キャンペーンガイド

Change.orgキャンペーンガイド|キャンペーンを広げよう

Jan 1, 2017

キャンペーンを作成した後は、この問題の認知度を高め、問題解決に向けて支援を得るため、より多くの賛同を集める必要があります。どんな方法でキャンペーンを拡散できるでしょうか?

このページでは、あなたのソーシャルメディア上の友人やキャンペーンに興味がありそうな人に対して、キャンペーンを適切にシェアする方法をご紹介します。

  • ソーシャルメディア上で共有する
  • メールを送る
  • キャンペーンの進捗をお知らせする
  • ソーシャルメディア上の会話に混ざる
  • キャンペーンのハッシュタグを作る

ソーシャルメディア上でシェアする

作成したキャンペーンは、Change.orgのソーシャルメディアシェアツールで、簡単にFacebookやTwitterなどで共有できます。

キャンペーンページにログインして、右側のメニューをみてみましょう。まだ賛同していないキャンペーンには「今すぐ賛同」ボタンが表示されています。

「Facebookの友達とシェア」にチェックをいれて賛同すれば、自分のアカウントと連携しているFacebookアカウントに投稿されます。

share01

作りたてのキャンペーンは、まだ賛同者はゼロです。まずは発信者自身でこの方法で賛同し、Facebook上で自分のキャンペーンをシェアしてみましょう。

もしFacebookのアカウントを持っていないとしても大丈夫です。賛同を済ませたキャンペーンは、右側のメニューが「キャンペーンをシェア」というツールに変わっています。Facebookでの投稿、Facebookメッセージでのシェアの他に、Eメール、Twitter、リンクのコピー、外部サイトへの埋め込みなどのボタンが用意されています。

share02

このツールを何度でも利用して、FacebookやTwitterでキャンペーンを広範囲に拡散してみましょう。 ログイン後キャンペーンページに来れば、このツールはいつでも利用できます。また、投稿にコメントを追加すれば、フォロワーに更新状況を伝えることもできます。

ソーシャルメディアでキャンペーンをシェアする以外にできること

  • キャンペーンの内容や地域に関連するFacebookグループを探し、キャンペーンをシェアする
  • キャンペーンの内容や地域に関連するオンライン掲示板やコミュニティ、ブログなどを探し、キャンペーンについて書き込む
  • 関連するニュース記事のコメント欄にキャンペーンについて書き込む
  • キャンペーンのテーマに詳しいインフルエンサー(ソーシャルメディア上でフォロワー数などが多い人や、ブログが広く読まれている人など)にキャンペーンを含めたメンションやコメントを飛ばし、リツイートや拡散を依頼する

メールを送る

友人や家族にメールして賛同をお願いするのは、ソーシャルメディアのシェアと同様、支援の輪を広げ、賛同を集めるためのよい方法です。

友人や家族に賛同を頼むことは、キャンペーンの勢いを加速させるために最適な方法です。単純に賛同者数が増えるだけでなく、あなた以外の別の人からもシェアがあることで、あなたの周りの人にこのキャンペーンがどれほど重要かを示すことができます。

サンプルメッセージはたとえば次の通りです。

===

こんにちは!

私は「わたしの娘を助けてください」というキャンペーンに賛同したのですが、このキャンペーンに賛同してもらえるのではないかと思い、連絡しました。

目標は50万の賛同を集めることで、さらなる支援を必要としています。

以下のURLから詳細を確認の上、賛同できるので、ぜひ見てください。

https://www.change.org/p/help-save-our-daughter-hannah…

あなたからの賛同が大きな力になります!
よろしくお願いします。

===

キャンペーンの進捗をお知らせする

「キャンペーンの進捗」ツールの活用は、より多くの賛同を集めるだけでなく、賛同者に最新の状況を知らせ、キャンペーン成功のための行動を促す効果的な方法です。

いじめを受けた娘の母親としていじめ防止の法律のために戦ったアンジーさんは、このツールを使ってキャンペーンの進捗を賛同者に送り、キャンペーンの成功に必要な賛同を得ました。

下のビデオでは、アンジーさんが自分のストーリーを語り、Change.orgのSenior Campaignerであるケリー・ソーヤーがキャンペーンの進捗ツールを使って、チェンジを起こす方法を説明しています。(英語のみ)

キャンペーンの進捗ツールを用いて、キャンペーンを成功に導くには

1.キャンペーンに、何か起きるたびに進捗をお知らせする

賛同者はキャンペーンにとても関心があり、自分が賛同したキャンペーンに何が起こっているのか知りたがっています。共有すべき情報があるなら、たとえ毎日でも送りましょう。少なくとも週1回は情報を共有してください。

image003

実際のページ

2.進捗をお知らせの使い方は自由ですが、たとえば以下のようなときに利用してみてください
  • キャンペーンに関連する報道のニュース記事をシェアするとき
  • 賛同者にキャンペーンを成功させるためのアイデアを募ったり、協力者となってくれそうな人の連絡先を尋ねるとき
  • 宛先となっている意思決定者と連絡を取っていることを伝えるとき
  • 賛同者に賛同以外の方法でキャンペーンを支援するよう依頼するとき(寄付してほしいとき、宛先のFacebookやTwitter、問い合わせ窓口等に投稿してほしいときなど)

image005

実際のページ

3.進捗のお知らせには、賛同者に何かアクションを取るようお願いしてみましょう。

たとえばこんなお願いをしてみましょう。

  • 「より多くの人がキャンペーンに興味を持つように、ニュース記事を読んで、キャンペーンのリンクと一緒に共有してください」
  • 「キャンペーンを成功に導くアイデアがあればコメントしてください」
  • 「キャンペーンの宛先にTwitterでメンションをしてください」
  • 「政府が募集しているパブリックコメントに投稿してください」

image007

実際のページ

ソーシャルメディア上の会話に混ざる

宛先となっている人がオンライン上の会話を主導していたり、Twitter上にあなたの問題意識に近い特定のハッシュタグが付いた会話はありませんか? キャンペーンに注目を集めるために、まずはハッシュタグを使いキーワードを広めてみましょう。

また、宛先となっている人物や団体にソーシャルメディアアカウントがある場合、そのアカウントにキャンペーンをメンションしたりコメントしましょう。同様に、キャンペーンのテーマに関連する分野でよく発言しているインターネット上の著名人(フォロワー数の多い人、ブログが広く読まれている人など)にメンションやコメントなどを使ってキャンペーンを紹介してみましょう。

キャンペーンのハッシュタグを作る

多くの人や団体がツイートしたいと思うキャンペーンに取り組んでいますか?キャンペーンが特に長期にわたるようなら、賛同者が長期的にキャンペーンの進捗を追ったり、ソーシャルメディアで互いに話しあえるように、キャンペーンのハッシュタグを作成しましょう。

ハッシュタグはできるだけ短くして、できるだけ広範囲に拡散しておく必要があります。 略語や頭字語で作ってみるのも良いでしょう。 キャンペーンの印象を良くするために、ハッシュタグの名前は正式名称で使えるように少し長くしたり、意思決定者の名前もつけることもできます。


Change.orgキャンペーンガイド

キャンペーンを立ち上げよう<前|目次|次>キャンペーンを盛り上げよう

 

kaiin-banner