して、直接や、電話での会議を求めましょう。意思決定者が会うことを拒否しても、心配する必要はありません。メッセージを彼らに届けるには、他の方法もあります。もし、誰が意思決定者なのか分からないときは、正しい意思決定者を選ぶため、このページを参考にしてみてください。

意思決定者とつながり、巻き込むためのステップは次の通りです。

  • ステップ1:面会を依頼する
  • ステップ2:面会に向けて準備する
  • ステップ3:求めるものを説明する
  • ステップ4:継続的に連絡を取る

ステップ1:面会を依頼する

意思決定者との会議(対面でも、電話でも構いません。)を常に要求しましょう。もし彼らが会おうとしないのであれば、署名の提出をすることで世間の注意をひきましょう。

変えたい問題に関して、一番重要な決定をできる人との会議を依頼しましょう

政府や会社など、組織というものは複雑で、役職についているからといって、実際に意思決定できる人物ではないことがあります。キャンペーンに影響を与えられる人物の名前を手に入れるまで、調査や質問を繰り返しましょう。そこでたどり着いた人物こそが、会うべき人物です。

助手やスタッフを最大限活用しましょう

意思決定者が政府高官や会社役員の場合、彼らの直接の連絡先を手に入れるのは難しいかもしれません。まずは、ウェブサイトなどで、スタッフや助手の連絡先を調べましょう。

面会について、賛同者に知らせましょう

面会や署名提出のスケジュールが決まり次第、キャンペーンの賛同者に知らせましょう。賛同者は、キャンペーンを賛同したことを喜びますし、面会予定を公開することで、意思決定者が会議に出席するようプレッシャーを与えられます。

例:

decisionmakers01

実際のページはこちら

ステップ2:面会に向けて準備する

意思決定者との面会は変化を生み出す大きなチャンスになるので、準備が大切です。

仲間と練習しましょう

事前に友人と面会の練習をして、キャンペーンについて話すことに慣れておきましょう。また、関連する事柄の詳細を把握しておきましょう。その時、意思決定者がどんな発言するか予想して、返答を用意しておきましょう。

何を交渉したいのか確認しましょう

大抵の場合、変化を起こすために交渉は不可欠です。事前に交渉の範囲を決めましょう。何が交渉可能であり、意思決定者の提案をどの程度受け入れることができるのか、正直に話しましょう。

署名を持っていきましょう

印刷するか、フラッシュドライブやCDにデジタルコピーをダウンロードして、署名を持っていきましょう。署名や賛同者からのコメントを見せられることは、意思決定者に対して力強い主張になります。

Step3:あなたの望むものを説明する

明確で具体的なことを求めましょう

具体的な事柄を要求しましょう。例えば「動物たちをより良く扱う」ではなく、「動物たちに最低1平米以上の空間を与える」といったように説明することが大事です。要求したことに対して意思決定者がアクションしたのかどうか、明確に知る必要があります。具体的な要求を伝えることで、後からの評価もしやすくなります。

例:

decisionmakers02

実際のページはこちら

あなたのストーリーを伝えましょう

この問題があなたにとってなぜ重要なのか、どのように影響しているのか説明しましょう。賛同者から印象的なコメントがあった場合は、それらも同様に伝えましょう。要求が通った場合に、あなたと賛同者がどれだけ幸せに思うか、意思決定者に伝えましょう。

相手の意見も聞きましょう

キャンペーンに対して一貫した態度でいる必要はありますが、意思決定者側の言葉に耳を傾ける姿勢も忘れずにいましょう。時に彼らは、あなたの知らなかった解決方法を提示してくれることもあります。

次に何が起こるのかを説明しましょう

意思決定者から反応が得られなかった場合、キャンペーンを成功させるために、あなたが活動を続けることを説明しましょう。例えば、より多くの賛同者にメールする、メディアを活用する、イベントを開催するなどの方法があります。

次のステップを確認しましょう

意思決定者と同意した次のアクションを書き留め、面会の最後に繰り返し確認しましょう。すべてのアクションに対して、期限も決めましょう。

ステップ4:継続的に連絡を取る

感謝のメッセージを送りましょう

面会の後、感謝のメッセージと、同意事項や次のアクションも記載した面会の要約を送りましょう。あなたと賛同者が、この問題に対してどれほど本気でコミットしているかを示す機会になります。

面会について賛同者に報告しましょう

面会がどのように行われたか、賛同者にこれからどうしてほしいかを伝えるため、賛同者にメッセージを送りましょう。次はメディアと接触し、面会でどんな話が出たかを伝えるといいかもしれません。

例:

decisionmakers03

実際のページはこちら

意思決定者に責任を持ち続けてもらいましょう

意思決定者が約束したことを履行しているか確認するために、動向を常に追い、進捗を確認する日を設定しましょう。

次の一手を計画しましょう!

面会結果をもとに、次のアクションを決めましょう。意思決定者が要求に同意したならば、勝利を宣言し、賛同者にそのニュースを知らせましょう。もし拒否したならば、彼らの態度を変えさせるためのアイデアを賛同者と一緒に考えましょう。解決に向けて働きかけているならば、意思決定者とも賛同者ともつながり続けましょう。


Change.orgキャンペーンガイド

メディアを巻き込もう<前|目次|>次成功を宣言しよう

 

kaiin-banner