Change.orgからのお知らせ

大きな成功を分かち合う|イベント開催報告

Change.org
Aug 4, 2017

110年ぶりの成果の裏側を知る勉強会を開催!

Change.orgは、何かを「変えたい」と思っている人自身が働きかけられる社会を実現することをミッションとしています。

そこで、今回110年ぶりの成果とも言われる刑法性犯罪の改正を後押ししたキャンペーン「『イヤよイヤよは嫌なんです』性暴力被害者が前向きに生きられる日本に!」を立ち上げた4つの団体の発信者たちに登場してもらい、社会を変えたいと感じ始めている人にヒントになるような内容を伝えてもらいました。

キャンペーンを行ったメンバーは皆それぞれ、性暴力の被害経験があったり、女性のいきづらさを変えたいといった活動を行っていました。

そういった、一人一人の経験や声を、署名やワークショップ、アート作品などなど様々な活動を通して周りの人を巻き込んで行き、多くの人の声に変え、国会で法案を決議する意思決定者である政治家たちにまで届けていきました。

この過程には、性暴力や女性に関する課題だけでなく、社会の様々な課題の解決にも役立てていけるノウハウが詰まっています。

キャンペーンを実際に立ち上げるまでにどのような流れがあり、それをどう活用したのか。どのように戦略を立てたのか。性暴力の問題に関心のない層の人々まで関心を持ってもらうためにどのような取り組みをしたのか、といった話を、実際の現場で起こったことを交えて話してもらいました。

会場には、性暴力や、女性や子供の社会問題に関わる方々を始め、社会を変えるための活動をしてみたいという方々が集まり、市民の声が法律の改正を後押しできた理由を知りたいという熱気に包まれていました。

当日のプレゼン内容を、登壇団体の皆さんが以下にまとめてくださっているので、ご興味のある方はご覧になってみて下さい。

https://tomorrowgirlstroop.com/believe-1

https://drive.google.com/file/d/0B8yrLtcCH1EoTUFfb19JQjNqU00/view

当日のイベント内容を紹介する記事はまた後日公開しますので、お楽しみに。

これからに向けて

今回のイベントは大変盛り上がり、準備は大変でしたが、本当に実施してよかったなと思いました。

この内容をもとに、自分でもキャンペーンを始めよう!と立ち上がる人たちが増え、社会を変える事例がChange.org上でも、その外でも、増えていくことを楽しみにしています。

これからも、Change.orgで成功を収めた事例を報告するイベントを実施していきたいなと思います