東京都知事へ:殺処分「ゼロ」を公約に!
  • Petitioning 東京都知事

This petition will be delivered to:

東京都知事

東京都知事へ:殺処分「ゼロ」を公約に!

    1. ハリス鈴木 清子
    2. Petition by

      ハリス鈴木 清子

      世田谷区三宿, Japan

多くの犬猫が殺処分されている現況を東京都が率先して改善する必要があります。新たに都知事となる方には、この課題にぜひ取り組んで頂きたいのです。東京を、殺処分「ゼロ」を達成する日本で最初の都市にしてください!

 

*****


20万匹の犬猫が、毎年動物愛護センターで殺処分されています。そのうち、30%が普通のペットとして飼われていた子達で、飼い主によりセンターに持ち込まれています。そして、その子達はほとんど次の飼い手を探す努力をされないまま、数日以内に処分されてしまうのです

殺処分は全国で行われていますが、一部の地域では改善されています。多くの方々の努力により、都内の動物愛護センターでは、殺処分率は既に20%まで減少しているそうです

そしてこの夏、殺処分問題解決への糸口となる「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され「都道府県知事が各愛護センターの職員達に殺処分がなくなるよう目指すよう指導する」と規定されました。

新しい都知事は、殺処分問題に取り組む義務があるのです

そして殺処分「ゼロ」は決して夢ではありません

私は最近片野ゆかさんが書いた『ゼロ!』という本を読み、熊本の動物愛護センターでは、職員の方達の努力により、センター内の殺処分率をほぼ 「ゼロ」にした事を知りました。職員の方達の気持ちが手に取るように伝わってきて、本当に心から感動いたしました。

東京も「ゼロ」を実現すれば、日本全国の動物愛護センターが、後に続くことになるでしょう。

投票日まで、わずか数週間しか時間が残されていません皆様の賛同の声を、都知事選候補者の方達に届けます。殺処分問題に取り組む重要性を働きかけましょう

ぜひご賛同よろしくお願いいたします。

ハリス鈴木清子

【参考】

動物の愛護及び管理に関する法律:http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/laws/nt_h240905_79_3.pdf

犬及び猫の引取り並びに負傷動物等の収容及び処分の状況:http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/statistics/files/h21_dog-cat.pdf

 

Recent signatures

    News

    1. 超党派による殺処分ゼロを目指す連盟が立ち上がります。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟
      (略称はっぴぃ0(ゼロ)議連)設立準備会に
      ご参加ください!

      日時: 8月28日(木) 14:30~15:30

      場所: 参議院議員会館 講堂  [参加費は無料です]

      内容: 環境省「人と動物が幸せに暮らす社会の
                実現プロジェクト」のご説明
          呼びかけ人国会議員からのご挨拶
          文化人・著名人の皆さんのご発言 ほか
               
      このたび、国会の超党派議員による「犬猫の殺処分ゼロを
      めざす動物愛護議員連盟」(仮称、略称はっぴぃ0(ゼロ)議連)
      を設立する運びとなりました。
      私たち人間の暮らしを豊にし、寄り添い、家族と同様にか
      けがえのない存在であるワンちゃん・ニャンちゃんをはじめ
      とするペットたち。
      しかし残念ながら無責任な飼い主による飼育放棄など、動
      物愛護センターや保健所に引き取られる数は年間16万頭に
      ものぼり、その8割がやむを得ず殺処分されているのが現状
      です。人と同じく動物の命を大切に、やさしさにあふれ、人間
      と共生することができるよう殺処分を出来る限り減らしてい
      くことを議員連盟の目的とします。
      当日は、議員連盟に参加する議員、この犬猫殺処分ゼロをめ
      ざすために積極的に活動されている文化人の皆さんもご参加
      されますので、関心のある市民の皆さん方々にご参加ください
      ますようお願いいたします。

      <呼びかけ人>
      尾辻秀久(自民党) 鴨下一郎(自民党) 岩屋 毅(自民党)
      牧原秀樹(自民党)中川俊直(自民党) 遠山清彦(公明党)
      福山哲郎(民主党) 小宮山泰子(生活の党)
      松野頼久(維新の会) 山田太郎(みんなの党) 
      福島みずほ(社民党)

      ■お問い合せ
      中川俊直事務所  ℡:03-3508-7295 
      福島みずほ事務所 ℡:03-6550-1111

      <場所のご案内>
      ◆最寄り駅>
       永田町駅(地下鉄 有楽町線・半蔵門線・南北線) 
         出口1より徒歩約3分
       国会議事堂前駅(地下鉄 丸ノ内線・千代田線) 
         出口1より徒歩約6分

      *当日は14時頃から、参議院議員会館ロビーにて通行証を配布いたします。

    2. Reached 17,500 signatures
    3. 7月10日 都庁へ署名提出いたしました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      7月10日木曜日に賛同者の方達と都庁に参りました。
      皆様からの署名17、000筆とお言葉はしっかり提出いたしましたことをご報告いたします。

      福祉保険局健康安全部環境衛生事業推進担当課長 澁谷様、動物管理係長 永渕様、 動物管理係 藤澤様と45分お話する機会を得ました。

      環境省がゼロにするよう最大限の努力をすると公言した事。
      キャンペーン立ち上げ当時からするとチェンジ上だけでもこの問題関連で全国から新たなキャンペーンが続々と立ち上がっていること。自信をもって意味のある活動であると信じますし、これからも良い事は良いという表明を続けていけたらと考えます。

      また平日であるにも関わらずお仕事を半休され同行していただいた皆様には
      本当に感謝しかありません。一人で始めたキャンペーンだけど一人ではない賛同者の皆様のパワーを感じて1年半頑張れた気がします。
      本当にありがとうございました。

      要望内容 (職員の方からのお答えは@)
      ■熊本方式を都の職員の方たちに広める。単行本を3冊差し上げました。
      ■動物愛護センターを土日も開け広く都民に活動を知らせる。
              @昔にそうしていたことがあるが、だんだん人が来
              なくなりやめることとなり現在にいたる。
      ■ペットが欲しい方は、お店からでなく譲渡会からという知識を都民に広める。      @広報活動をもっとしていきたい。
      ■現行の殺処分場である城南島のコンセプトを根本から見直し(ドイツの)ティアハイムに近い組織として運営する。
              @現在殺処分されているのは、譲渡不可能の犬及び
              生まれたばかりの子猫たちであり、殺処分の場は
              必要であると考える。
      城南島で殺処分寸前の犬を引き取り現在元気にしている子の写真を見ていただき、正しい判断がされているのか問いました。
              @今はそういうことはない
      ■NPOを増やすのであれば、現在城南島に送られるような老犬を最後まで見とれる団体・ひどい怪我を負っているような子たちでも譲渡対象になるように面倒を見て下さる団体を増やしていただきたい。
              @今後の課題として。
      ■現在の譲渡条件のハードルを下げ、広くお年寄りやシングルの方達にも譲渡し、その子達が戻って来た場合の体制(次の飼い主を探す事)をつくり、柔軟に対応できるようにする。
              @取り組んでいる。
      ■成犬譲渡者にはトライアルのチャンスを含め愛護センター職員が全面サポートできる体制作りをする。
      ■残念なことに都民の多くが自分のペットを近県に放棄しているということを踏まえ、近県の保護犬・猫も含めての譲渡会を都の愛護センター、都内の公園、都庁などで 都主導で頻繁に開く。
              @都からは譲渡できる犬の数がそれほどいない。
      ■犬税の導入(保護犬は免除)
      ■8週齢の実質上の早期導入 
      ■prison dog program等の導入
      ■ブリーダー、生体小売業への規制 (オランダの例を学ぶ)
      ■猫へのTNRの推進と地域猫の具体的な知識を広める。
              @地域レベルでの活動に頼っているのが現状。
      上手にされている地域の活動をもっと宣伝して欲しいと要望しました。
       
      「現在の殺処分率は2桁になっている、ただ広報活動がイマイチ弱い」
      現在の動物愛護センターの建物を建て替える時にコンセプトを変えて欲しいと要望したところ、「現在の建物は耐震されており(暗いけども)次に建て替えるころには、愛護センター自体が必要ないのでは」
      「2020年のオリンピックを意識する事はなく現在も早期実現に向かって日々できる事をやっている」とのお返事でした。

    4. 東京都宛「殺処分ゼロ」の署名提出に参ります。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      賛同者の皆様

      東京都庁の福祉保健局健康安全部環境保健衛生課へ署名提出に参ります。10日木曜日10:30から30分になります。

      ご参加希望の方がいらっしゃいましたら、当日都庁1階のロビーで
      10:00に集合の予定です。

      いらっしゃれる方は、8日火曜日の正午までに下記の私の個人のメールへお知らせください。
      当日は現在16700になります署名と皆様の熱い思いを届けると同時に現場の方達への要望と激励を送りたいと思っています。
      どうぞ宜しくお願いいたします。

      ハリス鈴木清子
      paa800@gmail.com

    5. 6月5日 牧原環境大臣政務官と面談しました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      牧原環境大臣政務官に福島みずほ氏と林太郎弁護士と面談しました。
      前後して環境省からのゼロにするためのプランの詳細が発表されたので、取り組んでくださることへのお礼と、私からはアクションプランに明記されていなかった8週齢の実質上の早期導入を推進していただけるようお願いいたしました。
      国からの後押しを受け本格的に東京都への働きかけに移ります。

      政務官には大臣へのお手紙と片野ゆかさんの「ゼロ」と太田匡彦氏の「犬を殺すのは誰か」を差し上げました。

      https://www.flickr.com/photos/124478599@N06/14179009007/

    6. 5月27日福島みずほ氏事務所で対談しました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      福島みずほ社民党副党首と林太郎弁護士と殺処分に関してお話しする機会を得ました。この中で石原伸晃環境大臣が「しっかりと教育活動を活発化して、これを一日でもゼロに近づくべく努力をしていくということに環境省挙げてとりくませていただきたいと考えております」と3月の参議院の予算委員会の中で発言されたことを知りました。

      詳しい対談内容はこちら
      https://www.youtube.com/watch?v=0f5uzV65lm0&list=UU7lQvEVpMkDDJRPllASALFQ

      2014年5月27日 「犬猫殺処分ゼロを目指して」

      (2014年5月27日)犬猫殺処分ゼロを目指して活動されているハリス鈴木清子さんと弁護士の林太郎さんと対談しました。 ブログ「福島みずほのどきどき日記」での、これに関する記事は以下の通りです。 犬・猫殺処分ゼロを目指して(予算委員会での質問) http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-2507.html ...

    7. 都知事への手紙 (後半)

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      以下私たちの考える推進案です。  
      *熊本方式を都の職員の方たちに徹底する。
      *動物愛護センターを土日も開け広く都民に活動を知らせる。
      *現行の殺処分所である城南島のコンセプトを根本から見直し(ドイツの)ティアハイムに近い組織として運営する。
      *NPOを増やすのであれば、現在城南島に送られるような子達を最後まで見とれる団体を増やす。
      *個人の方が愛護センターから直接譲渡を求めた場合のサポートを完璧にする。
      *ペットが欲しい方は、お店からでなく譲渡会からという知識を都民に広める。
      *現在の譲渡条件のハードルを下げ、広くお年寄りやシングルの方達にも譲渡し、その子達が戻って来た場合の体制(次の飼い主を探す事)をつくり、柔軟に対応できるようにする。
      *成犬譲渡者にはトライアルのチャンスを含め愛護センター職員が全面サポートする。
      *残念なことに都民の多くが自分のペットを近県に放棄しているということを踏まえ、近県の保護犬・猫も含めての譲渡会を都の愛護センター内もしくは、都内の公園、(神奈川県を見習い)都庁などで都主導で頻繁に開く。
      *犬税の導入(保護犬は免除)
      *8週齢の実質上の早期導入
      *prison dog programの導入
      *ブリーダー、生体小売業への規制 (オランダの例を学ぶ)
      *猫へのTNRの推進と地域猫の具体的な知識を広める。 
               
      2020年のオリンピックの年には、東京はすでに殺処分ゼロに達していて海外からのお客様達にも 動物愛護に関してドイツ、イギリスと並ぶ先進都市
      東京を誇れるようになっているよう実現に向けて、都知事からの強いリーダーシップを求めます。

      東京都世田谷区 ハリス鈴木清子

    8. 都知事への手紙 (前半)

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      舛添要一 都知事殿

      私は都民の一人ですが、方野ゆかさん著の"ゼロ“に深く感銘し熊本の愛護センターで成し得たのならどこでも達成できるという思いから殺処分ゼロのキャンペーンを始めました。現在この思いに賛同してくださる方達は16、000人を超えています。http://www.change.org/zeroshobun

      動物愛護法が改正され、
      「各都道府県知事が各愛護センターの職員たちに殺処分がなくなるよう目指す」とされました。
      これを受け地方の自治体の一部では“熊本方式”の導入を各県知事推進のもとで積極的に取り組もうとしています。そういう中で、滋賀県では動物管理センターの収容数が過去最少となり網走保健所では猫の殺処分ゼロを達成、国立市でも犬猫殺処分ゼロを実現、神奈川県の2箇所の動物センターでは犬の殺処分ゼロを達成し神奈川県知事主導で県庁での譲渡会の開催が 表明されています。また牧原環境省大臣政務官のもとでは“牧原プラン”が動き始め、たくさんの著名人の賛同の下 “Tokyo ZERO”のキャンペーンも立ち上がりました。

      この全国的な動きの中で東京都が遅れをとることは恥ずかしいことです。

      東京都が率先してこのプロジェクトで “ゼロ”に達していただくよう、都知事からの各関連都職員の方達への強い働きかけをお願いするところです。

      以下私たちの考える推進案です。**************  (後半に続く)

      東京都知事へ:殺処分「ゼロ」を公約に!

      多くの犬猫が殺処分されている現況を東京都が率先して改善する必要があります。新たに都知事となる方には、この課題にぜひ取り組んで頂きたいのです。東京を、殺処分「ゼロ」を達成する日本で最初の都市にしてください! *****...

    9. Reached 15,000 signatures
    10. ヤフー!みんなの政治

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      Yahooのキャンペーンイヴェントに出席することになりました。2月3日月曜日19:30から21:00だそうです。
      http://seiji.yahoo.co.jp/change/tokyo2014/

      change.org Yahoo!みんなの政治

      change.org Yahoo!みんなの政治は、課題解決のためのキャンペーン提案・賛同ができる仕組みです。

    11. Reached 12,500 signatures
    12. 2014年都議選に向け再出発します!

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      昨年1月31日、都庁に皆様の署名・ご意見を届けさせていただいた件はご報告済みですが、その際お時間を割いて同席していただいた方たちとはその後も会う機会をいただき、それぞれの思いを秘め“殺処分ゼロ”を目指し個々に活動されていることをご報告いたします。
      その後の都議選で都議となり、議会の中からの改革を進めていらっしゃる強い味方も得ています。

      ただ都民として残念なことは東京都の職員の方たちは官僚的で固く、この問題に関しては先進都市と言えるには程遠い状態であるのが現実です。やはり知事からの強い推進の態度が必須と考えています。

      その意味で今回の都知事選は新たな可能性として、民意を大切にしてくださる知事をと期待しています。また候補者の方たちに問題提起する好機ととらえ、新たな気持ちで私たちの気持ちを届けるために再度がんばることにいたしました。
      ぜひまた皆様のお力添えで数多くの方たちにシェアーしていただけるよう心からお願いいたします。
      ハリス鈴木清子

      http://www.change.org/zeroshobun

      都知事選候補者の方々:
      細川護煕先生 舛添要一先生 宇都宮健児先生
      田母神俊雄様 吉田重信様 中川智晴様
      ドクター・中松様 山口節生様 五十嵐政一様

      東京都知事選の立候補者へ:殺処分「ゼロ」を公約に!

      多くの犬猫が殺処分されている現況を東京都が率先して改善する必要があります。新たに都知事となる方には、この課題にぜひ取り組んで頂きたいのです。東京を、殺処分「ゼロ」を達成する日本で最初の都市にしてください! *****...

    13. Reached 4,000 signatures
    14. 笹川たかし先生からお返事をいただきました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      お手紙、拝見いたしました。
      私は、3年前の衆議院選挙の際に2匹の捨て犬を自宅に
      引き取りました。
      現在、2匹とも元気に遊んで暮らしております。
      名前は太郎と次郎です。
      殺処分はやりません。
                     笹川たかし

    15. Reached 3,000 signatures
    16. 松沢しげふみ先生からお返事をいただきました!

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      回答が大変遅くなりまして失礼いたしました。

      一般的に公にしている公約については、既に発表を済ませ骨格が固まっておりますので
      追加で発表することは難しい状況ですが、殺処分ゼロの趣旨には大いに賛同しております。

      私も犬を飼っており、家族の一員としてかわいがっております。
      身勝手な飼い主によってペットが殺処分になっている現状を非常に憂慮しています。
      殺処分がゼロを実現できるよう就任後にはしっかりと取り組みたいと考えております。

      松沢しげふみ事務所

    17. 今週日曜日9日夜8:00に、ニコ生でキャンペーンの紹介があります!   

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      ぜひ見てください!

      ニコ生トークセッション
      http://live.nicovideo.jp/watch/lv117697866

      ニコ生トークセッション 選挙はオワコン?! 社会を変えるサイト「Change.org」とは?

      米誌「タイム」の「世界で最も影響力のある100人」に選出、「ニューヨーク・タイムズ

    18. 那覇で殺処分のキャンペーンが始まりました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      このキャンペーンがきっかけで、那覇で市議会に対して犬猫殺処分施設をつくることがないようもとめるキャンペーンが始まっています。ぜひこちらも応援してあげてください!  
          http://www.change.org/onesdog

      全国で各県知事や市議会宛に殺処分ゼロのキャンペーンが始まる事を願っています。

      那覇市に犬猫殺処分施設をつくることがないよう求める署名!

      平成25年に中核市となる那覇市の犬猫の収容施設に収容された犬猫たちは、熊本市に習い全頭「譲渡処分」する方針を打ち出して頂きたく、そして、今後「殺処分施設」が併設されることのないよう、私たちは、請願するに至りました。

    19. 宇都宮けんじ先生からお返事をいただきました。

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      <ペット殺処分アンケート>
      動物愛護の精神からも法の趣旨からも、殺処分をすべきではないというご意見に賛成です。ご指摘のように、熊本市の動物愛護センターの取り組みは貴重な参考になります。基本は、保護したペットは殺さず、希望者に引き取ってもらうことですが、その際、ペットの虐待や再放置に至らないよう、厳しい条件づけと誓約が必要とされています。東京でこの方式を実施する場合は、規模の問題や引き取り手の居住環境などの解決が重要な課題となるでしょう。殺処分をしない東京独自の動物愛護センターをどのように実現するか、ぜひご意見、ご提案をいただけたら幸いです。                   宇都宮けんじ

    20. キャンペーン立ち上げから2週間、2700を超えました!

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      このキャンペーンを知っていただくために全国100カ所以上の動物愛護団体・ボランティアグループの方達にお知らせいたしました。加えて今回法改正に携わった参議院議員の方達にもお知らせいたしました。

    21. ご賛同ありがとうございます。もうすぐ2600人です!

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      本日候補者の方たちへ書留でメールの内容をお送りしました。
      ----------

      oooooo様

      新たに都知事となる方に、ペットの殺処分課題に取り組んで頂きたく、ご連絡いたしました。
      ぜひ 殺処分「ゼロ」を公約してください。
      この夏、「動物の愛護及び管理に関する法律」が改正され「都道府県知事が各愛護センターの職員達に殺処分がなくなるよう目指すよう指導する」と規定されました。
        『新しい都知事は、殺処分問題に取り組む義務があります』

      7日間で2580人の方達がこの同じ思いに賛同してくださいました。

           http:// _______ (リアルタイムで署名をご覧になれます)

      20万匹の犬猫が、毎年動物愛護センターで殺処分されています。そのうち、30%が普通のペットとして飼われていた子達で、飼い主によりセンターに持ち込まれています。そして、その子達はほとんど次の飼い手を探す努力をされないまま、数日以内に処分されてしまうのです。

      殺処分は全国で行われていますが、一部の地域では改善されています。多くの方々の努力により、都内の動物愛護センターでは、殺処分率は既に20%まで減少しているそうです。
      殺処分「ゼロ」は決して夢ではありません。実際、熊本の動物愛護センターでは、職員の方達の努力により、センター内の殺処分率が、ほぼ「ゼロ」になりました。

      東京も「ゼロ」を実現すれば、日本全国の動物愛護センターが、後に続くことになるでしょう。
      東京を、殺処分「ゼロ」を達成する日本で最初の都市にしてくださるよう請願いたします。

      お返事は下記メールアドレスへお送りくださるようお願いいたします。各賛同者の方達に即伝達いたしますことをお約束いたします。迅速なご対応をお待ちしています。

      ハリス鈴木清子

      東京都世田谷区三宿 ooooooo
      メールアドレス
      追伸:この内容はメールで送らせていただいています。
      速報:吉田重信氏からはすでに公約に入れるとのお返事をいただいていますのでお知らせいたします。

    22. Reached 2,500 signatures
    23. 吉田重信様から早速お返事をいただきました!

      ハリス鈴木 清子
      Petition Organizer

      昨晩候補者の方達全員にキャンペーンの内容を通知、公約のお願いを致しました。
      今朝、吉田重信様からお返事をいただき公約に加えていただくことを約束してくださいました。  http://www.china-watcher.com/japan/jpn005.html
      IIの3の「弱者救済」の項に「動物愛護を徹底する」と新たに入れてくださるとのことです。

    Supporters

    Reasons for signing

    • Tsuji Yoshitaka OSAKA-SHI, JAPAN
      • 18 days ago

      オリンピック開催に向け動物愛護の東京を是非アピールして下さい。

      REPORT THIS COMMENT:
      • 22 days ago

      ますぞえさんお願いします。

      REPORT THIS COMMENT:
      • about 1 month ago

      殺処ゼロに!

      REPORT THIS COMMENT:
      • about 1 month ago

      うちにも保護犬の子がいます。できれば全部の子を引き取りたい…と自分の無力さを感じてしまいます。でも同じ気持ちの人がたくさん集まれば可能性もそれだけ広がりますね。何か自分にもできることがしたい!

      REPORT THIS COMMENT:
      • about 1 month ago

      動物の命も人間の命と同様に尊い命です。どうぞ、目の前の惨劇に目を向けてください。人のエゴや金欲の為に増やされつづけた結果がコレですか?

      犬や猫達になんと謝れば気が済むのでしょう…。犬や猫の命を粗末にする人こそシェルター行きにしなければいけないです!!!

      人以上に居住する力を持てない弱物を粗末にし人は、日本人は鬼畜です!

      REPORT THIS COMMENT:

    Develop your own tools to win.

    Use the Change.org API to develop your own organizing tools. Find out how to get started.