Change.orgからのお知らせ

【FAQ】署名活動への寄付・募金のよびかけ方

Aug 27, 2020

Change.orgでは、発信者が賛同者から寄付を集めるクラウドファンディング機能は提供していません。Change.org上で賛同者を集めるための機能はすべて無料でご利用いただけますが、キャンペーンにかかる経費(署名簿を提出する際の印刷代や交通費、打ち合わせや会議の経費、イベント運営費用など)については、発信者の方に自前でご用意いただくかたちになります。

 このFAQでは、「ポケットマネーで行う活動」から「オンラインで賛同者から寄付・募金を集めて行う活動」にステップアップするコツをお伝えします。

関連記事:

【FAQ】Change.orgでオンライン署名を立ち上げると、お金はもらえるの?

【FAQ】Change.orgへの支払いについて

進捗投稿で寄付・募金を呼びかける

活動への寄付のオンラインでの呼びかけ方は、「外部のクラウドファンディングサイトを併せて使用する」「団体の銀行口座番号をお知らせし、直接振り込んでもらう」のふたつがメジャーな方法です。

Change.orgの「進捗状況を投稿する」機能を使って、クラウドファンディングのURLや、団体の口座番号を伝えることができます。キャンペーンページ左上の管理ダッシュボードから「進捗状況を投稿する」という機能を使うと、新しい情報がサイトに表示される他に、これまで賛同した人たちに一斉に通知メールが送信されます。1万人の賛同があれば、その賛同者に進捗投稿のたびに連絡をとることができます。

関連記事: キャンペーンガイド「キャンペーンの進捗を使いたおす!

団体名義の口座を作る方法

団体名義の銀行口座は、法人格がなくても一定の書類を準備すれば開設できる場合があります。たとえばゆうちょ銀行では、公式ホームページによると、以下の用件を満たせば任意団体(法人格のない団体)でも口座の開設が可能であるとのことです。

・団体としての組織を備えていること

・多数決の原則が行われていること

・構成員の変更にもかかわらず団体そのものが存続していること

・その組織において代表の方法、総会の運営、財産の管理等団体としての主要な点が確定していること

※2020年8月25日現在の要件です

こうした要件を満たしており、必要書類を用意すれば、「Change.orgでキャンペーンをきっかけに、数人規模のグループで活動するようになりました」という方々も、任意団体名義の口座をつくることができます。「NPO法人のようなしっかりした団体をつくりたいわけではない」「でも、個人の銀行口座番号をインターネット上に載せたくない」といった場合にも、ご検討ください。