取調べの全過程可視化と全証拠開示で冤罪を無くそう!
  • Petitioning 法務大臣

This petition will be delivered to:

法務大臣
衆議院法務委員会
参議院法務委員会

取調べの全過程可視化と全証拠開示で冤罪を無くそう!

    1. 桜井 昌司 Shoji Sakurai
    2. Petition by

      桜井 昌司 Shoji Sakurai

      茨城県 / Ibaragi, Japan

今、法務省の法制審議会では、郵政不正事件で村木厚子さんを「犯人」とするために、検察官が証拠の改ざんを行った不祥事をきっかけとして、「自白に過度に依存した捜査・公判の在り方の見直しや取り調べの録音・録画制度の導入を検討する」として、審議が行われてきました。 

ところが、結論は「録音・録画の実施は取調官の意思に任せる」とされ、更には「司法取引の導入」や「捜査官による電話などの盗聴」など、捜査官の権限を拡大させるだけの結果になる可能性が高まっています。

私は冤罪の被害者としてこの結論に反対です

警察官は、その職業上、逮捕した人を正しく判断できないのです。常に犯罪者を相手にすることで生まれてしまう職業上の「悪意」は、強引な「自白強要」になり、「嘘の自白」となって冤罪を生み出します。 

この冤罪を防ぐには取り調べの全過程を録音・録画して可視化する以外にありません。 

私は、正しく社会正義を行おうとして警察官になった人たちも、強引な調べをしたいと思っていないと考えます。「徹底して自白させろ」と教育される取調官の人権を守るためにも、 可視化は必要不可欠だと考えます。 

検察官の証拠独占も冤罪の原因です。 

私の布川事件はじめ、多くの冤罪裁判で、検察官は無実の証拠を隠し続けています。 
なぜ税金で集めた証拠が検察官の独占物なのか
私には納得できません。 

私が29年も刑務所に入れられ、再審で無罪判決を得るまで、44年も掛かったのは、検察官の証拠隠しが原因です。 

冤罪を無くすために、皆さんの賛同をお願いします。

布川事件冤罪被害者 桜井昌司

 

関連サイト

ざ・布川事件

http://www.fureai.or.jp/~takuo/fukawajiken/

 Fukawa Incident (Japan Innocence and death penalty Research Center)

http://www.jiadep.org/Fukawa.html

再審えん罪事件全国連絡会

http://enzai.9ch.cx/

なくせ冤罪市民評議会(SNOW)

http://www.snow.jca.apc.org

国連拷問禁止委員会、日本政府報告に総括所見(日本弁護士連合会会長声明)

http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2013/130604.html

 

English petition can be found HERE

To:
法務大臣
衆議院法務委員会
参議院法務委員会
取調べの全過程を録音・録画して欲しいのと同時に、弁護人と裁判員にも、検察官が見るのと同じ証拠を見られるように、「証拠開示法」を実現してください。

Sincerely,
[Your name]

Recent signatures

    News

    1. Reached 4,000 signatures
    2. 2013年9月9日署名キャンペーン開始!! 目標は3万人署名!!

      桜井 昌司 Shoji Sakurai
      Petition Organizer

       2013年9月9日、署名サイト立ち上げの日、桜井昌司さんは日本外国特派員協会で記者会見し、Change.orgで署名キャンペーンをすることにした理由を語りました。
       再審で完全無罪となった後も、検察が、桜井さんが「やった」ことに間違いがないと地元の記者や法制審の委員に発言し、反省することを拒否していることに、失望や怒りを感じている。国連の人権委員会の政府報告審査に2度にわたりNGOとして参加し発言して、外国の人権感覚を目の当たりにし、日本の中だけでなく海外に訴えていくことが日本の人権状況を改善するために必要であると感じた。
       また、記者からは、虚偽の自白調書が作られたことについて、取り調べの「議事録」はないのかとの質問がありました。桜井さんは、議事録はないが、警察の捜査報告書というものがあると述べ、さらに、最初に虚偽の自白に追い込まれたときの警察の捜査報告書の一部が差し替えられていることをそのコピーを示して説明しました。それは違法行為であると思うが罰する規定はないのかとの質問もありました。
       検察・警察のこのような行為がなぜ許されるのかについて、桜井さんは検察が法務省を通して裁判所より上に立つシステムになっているからと応えました。大崎事件や袴田事件では、裁判所の証拠開示の勧告に対し、検察は「本件勧告の法令上の根拠を明らかにされたい」と抵抗の姿勢を見せています。

    3. Reached 2,500 signatures

    Supporters

    Reasons for signing

      • 3 days ago

      全証拠開示と取り調べの全面可視化実現は喫緊の課題。21世紀の今日、えん罪温床は日本の恥。最大の問題は、何時までに実現できるかでなく、直ちに実現させる意思があるかどうかである。

      REPORT THIS COMMENT:
    • 前田 真柄 SHOREVIEW, MN, MN
      • 23 days ago

      やましいことがないなら完全可視かにして何の問題もないはず。過去の過ちをこれ以上繰り返すな!

      REPORT THIS COMMENT:
    • 村上 H 日本, THAILAND
      • 25 days ago

      今の捜査機関、醜すぎます。可視化絶対すべき、人権無視許せません。今年から、アジアの国と日本を数か月おきに行き来していますが、どちらの国でも違法なおとり捜査を受けています。計700日、毎日、捜査員毎日100名くらいいれて、やっていること、万引きと盗撮の捜査。(何で万引きとかの捜査で何億円も使えるのか解らないが)、ノンキャリの警官は26万人位いるそうですね。数で徹底的に圧力かけをします、ヘリで毎日圧力をかけてきます。塀の中も外もとにかく心を折って、うそでも自白させるやり方ですね。何で私なのか解りませんが、だれの身にも降りかかることだと最近思い始めました。鹿児島でおきた選挙違反の冤罪、捜査機関の上の方が部下に ’捜査を始めたからには、とにかく捕まえないと’言ったらしいですね。これがすべての本質と思います。それでは全体の30%くらい冤罪で捕まえることになると思いますが。私の場合もこのまま冤罪を作成されて拘留されてはこまりますからね。おとり捜査や海外の警察を動かすみたいな違法捜査許せません。

      REPORT THIS COMMENT:
      • about 1 month ago

      当然すべき。取調室で不審死が

      いまだに相当数、存在している

      のが異常すぎる。‎小林多喜二や

      牧口常三郎が泣くぞ!!

      REPORT THIS COMMENT:
      • about 1 month ago

      人権守るべしっ

      REPORT THIS COMMENT:

    Develop your own tools to win.

    Use the Change.org API to develop your own organizing tools. Find out how to get started.